宮古島には東平安名崎や佐和田の浜をはじめ、江戸時代の大津波の傷あとが多々あります。

その中でも群を抜いて強烈なのが、下地島にある「帯岩」です

 

初めてみたとき「これが津波で打ち上げられるの?!」と衝撃を受けたほどの大きさです。

ではそんな帯岩についてご紹介していきます!

下地島にある「帯岩」ってどんな巨岩?

下地島にある帯岩(津波岩)

帯岩は高さ12.5m、周囲約60mで総重量数十トンにもなる巨岩なのですが、1771年に八重山地方を襲った明和の大津波によって陸に打ちあがった「津波石」

 

ちなみに、宮古島やその周辺離島だけでなく、日本でみても最大級の大きさを誇る津波石として知られています。

帯岩級の巨岩が運ばれるほどの津波の被害は甚大だった

下地島にある帯岩の説明

この帯岩を運んだ津波は、もともと八重山地震(宮古島から100kmほど離れた石垣島あたり)を震源地とする地震によってもたらされました。

その津波は「明和の大津波」と呼ばれ、なんと1万人近い犠牲者を出す甚大な被害をもたらしたそうです...

帯岩の近くの海

帯岩の裏にある海。

こんなに綺麗な海から、帯岩級の津波岩が打ち上がることを考えたら恐怖でゾッとします

宮古島には津波岩がある場所が多々ある!

帯岩級の巨岩は他にはないですが、東平安名崎や、佐和田の浜にも津波によって運ばれてきた岩が海にゴロゴロ転がっています。

 

▼佐和田の浜

佐和田の浜

こう見ると、絶景ですが、津波の傷跡と知ると、なんとも言えない気持ちになります。

まとめ:帯岩で津波のすごさを感じよう

以上、帯岩のご紹介でした!

かなり大きな岩があるだけと言ってしまえば、そうなのですが、津波のすごさを体感できる数少ない場所なので、ぜひ訪れてみてください