こんにちは。いきなりですが2018年7月10日現在、宮古島に猛烈な台風第8号が迫っています!

今回の台風8号は2003年に宮古島を襲った台風14号の最大瞬間風速74.1mを超える可能性があり、歴代の台風を見てもトップ10にランクインするほどらしく、そんな大型台風を経験する備忘録として記事にしています。



宮古島(沖縄)にせまる台風第8号マリアが猛烈すぎる!

台風第8号マリアのやばさ【ガソリンスタンドの屋根も飛ぶかも?】

台風第8号は以下のような状態です。

中心の気圧は920hPa(ヘクトパスカル)で中心付近の最大風速は55m、最大瞬間風速は75m

これだけではイメージがつきづらいとつきづらいので、参考事例を見てみます

風速30m/s:雨戸や屋根が飛んだり、電柱が倒れることも(最大風速が32.7m/sを超えると強い台風と言われます)

風速50m/s:木造家屋が倒れて樹木は根こそぎになる(最大風速が54.1m/sを超えると猛烈な台風と言われます)

風速60m/s:鉄塔が曲がることも

風速70m/s:ガソリンスタンドの屋根が崩壊する

※参考:https://naru-hodo.com/archives/2723.html

風速70mは時速換算するとなんと252km/hです。新幹線並ということなのですが...ガソリンスタンドが紙細工のように崩壊するほどの風速、だそうです。

歴代の台風強いランキングを見てもマリアは上位に食い込む可能性あり

ランキング 名称 中心気圧 発生した年
1位 沖永良部台風 907.3hPa 1977(昭和52)年
2位 宮古島台風 908.1hPa 1959(昭和34)年
3位 室戸台風 911.6hPa 934(昭和9)年
4位 平成15年台風14号 912.0hPa 2003(平成15)年
5位 枕崎台風 916.3hPa 1945(昭和20)年
6位 第2室戸台風 918.0hPa 1961(昭和36)年
7位 昭和5年台風 922.0hPa 1930(昭和5)年

※参考:http://iroiro-kininaru.com/archives/2595.html

今回の台風第8号は気象庁の予報だと【中心気圧:920hPa】なので、なんと歴代トップ10に入ってしまうレベルです。

宮古島(沖縄)を襲う台風第8号マリアに備えての準備

では、この台風に備えての準備です。

  • 食料
  • ガソリン
  • 充電(バッテリー)
  • ろうそく

特にこの5つが大切だそうです。

今回の猛烈な台風だと停電・断水は可能性として大きく、さらに台風の間に船での物資が届かないため町から食料が消えるそうです

また、シャワー代わりになる水も必要です。

台風8号マリア

台風8号マリア

実際にドン・キホーテ宮古島店に行ってみたのですが、台風直撃の3日前に関わらず水・カップラーメンが消えていました

お店の方も「もう後ろにもカップラーメンはないんですよ〜(苦笑)」と言うほど。

あとスマートフォンなどのバッテリー類もありません。

まだ準備していない場合は早急に準備しましょう。

雨戸がなかったり、窓に柵がない場合はテープなどで補強したりも必要です。

さいごに:宮古島での台風第8号の様子を随時更新します

随時、宮古島での台風第8号の状況等を更新していきます

コメントを残す