2年でたったの4500円!ドローン初心者が入るべき保険はコチラ

SPONSORED LINK







こんにちは!
ドローン空撮メディア【Dronehack】運営者のタクマです^^

ドローン初心者にとって怖いのは墜落だけでなく、誤操作によって誰かを怪我させてしまうかもしれない、という心配もあるかと思います。




ビクビクしながらドローン空撮をするのは嫌だ!と悩みのタネになりがちです。
そこでドローンの保険は何が最適か調べてみましたので詳しく、かつわかりやすくお伝えしていきます。※ドローン初心者向け、つまり個人利用者向けの記事です

ドローンには2種類の保険があります

ドローンの保険は大きく分けて2種類あります。

機体保険(動産総合保険)

機体保険は、自動車で言うところの車両保険にあたります。ドローンを墜落させてしまった時、壊してしまった時に補償してくれる保険です。

賠償保険(賠償責任保険)

続いて、賠償保険は、自動車で言うところの対人対物保険にあたります。ドローンを墜落させてしまい、人や人の所有物や公共のものを破損させてしまった時に補償してくれる保険です。

個人にオススメのドローン保険

まず、DJIのPhantom3・4を持ってる方は入るべき保険が決まっていますので以下の記事を読み進めてください。

関連記事:[作成中] Phantom3•4を持ってる人が入るべき保険は一択です。

損害保険会社からドローン保険は登場していますが、実はほとんど法人(業務)向けの保険ばかりです。

ドローン初心者〜中級者(個人利用)の場合、PhantomなどDJI製品なら1年間の無料保証に加入できますが、それ以外のドローンを持っているとどうすればいいのか悩むと思います。

そんな方にオススメなのが、日本ラジコン電波安全協会のラジコン保険です。

ラジコン保険って?

加入条件が個人利用のみなので、そちらもシンプルでわかりやすいかと思います。
(参考:http://www.rck.or.jp/contents/rc_sojyu/rc_sojyu09.html)

支払い保険料4500円税込(2年間)で付帯する保険内容は

保険金額(お支払い限度額)
1事故につき1億円限度

自己負担額(免責金額)
1事故につき5万円

引受保険会社
AIU保険会社

となっています。

自己負担額が5万円と高いですが保険金額が1億円なのは安心感がありますね。

ちなみに、少しわかりづらい点があるのですが、このラジコン保険はラジコン操縦士登録することで加入できる保険です。

あとがき

保険加入は億劫に感じるかもしれませんがドローン空撮する場合には加入必須ですね!

ちなみに火災保険や医療保険に付帯している「個人賠償責任保険」等は、ドローン(無人飛行機)は対象外になる可能性があるので保険会社に事前に聞いておくのがベターです。

 

趣味でドローン空撮する場合はラジコン保険おすすめです。

くどいですが…しっかり保険加入はしておきましょう!
何かあってからでは遅いので。

タクマ
わからないことがある場合はお問い合わせください!

関連記事:[作成中] 日本でも起きてます。ドローンが墜落して「12針縫う事故」が発生

関連記事:[作成中] 日本にあるドローン保険をまとめてみた

 







ABOUTこの記事をかいた人

コミュ障から1年で社内MVP(月収100万円超)達成するも自由に魅力を感じて自ら会社を辞めて無収入に転落。ドローン空撮好きだけど実は高所恐怖症。現在はドローンを飛ばしながらブログで記事書いてネットに飛ばしてます。