【タイでの入院体験記】海外に行く際に気をつけてほしい2つのこと

2年ぶりの海外ということで超ウキウキしてた僕が到着2日後に病院のベッドの上にいました。

そうです、僕はタイで食あたりが原因で入院しました。

タイで緊急入院

「自分は大丈夫」は全然大丈夫じゃなかった

ぐっちー
よっしゃー!3週間遊びまくろ!!

タイに到着した僕は超ワクワクしていましたが、2日後には病院のベッドにいて、6日後には日本にいました(笑)

僕と同じようにならない為の対策と、なってしまっても大丈夫と思えるような対策をお伝えします。

タイの食べ物には気をつけろ

ベタですが、僕が入院することになったのは「食べ物」でした。

タイはバンコクの屋台でのラーメンです(鮮明に覚えてるのは、食べる前からヤバそうと思ったのと、食べた直後から腹通が始まったからです)

今までインドに1ヶ月行ったり、他にも何カ国も行っていて、自分は大丈夫と思ってましたが全然大丈夫じゃありませんでした(笑)

⇒関連記事:インドのガンジス川でバタフライしたら病気して死にそうになった話

なんか調子悪いな、レベルではなく、リアルに動けない状態になり、ホテルスタッフに相談して病院に行くことにしました。

ちなみにその時の僕の病状はと言うと

  • 40度以上の高熱
  • 5分に1回下痢と嘔吐(たまに血も出た)

まあ、とにかく超絶きつかったです。しかも異国の地でそうなってるのが不安でしかたなかったです。

一発入院!原因は細菌性胃腸炎

というわけで、なんとか到着した病院はサミティベートという病院で、日本レベルの規模で超絶綺麗でした!

日本人専用(もしかしたら外国人専用)の診断室があり、すぐに診断された結果、入院に。

タイでの入院費がまさかの15万円超え

「このまま入院です。入院に際して、前金を払っていただきたいのですが50,000バーツありますか?」

日本円にして15万円です。持ってるわけがない。50,000バーツあれば1ヶ月程タイで優雅に暮らせるところを考えると「どんなけ治療費高いの?」と心の中でツッコミをいれてました。

海外保険付帯クレカで入院費がタダに!

15万円と言われたわけですが、ぼくは無料で入院できました。そのわけは海外保険付帯のクレジットカードです。

⇒参考:海外旅行保険が付帯しているクレジットカードおすすめ3選

治療のクオリティは最高でした。日本語が話せるスタッフが1人おり、さらに対応してくれたのが英語が話せる看護師(街の人は英語通じない)でした。

そして何より部屋がすごいw

さすがは15万円払っただけあります(クレジットカード会社が)

個室、部屋にトイレとシャワーがあり、泊まっていたホテルよりも清潔で広かったですw

タイに行く時は、これに気をつけてください

屋台の食べ物はできる限り避ける

せっかく来た旅行なのに、体調を崩していては本末転倒です。
(僕はタイが嫌になって3週間滞在予定だったのにも関わらず、取ってた帰りの飛行機のチケットを捨ててすぐ帰国しました)

食べ物はその国に慣れるまで火の通ったものを食べることをオススメします。あとは果物や海鮮系は危ないみたいなので最初は避けた方がいいです。

海鮮類で言うと、こんな感じなのです。絶対あぶない。

海外保険には必ず入る

そして、保険には必ず入っておきましょう。ぼくはかなり辛かったですが、治療費15万円払え、と言われたら正直悩んでいたと思います。

何かあった時では遅いので、事前に対策を打ってみてください。ぼくのように無料で手厚い海外保険に入りたいのであれば、クレジットカードの保険がおすすめです!

⇒参考:海外旅行保険が付帯しているクレジットカードおすすめ3選

あとがき

とは言っても、タイは楽しかったです!
(行こうと言われても行かないかもしれませんがw)

一緒にいた友達はタイにハマって、その後3ヶ月滞在していました。

ちなみに、タイは発展途上国のようで、実は一流のところがたくさんあります。安く一流が体験できるので、それ目的で行くのも楽しいかもしれないです!

 

⇒関連記事:映画『ハングオーバー』のロケ地!世界一高いスカイバー「シロッコ」に行ってみた

⇒関連記事:ペニンシュラ バンコクで優雅すぎる1日を過ごしてきました