宮古島から車で行ける下地島という島をご存知ですか?

ここ下地島には17ENDという天国と言っても過言ではないような景色が広がっています。

ぼくは下調べなしに17ENDにたまたまたどり着いたので泣きそうなくらいに感動しました。そんな17ENDのあれこれをご紹介します!

17END(エンド)の由来は?行き方は?

由来と行き方(アクセス方法)をご紹介します!

17ENDは下地空港の滑走路から由来している?!

滑走路には東西南北の方位を示す数字が付けられている。飛行機は向かい風で離着陸を行う。滑走路のどちら側を使用するか、その向きを判別する数字でもある。

羽田空港は16-34が2本、04-22、05-23の計4本の滑走路がある。伊丹空港は14-32が2本、下地島空港は17-35。下地島空港では冬の時期、北風がほとんどなので飛行機は35側から進入する。

4月から10月くらいまでは進入灯が海に突き出ている17側から離着陸を行うケースが多い。この滑走路17、航空用語ではランウエイワンセブン(RWY17)と呼ばれている。エンドは滑走路の末端という意味。

つまり17エンドというのは、滑走路17の末端という意味の航空用語である。

引用:下地空港17ENDビーチ

17ENDを訪れたらこの由来にうなずけます。滑走路の末端からすぐのところに綺麗なコバルトブルーの海が広がっているからです。

17ENDは下地島の端っこにあります

ご覧の通り下地島の端っこにあります!伊良部島から下地島に入る道がわかりづらいですがカーナビに17ENDあたりを設定すればほぼ迷うことなく行くことができます。

17ENDに行くには車(レンタカー)がおすすめ

17ENDは宮古島から伊良部島へ行き、そこから下地島に行く必要があります。

伊良部大橋で伊良部島に入ったところから12kmあり車でも20分ほどかかるので徒歩や自転車では距離的にかなりキツいです。なので車(レンタカー)で訪れるようにしましょう!

また宮古島(伊良部島や下地島も含めて)は公共交通機関がほぼないと言えるレベルなので観光するには車は絶対的に必要です!

以前、音楽フェスの関係で車をレンタルできずに原チャで宮古島を巡ったことがあるのですが、日差しも強いので体力的にかなりキツかったですw

天国状態の17END(エンド)を訪れるなら干潮時に!

いつ見ても天国であることには変わりないのですが、とくに天国のようになるのは干潮時です!

こちらの2枚の画像をご覧ください。

干潮時の方が天国みたいで良くないでしょうか?!

2枚目は2017年12月にぼくが訪れたときの画像ですが干潮時でなくてもかなり綺麗なので時間的に干潮に合わせられなくても足を運んでみるのをおすすめします。

気象庁の潮位表で干潮時間をチェックしましょう

干潮時間は日によってかなり違うので行く日でチェックするようにしましょう!

ぼくは最初に行ったとき干潮だったので次の日に同じ時間に訪れたのですが、すでにピークが終わってしまっていました。1日でも1時間ずれたりということも普通なのです。




17END(エンド)はシュノーケルにもおすすめ!

17ENDは遠浅(遠くまで浅い)なのでシュノーケルにもってこいです!

少し沖の方に行けば珊瑚も見ることができます。

まとめ

17ENDは沖縄で見ても屈指の綺麗な海が広がる場所です。

10以上の離島を訪れた僕のお気に入りの場所のトップ3にも入ります。宮古島を訪れたときにぜひ足を運んでみてください!

国内旅行, 宮古島の関連記事
  • 3月沖縄旅行の備忘録!3月の天気・気温・服装・ダイビングなど全まとめ!
  • 宮古島と石垣島ってどっちがおすすめ?観光スポット・島カフェ・ダイビングスポットなど比較
  • まさかここが!?宮古島の東端の東平安名崎が絶景すぎてため息が止まらなかった件
  • 【口コミ】ニラカナイ西表島に3連泊して心からリフレッシュしてきました!
  • 西表島まるわかり!観光スポット・ツアー・ホテル・レンタカー総まとめ
  • 冬だからこそお得な沖縄旅行に!費用・服装・冬のおすすめスポットまとめ
おすすめの記事