インドのガンジス川でバタフライしたら病気して死にそうになった話

ー 今から6年前、僕はインドで病気をして死にそうになりました。

ぐっちーです。

 

 

人生の夏休みを謳歌すべく、大学1年生の春休みにインドに旅をしに行きました。

1ヶ月間インドの主要都市を回るバックパッカーの旅です。

 

インドを旅する上で欠かせないのが”バラナシ”という都市です。

 

バラナシは生と死の街という代名詞がある街で、ガンジスでの沐浴が有名です。あとは『ガンジス河でバタフライ』の街でも有名ですね!

結論、僕はこの街で苦すぎる経験をしました。

ぐっちー
今となってはいい思い出ですが…

僕はインドで死にかけました(マジ)

バラナシで沐浴は・・・しない!だって病気怖いし。

バラナシに着いた初日、バラナシという街を知るためにガンジス川から街を見てみることにしました。ボートを小出くれたお兄ちゃんがこの街のことについていろいろ教えてくれます。

  • バラナシで火葬してガンジス川に流してもらうことこそ、インド人の最上の幸せ
  • この川で沐浴をすると今までの罪が全て洗い流される

などなど、いろいろ教えてもらって沐浴に興味が出てはきたものの・・・

ぐっちー
まだまだ旅は続く。

沐浴は絶対にしない(断固たる決意)

 

と意気込んでバラナシの初日を終えました。

 

ちなみにガンジス川の脅威を知らない方のために・・・

ガンジス川の脅威

  • ガンジス川は川沿いで死体を火葬し遺灰をそのまま川に流す
  • 赤ん坊や妊婦、事故死した人は火葬されずにそのまま川に流す
  • 街中の下水が流れてくる
  • 免疫が無い人が入ると下手したら死ぬ

 

百歩譲ってせっかく来たから沐浴した方が良いってのもわかるけど…

こんなの、183595%入らない方がいい。

 

病気を恐れずに沐浴をする猛者登場!

ガンジス川はインド人には連日大盛況!ですが、僕を含め、日本人はなかなか入る人はいませでした。

ご覧の通り、河、めっちゃ汚い。ちなみにこの写真はかなりマシなところを撮ってます。

 

日本での潔癖偏差値32でも、この河は入らないはず

という僕の思いをよそに、颯爽とガンジス川に入り出す2人の知り合いの日本人が・・・

※少しの間、一緒に旅をしていた

 

しかも、大学教授と医者という、

「いやいや、あなた方、一番入らない部類でしょ!」

と心の中で全力でツッコミを入れている間に河の中へ(笑)

2人は、まさにこんな感じ。一方僕は…一切羨ましいとも、楽しそうとも思いませんでした(笑)

病気の発端はガンジス川での沐浴

沐浴を済ませて満足そうな2人は、僕を河の近くに呼び寄せます。「全然大丈夫だから、足くらい浸かりなよ〜!」と誘われるも「絶対に嫌です」と断固拒否!

 

ですが、ある感情が芽生え始め、足だけ入ることにしました。

ガンジス川に入ってる写真は欲しい

これが運の尽きとなるとは思いもしませんでした。

うぉぉおぉお、っしゃああぁぁあぁー!!!

ガンジス川に足だけ入れてこのテンション。

 

それもそのはず。

この時点で身の危険を感じるほどの鳥肌が立ちました。

動物の死体やら、排泄物やらを流しているのを見ていたので、耐えられるはずがありません。

 

てか、それどころか…

ぬめぬめ感といい、いろいろとヤバい。

 

入って10秒後に河から出ようとしたら・・・

 

 

引っ張られて河に落とされました(悲劇)

しかも、水めっちゃ飲んだ。

 

この際、病気を覚悟でバタフライ!やっふー!

というわけで、ここまで来たら、がっつり沐浴しよう、とバタフライをするに至りました。

『もうどうにでもなれ』

そんなこんなで河に入ること2,3分。

 

『あ、ヤバい』

寒気がし始め、震えが止まらなくなり、河から出ると大学教授と医者から一言。

 

僕らは抗生物質飲んで入ったから大丈夫だろうけど・・・病気には気をつけてね

 

というわけで、それから3日間、ゲストハウスから出られずに吐き気と腹痛と格闘しました。

一生恨んでやる、マジで。

とトイレでずっと思っていたのはいい思い出です。

インドでの病気対策は怠るべからず

インドでの病気対策は絶対的にするべきです。

  1. 抗生物質を持っていく
  2. 先に薬を入手しておく
    インドの病気にはインドの薬じゃないと無理
  3. 海外保険に入っておく

僕は日本での常備薬を持って行ったのですが、ほぼ効きませんでした。インドの病気には、インドの薬が絶対的におすすめです。

バラナシ以外でも何度か腹痛になりましたが、インドの薬を飲むとすぐ収まっていました。ちなみにインドの薬はこんな感じ!

 

あとは海外保険は必須です。

僕は保険に入っていなかったため、高額な治療費を恐れて病院に行けませんでした。(※アメリカだと盲腸の手術で500万円越え)

この3年後僕はタイで緊急入院しました。

ですが、この時は保険に入っていたため1円も払うことなく入院できました。

⇒参考:海外旅行保険が付帯しているクレジットカードおすすめ3選

 

海外に行く際は「自分は大丈夫」というのが仇になります。

ぜひ、僕のように痛い目を見ないように、海外保険には入ってください。
⇒参考:海外旅行保険が付帯しているクレジットカードおすすめ3選

 

以上、インドで死にかけたぐっちーでした。