【口コミ】天皇陛下も宿泊!有形文化財と下呂温泉を堪能してきました

天皇陛下(昭和天皇)も宿泊したことがあり有形文化財の旅館である湯之島館に泊まるべく日本三大名泉のひとつである下呂温泉に行ってきました!

その宿泊レビューです。

有形文化財の宿・湯之島館

湯之島館は、下呂温泉随一の老舗旅館です。玄関、渡り廊下、本館の建築が創業当時(昭和6年)のまま残り、国の登録有形文化財に登録。他にも、名建築が多数ある建築の宿です。巨木の木立の中に歴史的建築が点在しており圧倒されます。文化財の玄関も風格が凄く、老舗旅館に相応しい佇まいです。

引用:Travel.jp

築100年以上の旅館で、天皇陛下も泊まりに来たことがある歴史ある旅館です。昭和初期にタイムスリップしたかのような錯覚をするほど情緒を感じられます。

湯之島館へのアクセス

ぼく(24歳)は電車で下呂温泉駅まで行きそこから歩いて向かいました。下呂温泉から1.2kmなので歩くことも全然可能です。

湯之島館に行くまでに温泉街特有の雰囲気の良い街並みを楽しめたりします。途中に足湯やお店もあります!

ですが湯之島館は山の斜面にあるので最後にものすごい坂を登ることになります!4.50代でも登れますが、少しきついかもしれません。

下呂温泉駅からは湯之島館直行のシャトルバスがあるので、そちらを利用した方がいいかもしれません!ただしシャトルバスは以下の5本だけなのでご注意ください。

  • 13:35発
  • 14:35発
  • 15:35発
  • 16:35発
  • 17:35発

湯之島館をめぐる

では湯之島館を細かくご紹介をしていきます。

共用部

湯之島館はとにかく広すぎます!1時間ほど歩き回って散策していました。

クラブやビリヤード部屋や卓球部屋や展望台や天皇陛下が宿泊されたお部屋(今は泊まれない)など見所がたくさんあります!

湯之島館の部屋

お部屋はスタンダードでしたが角部屋だったため、部屋からの景色を楽しむことができました!昭和初期の旅館なのでオートロックではなく、なぜかそこに感動しましたw

ぼくは宿泊できませんでしたが旅館選びのときに見た湯之島館の貴賓室のはとにかくすごかったです!

せっかく泊まるから…!!という方は貴賓室を選んでもいいかもしれません!贅沢すぎるお部屋です。

引用:湯之島館HP

湯之島館の食事

夕食

夕食は部屋食にできました。やっぱり部屋食は楽ですし、周りを気にせずにゆっくりと話せるのでかなり良いです!

メイン料理は飛騨牛のしゃぶしゃぶでした。普段食べてるお肉がお肉じゃないのか?と錯覚するほど飛騨牛美味しすぎますw

朝食

朝食は会場でした!シンプルですが正直それほど美味しくなかったです。

下呂温泉の目玉!湯之島館の温泉

ぼくは友達と訪れたため、展望浴場と展望露天風呂しか入りませんでしたが、ここ湯之島館には家族風呂もあります!

温泉自体は日本三大名泉と言われる通り、この上なく最高でした。また館内には足湯もあり、ゆっくりできます。

展望大浴場

引用:湯之島館HP

山の中腹に建つ当館の展望大浴場は、創業当時のモダン様式をそのままに、お風呂から飛騨の山並みと季節の移り変わりをお楽しみいただきながら、ゆったりとお過ごしいただけます。 下呂温泉の湯は、高い効能の割には、お湯そのものは大変柔らかく、入浴後はお肌が滑らかになり、いつまでもお湯の温かさが続くと評判の無色透明の湯です。
下呂温泉が「美人の湯」と呼ばれる所以でございます。

引用:湯之島館HP

驚くほど深いお風呂でしたw

座ったら溺れるほどだったので立って入るように設計したのかな?と感じましたが温泉自体は気持ちよかったです!

夜だと景色が見えませんでしたが、朝風呂では景色を存分に楽しめました!この景色をみながらの温泉は最高の一言につきます。

展望露天風呂

引用:湯之島館HP

2つの展望大浴場にはそれぞれ、「山渓之湯」、「飛山之湯」の展望露天風呂がございます。
両方の展望露天風呂ともに、その名の通り、眼下に広がる下呂温泉街の町並み越しに、飛騨の山並み、また湯之島館ならではの自然に囲まれた露天風呂をお楽しみいただくことができます。 この展望露風呂からの解放感あふれる景色も、当館の自慢のひとつでございます

引用:湯之島館HP

小雨だったため、笠をかぶりながら入りましたが、その風情がたまらなくよかったです。

展望大浴場と同じく温泉はとても気持ちがよかったです。無色透明でさらっとした温泉なのでゆっくり堪能できます。

貸切家族風呂

創業当初から、洋館部分の1階に4室設けられたプライベートなお風呂が「家族湯」です。浴室内は言うに及ばす、廊下のタイルまでも昭和初期の建設当時造られたそのままの姿でお客様をお迎えいたします。

家族湯は「銀嶺泉」、「不老泉」、「七宝泉」、「玉ノ井泉」の和洋4タイプの意匠となっております。昭和レトロの雰囲気を味わいながら、岩風呂など様々なタイプのお風呂をお楽しみください。
ご家族や、お近しいお仲間同士、のプライベートなご入浴のひとときをお過ごしください。

引用:湯之島館HP

ぼくは利用しなかったですが家族でプライベートな時間を過ごすことができるので魅力的です!詳しくは「公式サイト」でご覧ください。

足湯

引用:湯之島館HP

昭和初期の建築や木々を眺めながらゆっくりできます。広すぎる館内散策の休憩として入りましたが気持ちよかったです!

確かタオル等が置いてないので持参する必要があります。

湯之島館の宿泊費などは?

今回の宿泊費は2人で22,000円ほどでした!

正直結構安いと思います。昭和初期に戻ったようなまさに非日常を楽しめますし、温泉の気持ち良さも存分に味わえます。

湯之島館に宿泊した感想

昭和時代にタイムスリップしたかのようである意味新鮮で、楽しめたのですが若者向きではないな〜という印象でした!

お部屋ごとに昭和初期の名工が匠の技と遊び心で意匠を凝らしているらしく、古き良き日本文化の情緒が感じられるので建築好きやご年配の方にはかなりおすすめと感じました!

ちなみにイマイチだと感じたこともありました。

  • 朝食が美味しくない
  • 清掃が行き届いていない

2つ目の「清掃」に関してはめちゃくちゃ広いので仕方ないかな〜とは思いますが、朝食くらいは頑張って欲しいという印象でした。

 

【番外編】下呂温泉を訪れたときはぜひここに!

今回の下呂温泉旅行で一番感動したのは吉洋というお店で食べた飛騨牛でした!

一切れで1000円近くするサイコロステーキですが、美味しいという領域を超えていました…

贅沢に、赤ワインと一緒に、美味しくいただきました。下呂に行った際にはぜひ訪れてみてください!

 

以上、ぐっちーでした!