営業マンは見た目が勝負!元トップセールスのぼくが取り入れた身だしなみ7選

営業マンは身だしなみが大切!

営業マンは清潔感を出せ!

というのをよく聞きますよね。

ぼくも営業を始めた当初はよく言われていました。よくわからないまま、上司の真似をすることで見た目をできる営業マンっぽくしたのものです。

結果的に社内でトップセールスになることができたのですが、そのときには「見た目はかなり大事」と口すっぱく言っていた上司のことが理解できるようになっていました。

そんなぼくが営業成績を上げるため、実際に取り入れてみた身だしなみについて解説していきます。

営業マンは知っておくべき【メラビアンの法則】をご存知ですか?

いきなり何?という感じかもしれませんが、まずメラビアンの法則というものをご紹介します。

メラビアンの法則

第一印象は初めて会った時の3〜5秒で決まり、またその情報のほとんどを「視覚情報」から得ていると言う概念。

視覚:55%・聴覚:38%・言語:7%

 

つまり営業マンには見た目がかなり重要ですよ〜ということの裏付けです。

営業マンが取り入れるべき身だしなみ7選

早速ご紹介します。ぼくが取り入れた身だしなみ7選はこちらです。

  1. ネイビーのスーツで自分の体にフィットしたものを着用
  2. Yシャツはシワがない白色を着用
  3. ネクタイは青色系でできる限り柄がないものを着用
  4. 靴を契約が取れた日の夜と大事な商談の前日に磨く
  5. 髪型は短めで、おでこを出す
  6. とにかく身体を鍛える(超オススメ)
  7. 細かい身だしなみに気をつける

一つずつ詳しく解説していきます!

営業マンが取り入れるべき身だしなみ①自分の体にフィットしたスーツを着用

目立つストライプや派手な色のスーツは相手によくない印象を与えてしまう可能性がありますが、無地で、もっと言うとネイビーは悪い印象を与えることはありません

業種によってはお堅いイメージを与えてしまう、ということで無地のネイビーを避けたほうがいい場合もあります。

ですが無地のネイビースーツはわるい印象は与えず、しっかりしてそう、というイメージを与えることができます。

僕は持ってるスーツの7割はネイビーです。

 

そしてスーツは見た目の観点でいうと「生地<フィット感」です。

いくら生地がよくても身体のサイズにあっていないとダサく見えてしまいます。良い生地のスーツ1着買うなら、普通の生地のスーツを2着買うのをおすすめします。

そして、お店で売ってるスーツでジャストフィットすればいいですが、なかなかジャストフィットしないものです。

なので、僕はオーダースーツを購入しています。

 

ちなみにオーダースーツに種類があるってご存知ですか?

オーダースーツの種類

  • パターンオーダー
    基本的な体型などはもともと用意されている中から自分の身体に近いものを選び、細かい部分を選択して仕上げる方法です。ある程度決まった型から自分の体型に寄せるためにウエスト身幅を絞ったり、といった感じで作ります。
  • フルオーダー
    何から何まで指定ができるオーダー方法。生地はもちろんのこと、ボタンや糸といったオプションからデザインまで全てがオリジナルの一点物を作ります。採寸、裁断、縫製などを全て手作業で行うため、自分の身体に完璧にあったスーツが作れます。
  • イージーオーダー
    身体にフィットさせるというフルオーダーのいいところと、基本形を持っているので早く仕上げられるというパターンオーダーのいいところを組み合わせた方法です。一番オススメはこちら。

オーダーというと高いイメージがありますが、上記のようにパターンが何種類かあり、2~3万円で1着作れるスーツも普通にあります。

実際僕も3~6万円のオーダースーツを何着か持っていました。

最初の1着を作るオススメはオーダースーツ佐田で、こちらは初めての利用の際には1万円オフになるので19,800円からスーツが作れます

オーダースーツ佐田のホームページはこちら

ぼくはここで2着ほど作りました!コスパがめちゃくちゃいいのでおすすめです。

営業マンが取り入れるべき身だしなみ②Yシャツはシワがない白色を着用(襟はボタンダウンを避ける)

Yシャツは白が一番好印象を与えてくれます。そして、襟の形にも注意を払いましょう。

実は襟の形はかなり重要です!

襟の形の種類

  • レギュラー
    いわゆる一般的な襟です。
  • ワイド
    レギュラーよりも角度がついた襟です。
  • ボタンダウン
    襟にボタンがついているもので、ノータイの時に好まれます。

襟の形で与える印象がかなり変わります。

おすすめはワイドです。ワイドの襟はネクタイの結び目が綺麗に見えるため好印象になります!

とりあえずワイドカラーにしてみましょう!かっこよくなります。

そしてシワはキチンと伸ばしましょう。

クリーニングに持っていくのが面倒だった僕は自分でアイロンをしていました。

安いアイロンだとシワがなかなか綺麗にならずに時間がかかってしまうので、投資的に良いアイロンを使うことをオススメします。

ぼくはアイロンをする時間が意外にも好きで、次の商談に向けて綺麗にしておこう!と思えることで自分のモチベーションも高まっていました。

営業マンが取り入れるべき身だしなみ③ネクタイは青色系でできる限り柄がないものを着用

ネクタイには柄や素材や太さなどを考える必要があり、実はかなり大事だったりします。

青系をつけていれば問題なし!できれば無地がおすすめです。

水色よりになるとフレッシュさが増し、紺色に近づくと誠実さが増します。

持っているスーツと自分との相性を考ええてどの青色をチョイスするかだけは考えるようにしましょう!

ここに関しては、お店の方と相談するのもおすすめです!ぼくは実際にスーツを着て来店し、自分のスーツに確実に合うものを選んでいました。

営業マンが取り入れるべき身だしなみ④靴を契約が取れた日の夜と大事な商談の前日に磨く

靴が綺麗なのは、営業マンとして必要不可欠です。

靴まで綺麗だと、きっちりした印象を与えられ、信頼を得ることができます。あまり靴磨きをやりすぎのは皮によくないので5回履いたら1回磨く、といった感じで靴磨きをしていました。

僕はピッカピカにしていたわけではなく、汚くなく手入れちゃんとしてるな、という印象を与えられれば合格だと思っていたので簡易的に靴磨きをしていました。

ぼくは以下の流れで靴磨きをしていました。

  1. ブラシでホコリや汚れを落とす
  2. ウェットティッシュで靴のふち(靴裏に近いところ)を拭く
  3. 汚れ落とし+栄養剤が入ったクリームを塗る
    (いらなくなった布を使用)
  4. グローブクロスで優しく磨く

これだけのステップですらかなり靴は綺麗になります!

営業マンが取り入れるべき身だしなみ⑤髪型は短めで、おでこを出す

髪が短めだと清潔感が出て、さらに心理学的に「おでこを出す=隠し事はない」と信頼を得られるということでおでこを出すのを実践していました

不気味なくらい、ぼくの知り合いのトップセールスマンは短髪でおでこを出していました!

美容院でカットしてもらうのもいいのですが、僕はおしゃれな床屋でカットしてもらっていました。

ちなみにお店はTHE BARBERというところで、ダンディなメンズ雑誌に取り上げられてて行ったのが最初です。

営業マンが取り入れるべき身だしなみ⑥とにかく身体を鍛える

断言します。筋トレすると必ず営業成績が上がります!

ぼく自身はジムに週3くらい通って身体を鍛えていたわけですが、筋トレで3つのことが得られました。

  1. 生物的に自信が出てくる
  2. 限界突破する癖がつく
  3. 身体の調子がよくなる

筋トレ効果①生物的に自信が出る

身体を鍛えることで、筋力がついてくると生物的な自信がついてきます。こんな感じです。

「こいつにあーだこーだ言われても、いざとなったらぶっとばせる」

実際にこういう態度を出すことも、手を出すこともしないのですが、こう思えることでかなり余裕ができます。つまり緊張したりしなくなるので、自分の力が100%近く出せるわけです。

筋トレ効果②限界突破の癖がつく

筋肉をつけるには、限界を突破する必要があります。

  1. 堤防があり、そこに津波がくるが、堤防を壊されない
  2. 堤防があり、そこに津波がきて、堤防を軽々超えた

①の場合は堤防を高くしようと思いませんが、②の場合は堤防を高くしないと、となるはずです。

この原理と同じで、筋肉も限界を超えないことにはより大きくならないのです。

つまり、筋肉がつく=限界を超えるということなので、もはや自然と限界を超える癖がつくわけなのですが、これが副産物としてはありがたすぎます。

営業をしているときに「もう1件だけアタックしてみよう!」「もう一押しだけしてみよう!」となるきっかけになります。

不思議なもので限界を超えた時はいいことがおきます。

筋トレ効果③身体の調子がよくなる

シンプルに肩こりとかなくなりますし、猫背も改善されて姿勢がよくなります。さらに身体の調子がよくて生き生きしていたら良い印象を与えられるのは想像に容易ですよね!

というわけで、筋トレは超おすすめです!

詳しいことはぜひこの本を読んでください。いろんな意味で最強な本です。ぼくが筋トレを始めたきっかけのうちの一つにこの著者の言葉がありました。

営業マンが取り入れるべき身だしなみ⑦細かい身だしなみに気をつける

細かいですが以下のようなことには気をつけましょう。

  • ムダ毛(鼻毛・ヒゲ・眉毛)
  • 匂い(体臭・口臭)
  • 肌荒れ

とくにムダ毛はきっちり処理しましょう!

営業マンが取り入れるべき身だしなみの①〜⑥を徹底しても「・・・鼻毛出てる」となったら台無しですw

また、爪が長く伸びていたり、匂いに気を使っていないと「どこかズボラだし信頼してもいいかな?」と潜在的に思わせてしまう可能性があります。

しっかりと細部まで気をくばるようにしましょう。細部には美が宿りますからね!

ムダ毛処理や爪切りはドラックストアにいけば簡単に手に入ります。匂いに関しては香水をつけることをオススメしますが、特におすすめなのが以下の香水です!

これは個人的にかなり好きな香水ですw

若干敷居が高いですが、ぜひブルガリに行って試してみてください。

まとめ

ぼくは営業成績を上げるため『話すスキル』に注力していましたが、それだけではなく『身だしなみを整える』ことにもかなり注力していました。

見た目を変えるのに才能はいらず、すぐに変えられることができるのでぜひ実践してみてください!