ドローンスクール

【2018年版】全国のドローンスクールまとめ!スクールの評判や選び方までご紹介

更新日:

2015年の改正航空法によりドローンの規制が決まり、日本中でドローンが飛ばせるようになったのを皮切りにドローンスクールがたくさんできました。

そして今も増え続けており、2018年2月現在でも、ドローンスクールの最大派閥であるJUIDA認定スクールだけで100校以上もあります。

そんなドローンスクールを13社に厳選して

  • どのような内容なのか?
  • 金額はいくらなのか?
  • 評判はどうなのか?

などなど気になる情報を比較しました。

ドローンスクール選びの参考にしていただけたら嬉しいです^ ^

>>早速ドローンスクール13社のまとめ・比較を見る



そもそもドローンスクールって何?

ドローンスクールは簡単に言うと「ドローンを操縦する上で必要な知識や技術を学べる場所」です

2015年が「ドローン元年」と呼ばれています。なのでそもそもドローンを上手に操縦できたり、ドローンの深い知識を持っている人が少ないのが現状です。

ドローンスクールは「基礎的なドローンの知識」や「基礎的なドローンの操縦」を学ぶ場所となっています。つまり撮影方法や動画編集を学ぶというよりかは「安全に飛ばす」ことを重点的に学んでいきます。

ドローンを飛ばすのにはドローンスクールを出ていなくてもOK

ドローンスクールが「安全に飛ばすにはスクールに入って資格を取ろう!」と宣伝しているので勘違いする人も多いのですが、ドローンを飛ばすこと自体に資格などは必要ありません。

今回はドローンスクールについてなので簡潔に説明しますが、ドローンを飛ばすのには航空法をはじめ、さまざまな法律が関わってきます。

その中で禁止区域になっている場所でも「国土交通省の許可」を取ることで飛ばせる範囲がかなり広がります。

この「国土交通省の許可」を取るのに「ドローンの資格」があるとスムーズにできますが、実際はなくても全く問題ありません。強いて言うと国交省の人間の仕事(審査)が楽になるくらいです。

ですが「ドローンスクール」は

  • 時間がないから基礎サクッと学びたい
  • お金を払ってでもゼロから丁寧に学びたい
  • 安全にドローンを飛ばせるようになりたい

と考えている方にとってはピッタリと言えます。

ドローンスクールがおすすめな人とその理由

ドローンを飛ばすのに絶対必要なわけではないドローンスクールですが、ドローンとの関わり方が趣味でも、仕事でも、僕は通えるなら通うべきと考えます。

ドローンを墜落させてしまうリスク激減

ドローンが墜落すると「機体が破損するリスク」と「第三者を怪我させるリスク」と「建築物などを破損させるリスク」があります。機体が壊れるだけならまだしも、第三者を怪我させてしまったりすると、大問題です。

なので「基礎中の基礎」だからこそ、経験のある人からレクチャーしてもらうのは大切です。

ちなみに僕はラジコン的なノリで、とくに学ぶことなくドローンを飛ばしていたのですが、2回目で早速墜落させてドローンの修理に3万円ほどかかりました。

法律などを犯してしまうリスク激減

じつはドローンを飛ばすにあたって、航空法をはじめ、8つの法律や条例などを知っていなければいけません。航空法は細かく言うと9つのドローンの規制があります。

これらを独学で学ぶこともできますが、抜けなどがあって法律違反で逮捕、なんてことになると取り返しがつかなくなってしまいます。現にドローン飛行での書類送検や逮捕は続出していて、今後もどんどん増えていくことでしょう。

※ドローンの規制に関係する「法律」や「条例」などは以下の記事でもまとめています
>>ドローンの規制&法律が全然わからない!ドローン規制についてわかりやすく解説

ご覧の通り、ドローンにはかなりの規制があります。これらは漏れや抜けがないように、プロに教えてもらうのが得策です。

ドローンスクールで学べることは?

簡単に言うと、基礎的なドローン飛行の技術や基礎的なドローンの知識です。

ドローンは一歩間違えると、事故につながったり、警察沙汰になります。基礎中の基礎だからこそみっちりやる必要があるわけです。

ドローンスクールの選び方

声を大にして言えないけど、利益目的が先行しすぎてる劣悪なドローンスクールもあります

しっかり選び方を知っておきましょう

2015年からドローンスクールが流行り始めて今もなお増え続けています。残念なことに中には完全利益目的で内容がヒドいというスクールもあるそうです。

これはドローン初心者の方には見分けづらいため、高額のスクール費を払ったのに全然学べなかったなんてことも。

ですが、この記事を読んだらそのようなことはないのでご安心ください。

ドローンスクール選びで気をつける5つのこと

学ぶ内容はどこのスクールも大差ないですが、その量や質には大きな違いがある場合があります。

▼ドローンスクールを選ぶポイント
①入学前に十分な説明が受けられる
②無理のない日程で学べる
③講師の数・質が十分な
④機材(ドローン)が整っている
⑤ドローンパイロットなどの認定証を発行してくれる
卒業生などの実績がある

①入学前に十分な説明が受けられるドローンスクール

ドローンスクールの受講料は平均40万円です。決して安くはありません。

40万円をドブに捨てることがあっては残念すぎるので入学前にしっかりと説明が受けられる場所を選びましょう。

②無理のない日程で学べるドローンスクール

ドローンスクールのカリキュラムに必要な時間はレベルにより変わります。中には複数日におよぶ場合もあります。

そのため無理のない日程で通えるクラスを選ばないと「講義に出席できない」といったことになってしまいます。

他にも、急遽仕事や予定が入って...ということもありえます。そんなときにも対応してもらえるスクールにしましょう!

自分の現状のスケジュールを把握した上で、無理なく受講できるスクールを選びましょう

③講師の数・質が十分なドローンスクール

ドローンそのものが新しい業界であるために経験豊富な人材は貴重です。現状では講師の数は十分とは言えないそうです。

なので飛行技術とコーチングの両方に優れた講師を見つけることは簡単ではないのです。可能なかぎり正確な情報を集めるようにすることで自分と相性の良い先生を見つけられるようにしましょう。

④機材(ドローン)が整っているドローンスクール

ドローンはトイドローンやラジコンヘリなどとは操作性が異なります。さらに、ドローンの中でもPhantomか他のドローンかで操作性が異なることがあります。

そのためトレーニング時に使用する機体がPhantomかもしくはPhantom以外でもメジャーな機体を採用しているドローンスクールを選ぶのがおすすめです。

例えばマイナーなモデルのドローンで学んでメジャーなドローンを購入した場合、操作性などの違いからスクールを受講した意味がなくなる可能性があるため注意が必要です。

⑤ドローンパイロットなどの認定証を発行してくれるスクール

ドローンパイロットの認定証は国家資格などではなく飛行に際して取得が義務づけられているものではありません

ですが、もしもドローンの活動の場を広げようとなったときに飛行技術を担保してくれる認定証はあるに越したことありません。

⑥卒業生などの実績があるスクール

ここまで選び方を説明しましたが、実績が全てを決めます。なので卒業生がどのくらいいるのか、どういう場所で活躍しているのか、というのを参考にすることをおすすめします。

これは先行者利益のように早く始めたスクールが勝ち、というのも考えられますが、やはり卒業生がいて活躍していれば、ある程度のスクールである担保になります。

▼ローンスクールのおすすめ13選をまとめて比較
では全国のドローンスクールを紹介していきます!

ドローンスクールの団体は主に3つ

まずドローンスクールには9つの管理会社があり、数え切れないほどの講習団体があります。
※都内だけで40校以上

9つの管理団体の中でも講習団体が多いのが以下の3社です。

  • JUIDA(産業振興協議会)
  • ドローン検定協会株式会社
  • DPA(一般社団法人ドローン操縦士協)

この3社は民間資格を発行しているので特におすすめな管理団体です。ご紹介する講習団体(ドローンスクール)はこの3社が管理する団体にさせていただきます。

JUIDA(産業振興協議会)

無人航空機システム(UAS:Unmanned Aircraft Systems)の民生分野における積極的な利活用を推進するとともに、UASの応用技術の研究開発、安全ルールの研究、人材育成、環境整備に努め、UAS関連の新たな産業・市場創造、健全な育成と発展に寄与するために、さまざまな事業を行います。

ドローン検定

ドローンを取り扱う従事者の知識レベルを客観的に評価し、その向上と周囲の方への理解を広めることを目的として無人航空従事者試験(ドローン検定)を実施しています。この検定を機にドローンパイロットが正しい知識を身につける機会となることを図ります。

DPA(一般社団法人ドローン操縦士協)

ドローン操縦士の技術、技量の健全な発展を図り、航空の安全確保につとめ当該技術、知識の普及と諸般の調査研究を行うことを目的とする。

また、本目的を達成するために下記二点を基本方針に掲げて活動するものとする。

(1) ドローン航空の安全文化を構築する
(2) 環境・衛生・人命救助・警備等各分野とドローン航空の発展との融合、調和を図る

また、講習団体を紹介しすぎても余計迷う原因になります。

なので今回は13の講習団体に絞ってご紹介します。

▼ドローンスクール13選

  1. ドローンスクールジャパン
  2. ドローン大学校
  3. ドローンスクール
  4. ドローンアカデミー
  5. FUTABA ドローンスクール
  6. デジタルハリウッド(ドローン専攻)
  7. つくばドローンスクール
  8. 無人航空機操縦技能者・安全運航管理者養成スクール
  9. ドローンの学校東北仙台校
  10. ドローン大学校名古屋校
  11. ドローンスクールジャパン大阪豊中校
  12. ドローンの学校鳥取校
  13. ドローンスクールジャパン福岡東校

①ドローンスクールジャパン東京中目黒校

東京23区内なので関東の方はかなりアクセスがいい場所に世界最大級(3,000坪)の屋内操縦所があるドローンスクールジャパン。

ドローンは法律により都心部でほぼ飛ばせないので、3,000坪の練習場はかなり魅力的です。他のスクールはレッスンの日だけ借りる、という感じで自由度が低いので、自社で練習場を保有しているのは魅力的です。

ドローンは10時間以上練習して国交省の飛行許可を取らないと飛ばせない場所がかなりあるので、練習場があるというのはかなりお大きい要素です

さらにドローンスクールの受講料の相場が30~40万である中で、12万円〜とかなりお得。かといって、サポートが整ってないわけでは一切ないので、今一番おすすめできるドローンスクール。
>>

東海地区で1番の規模であり、名古屋だけではなく、岐阜と滋賀にもドローンスクールを構えるドローンスクール名古屋校。

こちらも魅力は何と言っても練習場です。岐阜県多治見市に4,000坪の屋外練習場があり、名古屋市に屋内練習場があります。

さらにドローンスクールは平均40万円くらいですが、ドローンスクール名古屋校は30万円と費用も抑えることができます。
>>

トップレベルのドローンインストラクターが指導を担当・20時間以上の運航経験が可能・受講生に合わせた受講タイムテーブルなど、かなりみっちり学びたい方におすすめのドローンスクールです。

大手企業の会社見学が行われていたり、合宿などもあるのでコミュニティを得ることもできる。しかし受講料が39万円と少し高く、ドローンで起業したい人向けのスクール謳っているので、趣味でドローンをやりたい方には不向きです。
>>
ドローンアカデミー

⑤FUTABA ドローンスクール

双葉電子工業が擁するホビー用ラジオコントロール界でグローバルに活躍する人材を講師陣に据えているため、講師としては文句なしです。

講師個人のフライト技術は言うまでもありませんが、指導のコツも折り紙つきです。産業用ドローンのオペレーター育成を目的にしているため、趣味向けではないのが難点です。
>>FUTABAドローンスクール

⑥デジタルハリウッド

JUIDA認定スクールの第一弾として立ち上がったスクールでこれまでに150名以上の卒業生を排出しています。実績として申し分なしです。

さらに映像教材学習システムAnyがあり、自宅やオフィス、移動中などインターネットさえ繋がっていればいつでもどこでも何度でも学習が可能なのが嬉しいポイントです。
>>デジタルハリウッド

⑦つくばドローンスクール

茨城県つくば市に誕生した日本初のドローン(無人航空機)の操縦士および安全運航管理者を養成するための認定スクールです。
>>つくばドローンスクール

⑧無人航空機操縦技能者・安全運航管理者養成スクール(静岡)

静岡市、浜松市、沼津市の3つの場所で開講しているスクールです。実技練習を競技場で実施するのが特徴です。かなり広くて貸切なので安心して訓練が出来ます。卒業後も定期的に開催されるフライト練習に参加できるのが魅力的です。
>>無人航空機操縦技能者・安全運航管理者養成スクール

➈ドローンの学校(東北仙台校)

土日を使った約2ヶ月間、JUIDA基準カリキュラムに加えて、人口密集地域・目視外・夜間飛行訓練から、空撮した映像の映像編集までドローンパイロットに必要な技術を学べます。
>>ドローンの学校 東北仙台校

➉ドローン大学校(名古屋校)

ドローン大学校(東京)とカリキュラム等については変わりません。
>>トップレベルのドローンインストラクターが指導を担当・20時間以上の運航経験が可能・受講生に合わせた受講タイムテーブルなど、かなりみっちり学びたい方におすすめのドローンスクールです。

ですが練習場を保有していないのがネックです。
>>ドローン大学校(名古屋)

⑪ドローンスクールジャパン(大阪豊中校)

ドローンスクールジャパンの大阪校です。

ドローンスクールジャパンはドローンスクールの受講料の相場が30~40万である中で、12万円とかなりお得です。
>>ドローンスクールジャパン(大阪豊中校)

⑫ドローンの学校(鳥取校)

スクール修了者には、再練習や練習場の利用パスのフォローアップ特典が付属しているのが魅力です。

趣味向けではないですが、空撮測量で必要となる標定点や検証点を設置して地上測 量データとの照らし合わせによる各種キャリブレーション等の用途での利用が可能となっています。
>>ドローンの学校(鳥取校)

⑬ドローンスクールジャパン(福岡東校)

ドローンスクールジャパンの福岡校です。

ドローンスクールジャパンはドローンスクールの受講料の相場が30~40万である中で、12万円とかなりお得です。
>>ドローンスクールジャパン(福岡東校)

それでも迷ってしまうあなたへ

都心部で1番おすすめのところに行きたい!

アクセス、受講料のコスパの高さはドローンスクールジャパン中目黒校です。

世界最大級の屋内操縦場があったり、ドローンのプロへと導くトータルサポートがあります。12万円のライトコースの受講でも趣味レベルの空撮だとできるようになります。

ドローンスクールジャパン中目黒校は無料の飛行体験会もやっています。

スクールに入るつもりがなくても、ドローンの情報が知れたり、ドローンに触れるから、参加するのをおすすめです。

もし都内にアクセスできるのであれば、飛行体験会にはでぜひ足を運んでみてください。

>>ドローンスクールジャパン東京中目黒校

名古屋周辺で1番おすすめのところに行きたい!

名古屋でドローンスクールに行くなら「ドローンスクール名古屋校で決まり!」と言っても良いほどダントツです。

その大きな理由が「練習場」です。

多治見インターから9分のところに4,000坪の屋外練習場があり、名古屋市内に屋内練習場があります。

名古屋市内ではドローン規制により、ほぼ飛ばせる場所がないので、このような練習場はかなり銃砲します。

さらに相場が40万円くらいの中、事務所を名古屋の中心部からズラしたりすることで30万円に抑えてくれています。社長とお話しする機会がありましたが、そういう面でも素敵なスクールだと感じました。
>>>ドローンスクール名古屋校

都心部以外に行けない場合は...

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ドローンスクールは数え切れないほどあるので、どこに通えばいいか迷ってしまうと思います。なのでまずは2校ほど目星をつけて『無料説明会・無料飛行体験会』に足を運んでみてください。

ぼく自身もいくつかスクール説明会に足を運びました。入校したくなくても、飛行体験会などは無料でできるのでオススメです。

以上、全国のドローンスクールの比較でした!

-ドローンスクール

Copyright© Dronehack , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.