ドローンレンタルで業者である「ドロサツ!!」でMavicを借りて奄美大島・加計呂麻島を空撮してきました!

自分自身でもドローン(Phantom)を持っていますが、旅行ということでコンパクトなMavicを持って行きたかったからです。

今回の記事はドローンレンタルの体験記です。ドローンを借りようかどうか悩んでいる方の参考になれば幸いです。




ドローンレンタルの流れ

ドローンレンタル

今回は僕が利用した業者の「ドロサツ!!」で説明していきます

レンタル自体はいたって簡単です。まずはドロサツ!!のホームページにアクセスし、借りたいドローンを探します。

ドローンレンタル

あとは借りたい日数やレンタル開始日を入力し「カートに入れる」をクリックして料金の支払いをしたら完了です!

ちなみに「Mavic Pro」が3泊4日で10,000円を切るのはドローンレンタルでは破格です!今はキャンペーン中みたいなので、いつまで続くかわからないですが、僕が借りた時点ではおそらく業界最安値でした。

ドロサツ!!がドローンのレンタルでおすすめな理由

ドロサツ!!のおすすめポイントをご紹介します

ドロサツのおすすめポイントの前に、おすすめのドローンレンタル業者を軽くご紹介します。僕がリサーチした限りでは以下の3社です。

おすすめなドローンレンタル業者

これらのドローンレンタル業者の比較は以下の記事でしています。参考までにどうぞ。
>>【厳選】ドローンをレンタルできるオススメ業者を3つご紹介【間違いなし】

ではドロサツ!!がおすすめな理由です。

①料金がとにかく安い

安い、というのが1番大きな理由です。旅行に行くときはできる限り旅費を節約して、たのしむことにお金を使いたいものですよね!

②ちゃんと保険に加入している

料金が安いにもかかわらずサービスはきっちりしています。ドローンは故障させてしまったり、操作不能になって墜落させてしまったりする可能性があります。

ドローン自体が壊れるだけならまだしも、墜落したときに誰かを怪我させてしまったり、衝突により何かを壊してしまう可能性があります。

ドロサツ!!はしっかり保険に加入しているので安心です。

損害賠償保険(対人・対物1億円迄)
三井住友海上株式会社引受人
機体免責あり(機体毎に設定されている)

ドローンレンタルするときは「保険内容」はしっかり確認しましょう

対人・対物だけではなく、機体免責もあるのが大切です。ドローンは繊細なので、ショットした衝突などでも修理が必要になることもあります。

③空港での受け取りができる

ドローンレンタル最大手の「ドロサツ!!」は、空港カウンター会社と提携し、空港のカウンターにてドローンを受け取れる・空港のカウンターで返却できるサービスを開始します。 手荷物を減らして楽しい旅行を。ドローンを空港で受け取れる・返却できる日本初のサービスです。 是非、海外旅行に行かれる時などにご利用頂ければと思います。

これはかなりおおきなメリットです。じつは「Mavic」は本格的な画像や映像がドローンの中ではかなりコンパクトです。

ドローンレンタル

ドローンレンタル

これは13インチのMacbook Airとの比較画像です。コンパクトさが伝わったと思います。ですが、このコンパクトさを持ってしても「荷物」になることにはかわりありません。
LCCなどで持っていける荷物を増やそうとすると2,000円ほど取られてしまいます。それでもって荷物になるくらいなら、空港で受け取りできたらかなり便利ではないでしょうか?

...と言いつつ、まだこのサービスは使っていません

じつは最近リリースされたのと、受け取り可能な空港が限られていることがあり、まだ使えていません。

現在受け取りできる空港
成田空港
関西国際空港
中部国際空港
伊丹空港

いずれ沖縄の那覇空港なども受け取り可能になるみたいです。そうしたら僕は沖縄旅行でドローンレンタルをときは「ドロサツ!!」で決まりです。

レンタルしたドローンでの空撮画像

ドローンレンタル

ドローンレンタル

ドローンレンタル

ドローンレンタル

ドローンレンタル

ドローンレンタル

ドローンレンタル

ドローンレンタル ドローンレンタル

ドローンレンタル

ドローンレンタル

ドローンレンタル

奄美大島・加計呂麻島が素敵なのもありますが、これほどの写真を撮ることができます。これぞドローンの醍醐味ですよね!

まとめ

「旅行などの思い出を空撮で残したいけどドローンを買うまでは至らない」
「ドローンを購入したいけど購入する前に使って試してみたい」

という場合はぜひレンタルしてみてはいかがでしょうか?

ドローンをレンタルするときの注意点

ドローンは初めて飛ばすときに知っておくことがあります。特に大事なのは、飛行規制と墜落リスクです。別記事にて詳しくまとめているので、ドローンを借りるときは合わせてご覧ください。
>>ドローンの規制&法律が全然わからない!ドローン規制についてわかりやすく解説

おすすめの記事