200g以上ドローンに適応される規制まとめ【私有地や条例についても触れます】

ドローンを飛ばしたいけど規制がややこしくて、どこで飛ばしたらいいかわからない!

今回はそんな悩みにお答えしていきます^ ^

 

改めまして、Dronehack運営者のタクマです。

ドローンはどこでも飛ばしていい、というわけではなく、ドローンには飛ばしていい場所の規制があります。

正直言ってドローン初心者にはかなりややこしく、趣味レベルで熟知するのは面倒だと思いますが頭に入れておきましょう。それほど難しくないですよ^ ^




まずはドローン規制の大枠を理解しましょう!

ドローンに関する法律は2015年12月10日により詳しく決定しました。

法律と言っても「申請したら日本中のほとんどの場所で飛ばしていいよ!」というルールだったので、この頃から一気にドローン業界に参入した企業がありました(ドローン記念日とも言われているそうです)

※これから「200g以上」というのを基準で説明しますが、200g以上だと航空法が適応されるため、200g未満のドローンと200g以上のドローンでは規制が全然変わってきます

①200g未満のドローンに適応される規制

まずは200g未満のドローンでも適応される規制です!200g未満のドローンに適応される規制なので、当然200g以上のドローンにも適応されます。

  1. 航空法(模型航空機の部分のみ)
  2. 小型無人機等の飛行禁止法
  3. 電波法
  4. 文化財保護法
  5. プライバシー・肖像権や個人情報保護法
  6. 私有地
  7. 条例
  8. 道路交通法

これらの中でもとくに注意が必要な「条例」と「私有地」について少し触れておきます。

詳しくは「200g未満のドローンを飛ばせる場所を徹底解説!」で詳しく解説していますので、のちほど合わせてお読みください。

ドローン飛行を禁止する条例(公園など)

2015年5月現在、実際に26都道府県で何かしらの条例があります。実際に「ドローン ◯◯県 条例」とかで調べて飛行することをオススメします!

▼条例の例

私有地の上空でのドローン飛行

私有地となるとプライバシーの侵害なども絡んできます。実際に洗濯物が写ってしまうだけでアウトなので少し厳しいですよね。

私有地でのドローン飛行をする場合は土地の所有者や管理者にきっちり確認するようにしましょう。

もし無許可で飛ばして通報されてしまったら民法(第三章 第一節 第一款)に引っかかってしまいます。

②200g以上のドローンに適応される規制

200g未満に適応されるドローン規制に加えて、200g以上のドローンには「航空法」が適応されます。

当記事ではその「航空法」を中心に説明します!

200g以上のドローンに適応される規制

では本題の「200g以上のドローンに適応される規制」についての説明です。

(1)3つの規制区域


引用:国土交通省ウェブサイト

国が「許可なしにここで飛ばしちゃダメだよ〜」と規制されているのは以下の3つの場所です。

  1. 空港等の周辺(進入表面等)の上空の空域
  2. 150M以上の高さの空域
  3. 人口集中地区の上空

それぞれ細かく説明していきます。

200g以上のドローンの規制区域①空港等の周辺(進入表面等)の上空の空域

詳しくはお伝えしませんが、簡単にいうと「空港周辺の半径5km範囲でドローンを飛ばすな!」ということです。

もしも空港周辺で飛ばすときは国土交通省のホームページの「無人航空機の飛行の許可が必要となる空域について」をご確認ください。

 

ちなみに空港に許可を得てドローンを飛ばすことができます。実際に僕は宮古島市にある「下地空港」周辺で飛行許可を得ました^ ^

その時の様子は「宮古島の下地空港周辺でドローンの飛行許可を取って空撮してみた(作成中)」をご覧ください。

200g以上のドローンの規制区域②150M以上の高さの空域

航空機やヘリコプターなどとの衝突などを防止するため、上空150M以上での許可の無い飛行は禁止となっています。

150Mと定められてはいますが上空に行けば行くほど風などで機体が不安定になったり、操縦が効かなくなりそう…という心配から、ぼくは最初のころ高度50Mくらいしか飛ばせませんでした。

ちなみに100Mを超えると風の強さが地上の1.5倍以上と言われています。なので風にも注意して飛行する必要があります。

200g以上のドローンの規制区域③人口集中地区の上空

ここは家が少ないし!この公園は広いから大丈夫だろう!

と思っても、実は人口集中地区の範囲に入っていて法律違反になってしまう可能性があります。

家や人などが少なくても飛行可能空域を確認してから飛行させるようにしましょう!

(2)200g以上のドローン飛行の6つの禁止ルール

特別な許可が無い限りは下記のルールに沿ったドローン飛行を行う必要があります。

出典:国土交通省ウェブサイト

先ほど説明した3つの禁止エリアを守った上で、さらに以下の6つのルールを守る必要があります。

  1. 日中(日出から日没まで)に飛行させること
  2. 目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させること
  3. 人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30M以上の距離を保って飛行させること
  4. 祭礼、縁日など多数の人が集まる催しの上空で飛行させないこと
  5. 爆発物など危険物を輸送しないこと
  6. 無人航空機から物を投下しないこと

1~4はドローン初心者には意外と盲点です。

ぼく自身も「えー!そんな禁止ルールあったんだ!」とびっくりしたのが記憶に新しいです。

ちなみに3のルールは「私有地内の当事者(依頼者や関係者)の人、建物は該当しない」ので自分自身はドローンから30M以内にいても問題ありません。

まとめ:ドローンをなら規制(法律など)はしっかり頭に入れましょう!

以上が国が定めているドローンに関する規制です。

ドローンは一見おもちゃぽいところがあるので規制はなさそうに見えますが全然そんなことはありません。

実際に逮捕者が出るほど国はきっちりルールを設けています。せっかく楽しむために買ったドローンで逮捕されるなんて悲しいことにならないよう、国のルールは守るようにしましょう!

関連記事

200g未満のドローンに適応される規制についても、合わせてご確認ください
>>200g未満のドローンを飛ばせる場所を徹底解説!