【これさえ読めば完璧】ドローン許可に関してわかりやすく解説

更新日:

ドローンって飛ばすのに許可っているの?

ドローンを飛ばすと「法律」や「規制」などがあり、それに加えて「許可」が入ってくるので、ドローンを始めたての人にはすごくわかりづらくなっています。

今回はその中で「許可」に焦点を当てて、わかりやすさを重視して解説していきます。



ドローンの許可のことを知る前に「法律」や「規制」って?

まずはドローンを飛ばすときに知っておくべき「法律」と「規制」について説明します。

ドローンの法律ってどんなのがあるの?

ドローンは200g以上か、200g未満かで適応される法律が変わってきます!まずどのドローンにも関わってくる法律は以下のようなものがあります。

  • 電波法
  • 文化保護法
  • プライバシー・肖像権 / 個人情報保護法
  • 小型無人機等の飛行禁止法

200g以上のドローンだと、これに加えて「航空法」が関わってきます!

ちなみに規制というのは、これらの法律によって、ドローンの飛ばす場所が制限されることを言うので「規制=法律によって禁止される」ということを知っておきましょう。

ちなみに200g以上のドローンは飛行できるエリアがかなり制限されていますが、200g未満のドローンだと飛行できるエリアがかなり広がります

ここでは法律の詳しいことは割愛させてもらいます。より詳しく知りたい場合は以下の記事を参考にしてみてください^ ^

▼全ドローンに適応される法律



▼200g以上のドローンに適応される法律




ドローンの許可って何のことなの?

では本題の「ドローンの許可」のことを解説していきます!

そもそもドローンの許可って何?となると思いますが、法律(航空法など)でOKでも、ドローンを飛ばすのに許可を取らないといけない場合があったり、イベントのときなど、本来は法律でNGでも許可を取れば飛ばせる場所があるのです。

たとえば、第三者の所有地とかだとイメージが付きやすいと思います。いくら法律でOKでも自分の家を撮られるのは怖くないですか?

この2つのパターンでドローンの許可があることをまず知っておきましょう!

よく「国の許可が・・・」とか「国土交通省が・・・」と見ることがありますが、すべてこの「国土交通省のドローン飛行許可」のことです。

つまり法律でNGのところの許可をとってドローンを飛ばす、ということなので、もともと法律でOKのところでは国土交通省の許可は要りません
なので「国土交通省(国)の許可」は絶対に必要なわけではないのです。

ドローンを飛ばすときの「包括申請」って何なの?

ドローンの許可や国土交通省の許可のことを語るのに「包括申請」というのが必ず出てきます。この「包括申請」というのは「1年間、国土交通省の許可が得られる状態にするための申請」です。

ふつうの国土交通省の許可は一時的で「◯月◯日に〜〜〜のルートで飛ばす」というものです。ですが「包括申請」だと1年間、どこで飛ばしてもよいため、頻繁に、かつガッツリとドローンを飛ばす人には必須の許可なのです。

法律でNGのエリアでのドローンの飛行が大前提なので包括申請も絶対に必要な申請(許可)ではないということになります。

ドローン空撮や測量などを仕事にする場合は「包括申請」をすることはマストですが、趣味レベルだと必要ないのでそれほど気にする必要はありません。

前提として「法律NGのエリア=飛行が難しいエリア」なので初心者のうちだったら、おとなしく法律でOKのエリアで飛ばしておくのがおすすめです。

ドローンの国土交通省の許可(包括申請)の仕方まとめ

もしかすると「どうしても飛ばしたいエリアがある!」ということで、ドローンの国土交通省の許可(包括申請)の仕方を知りたい方もいると思うので、サクッと解説していきます。

現段階で「包括申請まではいいや〜」という場合は読み飛ばしていただいてOKです!

まず、許可してもらうための申請を出すのに「条件」があるよ!

国土交通省にドローン飛行許可を得る申請は誰でもできるわけではなく条件が設定されています

  • 四角形や八の字飛行ができる
  • GPSや各種センサー無しで飛行ができる
  • 10時間以上の飛行訓練がある
  • 航空法や気象、安全機能、安全確認の知識がある

これらの技術を取得していれば申請を出すことができます。
>>許可・承認手続きについて(国土交通省)

国土交通省の許可の費用は?取得までかかる期間は?

国土交通省の許可自体は2018年1月現在は無料となっています!ですが、将来は絶対に有料化されると言われています。

実際にかかる費用としては国土交通省への普通郵便代と返信用の普通郵便+簡易書留の郵送代がかかるのでおおよそ600円~700円前後です。

申請が許可されるまでの期間はバラバラですが、最近だと2ヶ月ほどかかると言われています。前もって、早めに申請を出すことをおすすめします!

国土交通省への申請が面倒な場合は「行政書士」で代行を頼むのもアリ

申請の仕方は国土交通省のページを確認してもらえればOKです!

>>許可・承認手続きについて(国土交通省)

申請自体は誰でもできるのですが、もしドローンスクール等に通っていなくてドローンに関する資格を持っていないと、書類作成が結構手間です。
※資格があると若干だけ優遇される(ドローン飛行技術が担保されているので)

なので行政書士さんに頼むのもありです。ですがもし行政書士さんに頼むとなると数万円はかかってくると予測されます。

ちなみにドローンスクールの必要性に関しては「ドローンスクールは通う必要あるの?とくに通う必要がない3つの理由」で詳しく解説しています。

まとめ:ドローンの許可は初心者にはそれほど必要なし!

以上、ドローンの飛行許可についての解説でした!

ドローン始めたての場合だとそれほど関係はないので、ドローン初心者の場合は許可よりも法律を気にしておきましょう!

▼全ドローンに適応される法律



▼200g以上のドローンに適応される法律


また、200g未満のドローンだと、ほぼ「ドローンの飛行許可」とは無縁になります。

なのでドローン初心者のうちは200g未満のドローンで遊んだり、空撮するのがおすすめです!

ドローンはややこしいことも多いですが「法律」や「許可」のことを知った上で楽しみましょう^ ^

-免許(資格)・許可

Copyright© Dronehack , 2018 All Rights Reserved.