【初心者向け】ドローンのおすすめメーカー5社の特徴比較と人気機種

2015年より徐々に注目を浴び始めたドローン。しかし「どんなメーカーがあるの?」や「主要メーカーの代表作は何に?」と言う声をよく聞きます。

それも当然で、ドローン市場はほぼ中国が牛耳っており、日本企業は食いこめていないのが現実です。この記事ではそんなドローン市場でおすすめのメーカーと代表作等をご紹介します!

ドローン市場はスマホに次ぐ勢い?!

驚きませんか?僕はびっくりしました。実はドローンの市場規模は世界で11億ドル(およそ1100億円)と言われていて、既に巨大と言える市場規模なのです。

さらに、2020年までに60億ドル(およそ6,000億円)に到達すると予測されていて、スマホ以来の一大産業の波が来つつあります。

ドローンメーカーのシェア事情

そんなドローンの主要なメーカーをご紹介します。

  1. DJI
  2. Parrot
  3. 3DRobotics
  4. GoPro

まずドローン市場において圧倒的なシェアを誇るメーカーが、中国の深センにある『DJI(デイージェーアイ)』です。

DJIはドローン市場のおよそ50%以上を獲得していると言われており、ドローン界の大御所的存在です。

他の主要なドローンメーカーにはフランス発のParrot(パロット)やアメリカ発の3DRobotics(スリーディロボティクス)が挙げられます。DJIを含めたこの3社が2017年9月現在の世界のトップ3です!

現在400社以上のメーカーがしのぎを削っている状況なので個人的にはこれから大きくなるドローン市場のメーカー事情には目を離せません!

ドローンのおすすめメーカー各社の特徴比較と人気機種の紹介

では僕がおすすめするドローンメーカーをランキング形式で見ていきましょう!特徴と人気機種を紹介しつつ解説していきます。

おすすめのドローンメーカー1位:世界シェア80%超!ドローン界の大御所『DJI』

DJIなしにはドローンを語れないと言っても過言ではないほどのメーカーです。ドローンに興味があるならまずDJIを抑えておきましょう!

人気機種

DJI社が出しているドローンはどれも有名になっていると言っても過言ではありません!

  • Phantom(ファントム)シリーズ世界で一番有名なドローン。現在4まで出ており、4K動画の空撮まで可能。
  • Mavic(マヴィック)シリーズ:2016年に出たPhantomよりも少し小型ドローン。Phantomシリーズはでかく重いのに比べてこちらはコンパクト。障害物を自動でよける機能が有名。そして折りたためる。ライトユーザー向け。
  • Inspire(インスパイア)シリーズ:こちらはPhantomシリーズをベースとしたプロ用。5.2Kのカメラをはじめ速度・バッテリー・ボディなどが全てハイエンド仕様。
  • Spark(スパーク)シリーズ:小型・軽量のMavic Proより更に小型なシリーズ。お手軽な空撮や自撮りにもってこい。がっつり空撮には向いてない。。

※機種名をクリックするとamazonに飛びます。

 

おすすめのドローンメーカー2位:スマホ操作のドローンの第一人者『Parrot』

1994年にフランスで設立した企業で、レジャー用ドローンのパイオニアとして全世界にファンを持っています。またスマホで操作できるドローンの立役者的存在です!

人気機種

Bebopシリーズ:14歳以上でスマートフォンが使える方なら、誰でもドローンを楽しむことができると言われ、HD解像度の空撮ができますので、空飛ぶビデオカメラのようなもの。

※機種名をクリックするとamazonに飛びます。

おすすめのドローンメーカー3位:世界初のスマートドローンを開発してドローン界に震撼を与えた『3DR』

世界初のスマートドローン(完全自動飛行のドローン)を発表したメーカーです!今後もっと表舞台に出てくる日も近そうです。ちなみにホビー用ドローンとしては最強といわれています。

人気機種

Solo:Soloはシンプルな空撮を越えた「映画クラスの撮影」をも可能にするドローン。気に入らない場合の返金制度や、使用者に過失がない場合の修理保証など手厚い保障が付いている点もおすすめ。

※機種名をクリックするとamazonに飛びます。

 

おすすめのドローンメーカー4位:ドローン業界にも参入!アクションカメラ最大手『GoPro』

ご存知の通り、もともとは小型カメラで有名になったメーカーです。その小型カメラを使った小型、携帯可能なドローン開発を行っています!

人気機種

karma:折りたたみ式で、タッチスクリーン搭載コントローラーと手持ち撮影用のグリップをひとまとめにして専用バックパックに収納できるポータビリティ性がある。

※機種名をクリックするとamazonに飛びます。

 

おすすめのドローンメーカー5位:インテルから70億出資を受けた今大注目の『Yuneec』

「インテル入ってる」でお馴染みの世界有数の多国籍半導体メーカーが70億円出資したことで一躍有名になったメーカー!機種のバリエーションはまだそれほどないものの、今後目が離せないメーカー。

人気機種

Typhoon:法律で定められている飛行可能地域を超える飛行を制限するよう設定ができるのがすごい魅力。気づかぬうちに犯罪を犯していたなんて心配はない。

※機種名をクリックするとamazonに飛びます。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?400以上あるメーカーから厳選して5つのメーカーとその代表作を紹介させていただきました。

ドローンは商用から民間用まで幅広くあり、ドローン初心者にはその区別がわかりづらいと言えます。そのせいで「自分はどのドローンを選んだらいいか?」という悩みの種になってしまいます。

別記事でも利用目的別などの記事がありますので、ぜひご覧ください。

 

また、ドローン購入する際は飛行させてから購入することをおすすめします。今、ドローンスクールなどが多く開校しておりその一環でドローンの操縦体験ができるところが多くあります。

ドローンスクールへの勧誘はあるかもしれませんが、実際にドローンを飛ばせて、さらにドローンの基礎知識を得られます。

東京などの主要都市のみの開催になりますが、ぜひ足を運んでみてください。ドローンは安くても2,3万円、高いと10万円以上の買い物と、決して安い買い物ではないですからね。

ドローンの操縦を、無料で体験してみよう!