こんにちは、ぐっちーです!遂にDJI社から200g未満のドローンが登場しました!!

 

約半年ほど前にDJIから小型ドローンが発売されるということで航空法対象外を期待しましたが300gのSpark(スパーク)が発売され、ガッカリしたのが記憶に新しいです。

 

とは言えsparkもかなり良いドローンということで、まあ300gはしょうがないか!という感じでした。
参考:200g超えだけどヤバい!手軽に素敵な自撮り空撮ができるSparkがすごすぎる!!

 

では今回発売発表されたTelloをご紹介していきます!

 

DJI社『Tello(テッロ)』は待望の200g未満のドローン!

DJIはかなり良いドローンを販売し続けてくれていましたが、どれも200g以上ということでなかなか手にすることができない方が多くいたと思います。

 

ですが今回発表されたTelloは200g未満ということで航空法に引っかからないのでかなり色々なところで飛ばせるため期待が高まります!

※200g未満でも適応されるルールはあるのでご注意ください。

重量は?高度は?距離は?Tello(テッロ)のスペックまとめ

Telloの現在発表されている情報です!

 

  • 価格:12,800円
  • 重量:80g
  • 飛行時間:13分
  • 画質:HD720P

 

その他の機能も見ていきましょう。

飛行パターンは様々用意!簡単におしゃれな撮影ができる!

 

360度回転してくれるような飛行やさがりながら斜め上に飛んでくれるような飛行など、さまざまな飛行パターンがあります!

 

飛ばす練習をせずともいい動画が撮影できます^^

ジンバルなしなので動画はブレてします可能性大!

 

ジンバルとは動画のブレを軽減するもので、それがあることでドローンが風に煽られたり、激しい動きをしてもなめらかな動画が撮影できます。

 

そのジンバルがついておらず、ドローンにそのままカメラが埋め込まれているので動画にブレが出てしう可能性が高いと言えます!

 

電子手ぶれ補正があるみたいですが、そちらの効果は未知数です。とはいえ80gのドローンにそこまで求めるのも無理難題かもしれませんが...

プログラミングで自由自在に期待を動かせる?!

 

これは一般向けのドローンだと初めての機能なのではないでしょうか!?

 

事前にパソコンでプログラムを組むことで自由自在に飛ばせるのでパフォーマンスなどにも使えるのです!

 

僕の大好きな高城剛さんが数年前にドローンのパフォーマンスを披露していましたが、ようやく僕らのレベルにまで来ました。

 

↓ちなみにその動画はこちらです↓

まとめ:Tello(テッロ)は200g未満のドローンを牽引すること間違いなし!

現在まで200g未満で一番のドローンはDobbyでした。以下の記事を読むと2,3位もちょっとパッとしないドローンという印象なので、Telloが一気に首位になることでしょう!

 

【2018年最新版】法律外!200g以下の超おすすめ空撮用ドローン3選+αを徹底比較
2018.1.21
※2018年1月9日に追記 「200g以下のドローンを買って手軽に一味違う風景や人物の写真を撮りたいけど、種類が多くて結局何を買えばいいかわからない!」 こんな悩みを抱えていませんか? 改定航空法が制定されてから200g以下のドローンは一部の地域を除いてどこでも飛ばせるということで「めっちゃほ...…

 

200g未満のドローンのクオリティがあがれば、ドローンを使う人が増えていくことを想像するとワクワクでたまりません!これからが楽しみです!

 

 

以上、ぐっちーでした。

 

DJIホームページTello
https://m.dji.com/jp/product/tello

※1:Telloはまだ商品が発表されただけの段階なので追加情報があり次第追記していきます
※2:画像はDJIホームページより引用

 
以下の記事も合わせてご覧ください。

ドローンのことの関連記事
  • DJIから新型MavicProが登場か?!つい半年前発売されたPlatinumをどう超える?
  • DJIから200g未満のドローン『Tello』発表!航空法対象外で期待が高まる!!
  • ドローンはレンタルが超おすすめ!ドロサツ!!で実際に借りてを飛ばしてみたよ
  • ドローンメディア【DRONE WALKER】編集長の吉武さんと佐久島でドローン空撮に行ってきました!
  • DJI新型ドローン「Mavic Pro Platinum」の使用レビュー!MavicProなどとの比較つき
  • 沖縄でドローンをレンタルしたいならRentio一択!ほかの方法との費用・便利さ比較
おすすめの記事