【毎年タダでハワイへ】マイルを貯める5つステップ

【未来のドローンの先駆け】DJIのTello(テッロ)は空撮には不向きかも【徹底解説】

遂にDJI社から200g未満のドローンが登場しましたね!

200g未満であれば適応される規制が減りますので期待が高まります。

200g未満の他のドローンや、他のDJIのドローンと比較しつつTelloをご紹介します



Tello(テッロ)は待望の200g未満のドローン!

今回発表されたTelloは200g未満ということで航空法に引っかからないのでかなり色々なところで飛ばせるため期待が高まります!

Tello(テッロ)のスペックまとめ

Telloのスペックは以下の通りです

  • 価格:12,800円
  • 重量:80g
  • 飛行時間:13分
  • 画質:HD720P

重量が200gを大きく上回って80gです!この重さを考えるにあまり屋外で飛ばして撮影する機種ではないようですね…

実際、TelloのプロモーションPVを見ても屋内がメインでちょっと屋外という感じです

画質はハイビジョンでありフルハイビジョンですらないので、あまり動画を撮影しよう、という感じでもありません

ラジコン的にアクロバティックな操縦などを楽しむドローンというイメージですね

Telloの飛行パターンは様々!簡単におしゃれな撮影ができる



360度回転してくれるような飛行やさがりながら斜め上に飛んでくれるような飛行をはじめ、さまざまな飛行パターンがあります

飛ばす練習をせずともいい動画が撮影できます^ ^

Telloはジンバルなしなので動画はブレる



ジンバルとは動画のブレを軽減するもので、ジンバルがあることでドローンが風に煽られたり、激しい動きをしてもなめらかな動画が撮影できます。

そのジンバルがついておらず、ドローンにそのままカメラが埋め込まれているので、ドローンがブレたらそれだけ動画にブレが出ます

電子手ぶれ補正があるみたいですが、そちらの効果は未知数です。とはいえ80gのドローンにそこまで求めるのも無理難題かもしれませんが…

プログラミングでTelloを自由自在に期待を動かせる



これは一般向けのドローンだと初めての機能なのではないでしょうか!?

事前にパソコンでプログラムを組むことで自由自在に飛ばせるのでパフォーマンスなどにも使えるのです!

僕の大好きな高城剛さんが数年前にドローンのパフォーマンスを披露していましたが、ようやく僕らのレベルにまで来ました。

↓ちなみにその動画はこちらです↓



今回のTelloの最大のメリットはここでしょう。これは未来のドローンの先駆けであることには間違いありません

まとめ:Tello(テッロ)は未来のドローンの先駆け

Telloは空撮するのには向いていないですが、プログラミングで自動飛行ができたり、ワンボタンでアクロバティックな飛行ができたりと、ラジコン寄りのドローンです

ですがハイビジョンなので最低限の動画撮影はできます。アクロバティックな飛行を使って面白い映像を作って見てはいかがでしょうか?