【毎年タダでハワイへ】マイルを貯める5つステップ

【初心者向け】ドローンの選び方をわかりやすく解説

ドローンを買いたいけど、どれを買ったらよいのかわからない、どれが自分に適しているのかわからない、という壁にぶつかることがあると思います。

そんなあなたが最適のドローンを見つけるためのドローンの選び方や買い方を説明します^ ^

また、最後に「さまざまな条件でのおすすめドローン」を別記事にて詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてください。



ドローンの選び方

まずはドローンを選ぶ流れをサクッと説明します。

①ドローンにどんな種類があるか知る
②自分がどんな場面で使うか考える
③自分の予算を考える

この3つのステップを踏むことで、あなたに適したドローンがかなり絞られていきます。自分のドローンライフを想像しつつ、読み進めてみてください^ ^

ドローンの選び方STEP1:ドローンの種類を知る

まずはドローンにどんな種類があるのか?です。

  • ミニホビー
  • ホビー
  • パーソナル
  • プロ

ドローンにはまさにおもちゃのような小型ドローンから、農業用などの大型ドローンまでさまざまあります。ひとつずつ説明していきます。

ドローンの種類①ミニホビー

ミニホビーに分類されるドローンは手のひらサイズの子供のおもちゃのようなドローンです。カメラなどはついていないので、家の中でちょこっと飛ばす程度のものです。

ドローンの種類②ホビー

ホビーに分類されるドローンはミニホビーより大きく、200g未満のものが多くなっています。200g未満であるのは「航空法」が関係していて、比較的どこでも飛ばせるようにするためです。

ホビードローンになると、カメラがついておりFPV(First Person Viewの略で一人称視点という意味)も楽しむことができます。

wifiでスマホなどと同期して鳥目線を味わえるのがホビードローンの醍醐味です!
※中にはカメラなし(FPVではない)ホビードローンもあります

ドローンの種類③パーソナル

パーソナルに分類されるドローンは、中級者から上級者が使うドローンです。ホビーまでは高くても3万円ほどですが、パーソナルになると10万円ほどが相場になります。

パーソナルくらいのレベルではじめてドローン空撮をすることができます。ホビーでも空撮を押していても、機体の安定性やカメラの性能的に、飛ばせて10Mくらいという感覚です。

そしてパーソナルには自律操縦機能などがあったり、カメラのレンズの性能もミラーレス一眼レフに勝らずとも劣らないレベルになるので、十分本格的な空撮が楽しめます。

ドローンの種類④プロ

プロに分類されるドローンは主に産業用(測量・農薬散布など)に使われるドローンなので、趣味レベルでドローンを楽しみたい場合には一切候補に入れなくて良い分類です。

ドローンの選び方STEP2:自分がどんな場面で使うか考える

続いては自分の使う場面を考えます。

①おもちゃラジコンのように使いたい
②ドローンで鳥目線を楽しみたい
③ドローンでちょっとした空撮がしたい
④ドローンでがっつり空撮したい
⑤ドローンで仕事をする予定がある

たとえば①だと、ドローンにカメラがついている必要がありません。②だとカメラはついている必要はあるけど録画や写真を取れるカメラである必要がありません。

このように、状況に合わせてどのドローンを購入するのかが変わってきます。それぞれの場面別ドローンの例をご紹介していきます。

※⑤は会社や業者の方向けなので省略します

ドローンをおもちゃラジコンのように使いたい

ラジコンのように使いたいのであれば、カメラは特に必要ではありません。その代わり空撮向けドローンにはついていない「宙返り(機体の回転)」などのアクロバティックな機能がついています。

もしもラジコンとして使いたいのであれば、アクロバティックな機能で選ぶのがおすすめです!

ドローンで鳥目線を楽しみたい

鳥目線で空を飛んでいる感覚を味わいたい!という場合はFPV(ドローンのカメラの映像をリアルタイムでスマホなどで見れる機能)のついたドローンがおすすめです!

カメラに撮影機能がついてしまうと、かなり金額があがってしまいます。なので、もしも鳥目線を味わってみたいけど、撮影はできなくてOK!という場合はFPVドローンにしましょう。

ドローンでちょっとした空撮がしたい

がっつりじゃなくとも、軽く自撮りしたい、という場合は写真や動画撮影できるドローンを選ぶ必要があります。もしも映像も撮りたい場合は「機体の安定感」も考える必要が出てきます。
※1km飛ばしたり、上空100mくらい飛ばしたい!というのであれば、必然的に10~20万円ほどのドローンを購入する必要があります

ドローンでがっつり空撮したい

がっつり空撮がしたい場合はカメラ性能・ジンバル性能・飛行性能ともに考慮する必要が出てきます。

機体がブレてしまうとどうしても素敵な映像を撮るのは難しくなります。ブレのない映像を撮影するには「ジンバル」も重要になってきます。

ジンバル(英: Gimbal)は、1つの軸を中心として物体を回転させる回転台の一種である。 軸が直交するようにジンバルを設置すると、内側のジンバルに載せられたロータの向きを常に一定に保つことができる。

このジンバルが1軸だとブレブレの映像、2軸で少しマシになって、3軸あれば完璧!という感じです。がっつり空撮するなら「3軸のジンバル」が必要不可欠です。

また、上空100Mを超えると風の強さが地上の1.5倍以上になるので、機体自体のパワーも大事になってきます。軽すぎる機体だと風に流されてしまい、映像が撮れないならまだしも、墜落してしまうこともあるので注意が必要です。

ドローンの選び方STEP3:予算を決める

最後に「予算を決める」です。これを最後に持ってきた理由はドローン購入に妥協してほしくなかったからです。ドローン選びは言わばカメラ選びと似ています。機種によって安定度・カメラ性能・飛行性能などかなりピンキリです。

なので妥協してドローンを買ったら後悔することがあります。まさに自分がそうでした。2017年の6月ごろにPhantom4が出ている中、僕はPhantom3を購入しました。

データ上、それほど大きくは変わらないのに、価格差が14万円あったのでつい安い方に手が伸びました。ですが半年後にはPhantom3をメルカリで売り、次のドローンの資金に当てる自分がいました。

なので、自分がどんな用途でドローンを使いたいか、を決めてから予算を決めるのをおすすめしています。

まとめ

ドローンはかなり種類があり、精通した人がまだそれほどいないので、選ぶのは難しいと思います。

ですがこの記事で説明した以下の3ステップを踏めば、かなり買うべきドローンが絞られてきます。ぜひ自分に合うドローンを見つけてもらえたら幸いです!

①ドローンにどんな種類があるか知る
②自分がどんな場面で使うか考える
③自分の予算を考える