【毎年タダでハワイへ】マイルを貯める5つステップ

【墜落事例】僕はドローンを5回以上墜落されています

こんにちは、Dronehack運営者のぐっちーです。

ドローンを飛ばすにあたって墜落することは考えなければいけません。僕自身、ドローンを墜落させて修理したことが4~5回もあります(笑)

なので自分自身の墜落したときの経験などを元に

  • ドローンを墜落させないための予習
  • ドローンを墜落させてしまったときの修理方法
  • ドローンの保険に入ることを考えるべき理由

を中心に説明します。



ドローンは墜落するものと考えておくべき

いきなりですがドローンは墜落するもの、という認識を持ちましょう。

操作方法さえわかれば小学生でもドローンを飛ばすことができます。ですが小学生でも、大人だとしても、突風が吹いたり、電波障害になったときは、どうしようもなく墜落させてしまうことがあります。

無残にも壊れた僕のPhantom3


ちなみにメジャーなドローンには「ホバリング」という機能があります。これはドローンがその位置にとどまる機能なのですが、操作スティックを動かさなければ、ドローンは止まってくれます。

だからこそ、飛ばす場所によりますが操作ミスで墜落させてしまうことは少ないのです。「自分自身の誤操作や確認不足のせいではない部分」もしっかり理解しておき、さらに墜落させないためにすべきことをしっかりと頭に入れましょう!

僕自身、ドローンを購入して、2回目のドローン飛行で墜落させてしまい修理費で30,000円ちかく飛んでいったことがあります。修理で済んだから良かったものの、もしも修理不能になってたらと考えると怖いです(笑)



ドローン墜落事例と墜落する原因

では実体験をもとにドローンを墜落事例と墜落した時の原因、また墜落させそうになってしまった事例を紹介します。

ドローンを墜落させる5つの原因

  1. 風に煽られて戻ってこれなくなる
  2. ローバッテリー飛行で電池切れになる
  3. 電波が途切れて勝手に飛んでいく
  4. 電線にぶつかる
  5. 着地の際に操作を誤る

ドローン墜落原因①風に煽られて戻ってこれなくなる

飛ばし始めが追い風で戻ってくるときが向かい風の場合、風が強いと戻ってこれなくなるときがあります。

また、帰ってこれないくらいの強風でなくとも、風が強いとバッテリーの減りが早いです。なので行きと帰りが同じと考えないようにしましょう。

DJIのPhantomやMavicはかなり風に強いですしスポーツモードがあるので、よっぽどの風ではない限り大丈夫ですが、飛ばすときは向かい風の方向に飛ばすようにしましょう。

ちなみに僕が飛ばした感覚だと、風速10Mを超えると飛ばさないことをオススメします。ちなみに風速15Mを超えるとMavicやPhantomでもスポーツモードでないと前進することができないです

ドローン墜落原因②ローバッテリー飛行で電池切れになる

まずドローンのバッテリーについてですが、2つ知っておくべきことがあります。

  • バッテリー温度が低い場合は消耗が早い
  • 風が強い・スポーツモードは消耗が早い

バッテリー温度は21度あたりがベストです。もし冬などに飛ばすときはバッテリー温度をあげるためにポケットに入れたり、ホットカイロなどで温めるようにしましょう。

また、風が強かったり、スポーツモードだとバッテリーがかなり消費されます。こちらも注意しましょう。

僕が使っているDJIのMavicProはバッテリー残量が10%以下になると、その場で着陸しようとし始めます。その場が平面で着陸可能ならいいのですが、海だったりしたら終わりです。

自分自身のドローンに緊急着陸などの機能があるかどうかはしっかり確認するようにしましょう。

ドローン墜落原因③電波が途切れて勝手に飛んでいく

僕も1度経験しました。恐怖です。

ドローンにはGPSモードがあるのですが、これが切れてしまって勝手にドローンが飛んで行ってしまいました。

これが起こったときは頭が真っ白になり「頼むから人に追突しないでくれ」と心の中でめっちゃ思いました。

ですが「ホームポイント(飛ばし始めの位置)」を記録していたため、「Go Home機能」で無事にドローンが帰ってきてくれました。

GPSモードが切れるときは「電波干渉」がある場合がほとんどです。ドローンを飛ばしていると「電波干渉を感知しました」と出るので、そういうときはその場からドローンを離すようにしましょう

ドローン墜落原因④上昇・バック飛行で電線などにぶつかる

ドローンばかりに目を取られていると、障害物にぶつかってしまい、それが原因でバランスを崩して墜落してしまうことがあります。

とくに上昇・バック飛行は気をつけなければいけません。FPV機能で画面を見ていても死角なので絶対に回避できません。

ドローン墜落原因⑤着地のときに操作を誤る

意外や意外、着地の時に誤操作で墜落させました。墜落させたときの状況はこちら。

  • 普通に地面に着陸させようとする
  • ドローンが思うように休止モードにならない
    ※下降のスティックを数秒倒し続ける必要があり、休止せずに下降の動作になってしまう時がある
  • 思いっきり下降になってしまい、ドローンがバランスを崩し傾き、プロペラで地面をえぐる

初心者にありがちなミスです。

今はハンドキャッチ(ドローンを直接手で確保)してから、ドローンを休止させることで対策していますこちら、若干危ないので実践するときはお気をつけください。

まとめ:ドローンの墜落リスクを減らして楽しいドローンライフを

ドローンは初心者・プロ問わずに墜落させるときはさせてしまいます。

ですが事前に事例を頭に入れておいたり、その対策をしておくことでドローンの墜落リスクはかなり減らすことができます。

ぜひドローン墜落とは無縁のドローン飛行を楽しんでください^ ^



【おまけ】ドローンの修理方法

僕はドローンを買って2,3回目の飛行をさせていたときに墜落させてしまいジンバル部分が完全に壊れてしまいました。



6万円で買ったドローンが2,3回で墜落した時の精神的ダメージがやばかったですが、修理に出すことで無事に直って手元に戻ってきました。

修理されて返ってきたドローン


※僕はDJIのドローンしか修理に出したことがないので、ここでの修理は「DJIの修理」ということで話を進めます。

DJIのドローンの修理の流れは以下です
ドローンをどこで購入したのかを確認する

①DJIストア公式HPで購入しなかった場合→一度購入先の店舗又はカスタマーサポートに連絡をする
②DJI公式HPで購入した場合→DJIアフターサービス窓口に連絡する

ドローンをDJIの修理工場へ発送する

修理費用が提示されてドローンを修理するか決める

ぼくの場合だと点検費の12,960円を含めて合計21,120円でした。



修理されたドローンを代引きで受け取る

大まかな流れとしては以上の流れです。より詳しく知りたい場合は以下の記事をご覧ください。
修理費は?期間は?DJIのドローンの修理申し込みから手元に戻るまでまとめ

【おまけ】ドローン墜落に備えて保険の加入も考えるべき

ドローン墜落で怖いのは、墜落だけでなく、誰かを怪我させてしまったり、何かを壊してしまうことです。

ぼくはドローンスクールの無料説明会に行き、実際に怪我をさせてしまった事例を聞いたので正直かなり心配がありました。

万が一のことかもしれませんが最悪の場合は考えておいて損はありません。そこで趣味レベルでドローンを飛ばす人でも加入しておくべき保険をご紹介します。

ドローンの保険には2種類ある

ドローンの保険は大きく分けて2種類あります。

①機体保険(動産総合保険)

機体保険は自動車で言うところの車両保険にあたります。ドローンを墜落させてしまった時や壊してしまった時に補償してくれる保険です。

②賠償保険(賠償責任保険)

賠償保険は自動車で言うところの対人対物保険にあたります。ドローンで人や人の所有物や公共のものを破損させてしまった時に補償してくれる保険です。

おすすめのドローンの保険は「ラジコン保険」

現在、損害保険会社からドローン保険はかなりたくさん登場していますが、実はほとんど法人向け(趣味レベルではない)保険ばかりです。

ドローン初心者〜中級者(個人利用)の場合、PhantomなどDJI製品なら1年間の無料保証に加入できますが、それ以外のドローンを持っているとどうすればいいのか悩むと思います。

ぼくは悩んでいろいろ探した結果、日本ラジコン電波安全協会のラジコン保険に加入しました。

ラジコン保険の保証内容

保証内容は以下の通りです。

  • 保険金額(お支払い限度額)
    1事故につき1億円限度
  • 自己負担額(免責金額)
    1事故につき5万円
  • 引受保険会社
    AIU保険会社

ラジコン保険の保険料について

2年間で保険料4500円(税込)です。1年あたり2250円なのでかなり安いですよね。

より詳しくラジコン保険について知りたい場合は以下の記事をご覧ください。
【コスパ最強のドローン保険】墜落リスクを軽減すべし