カメラが好き、旅行が好き、という方なら気になるであろうドローン。

ぜひともドローンでしか撮れないアングルから写真を撮影したい!という方は多いですよね^ ^





そんなドローンですが「旅行に持って行くのはどうなの?!荷物になったりしない?!」と悩むこともあるはずです。

先日行った奄美大島・加計呂麻島旅行のときに感じたドローンを持っていくメリット・デメリットとともに「旅行でドローンを持っていくのはどうなの?」について僕の感じたことをお伝えします。



今回旅行に持っていたドローンはMavic Pro

今回僕が持って行ったのはMavic ProというDJI社のドローンです。

ドローンを旅行に持っていくメリット・デメリット

では本題のドローンを旅行に持っていくときのメリット・デメリットです。

メリット

  • ①素敵な写真が撮影できる

デメリット

  • ①荷物になる
  • ②2人で行くと片方つまらない

旅行でのドローンのメリット



ドローンと言えば空撮。やはりここが一番のメリットです。

ですがこれが唯一無二のメリットです。あとは他の観光客の方との話題になる、というくらいでした。

旅行でのドローンのデメリット

やはり荷物になるというのは大きなデメリットです。これは「飛行機」と「移動」のときに特に大きなデメリットになります。

もしも荷物制限がある飛行機だったら、重量オーバーになって追加料金を払う羽目になってしまうこともあります。

ぼくは確認不足で計6,000円払いました。ちゃんと事前に準備しておけば4,000円で済みましたが...

そして、2人の場合は一人が飛ばしているともう一人が退屈してしまう可能性があります。僕自身、今回2人での旅行だったのですが、少しつまらない思いをさせてしまったな〜と感じました。

もしも2人でドローン空撮を楽しむなら、2人を撮影することをおすすめします。風景ばっかり撮っていたら「早くして〜」と言われてしまうことになります(実体験)

片方が退屈になってしまう対策

退屈にならないために2つの対策があります。

  • VRを持っていく
  • ドローンの操作をスマホではなくiPadにする

VRがあると、ドローンの映像を直接見ることができ、まるで鳥になったような感覚になってかなり楽しめます!なので、じっくりドローンで撮影したい場合で、2人などでいくならVRはおすすめです。

そして、ドローンを操作するのをスマホではなくiPadにすることで画面を2人で見ることができるので、2人で楽しめます。さらにサンシェード モニター(日よけ)があると鮮明に見ることができます!

VRもしくはサンシェードがあると2人でも楽しむことができます。VRはレンタルできるのでレンタルしてみても良いかもしれません^ ^

ドローンのレンタルでもおすすめな業者であるRentioが取り扱っています。

まとめ

ドローンを旅行に持っていくのは、正直旅行のスタイルによります。

風景を空撮で収めたい!というならぜったいにおすすめですし、夫婦やカップルでの旅行だとしても、飛ばし方に注意すれば2人でも楽しめることができるのでオススメです^ ^

ただ荷物になることや、一緒に行く人がつまらなくなる可能性があることも頭に入れておきましょう。

ドローンはレンタルできる!

もしも旅行のときにドローン空撮したいけど買うまでは・・・という場合は「ドローンレンタル」がおすすめです。

以下の記事でドローンレンタルについてまとめていますので、レンタルが気になる場合は合わせてお読みください。

旅行におすすめのドローンはこれ!

旅行におすすめのドローンがどれかわからない!という場合は以下の記事を合わせてお読みください。

【おまけ】僕がMavic Proを旅行のお供にした3つの理由

では僕がMavic Proをチョイスした理由からご紹介します

  • かなりコンパクトなので持ち運びに便利
  • それでいてかなりのクオリティの写真・映像
  • バッテリーも比較的長い

かなりコンパクトなので持ち運びに便利

まず「コンパクト」という点ですが、Mavic Proはアームを折り曲げられるので、持ち運びのときはかなりコンパクトになります。



真ん中にあるのがMavic ProですがiPhone5と比較するとそのコンパクトさがわかるはずです。ちなみに左にあるのがPhantomでドローンの代名詞と言える機種です。

この大きさでもバッテリーなどが加わることにより荷物になります。だいたい13インチくらいのパソコンケースを持ち歩く感じです。

なのでMavicですらカバン1つ増えることは覚悟しましょう。

かなりのクオリティの写真・映像が撮影できる

かなりコンパクトですが性能はかなり高いと言えます。

ここでは詳しい話は割愛するので、気になる場合は以下の記事を参考にしてみてください。

バッテリーも比較的長い

ドローンを飛ばすときにはバッテリーの長さは重要です。DJIから販売されている10万円ほどのSparkという機種でもバッテリー時間が21分ほどですが、Mavic Proは27分です。

遠くまで飛ばしても、戻ってくる時間を考えたり、余裕をもって飛ばすとなると21分だと少ないので27分くらいは欲しいところです。

実際は風などによりバッテリーの消耗が激しいので、Mavic Proでも1つのバッテリーで飛ばせて20~22分くらいというのが現状です。

おすすめの記事