ドローンのことを基礎から学ぶことができるドローンスクール。

ドローン初心者にとってはスクールに通うべきか、必要なのか、という判断がつかないと思います。僕自身もよくわからなくて説明会に参加したりしたものです。

結論から言うと、ドローンスクールは通う必要がありません。

その理由を3つ解説します



そもそもドローンスクールって何?

まずはドローンスクールというものをサクッと説明します

ドローンスクールは「ドローンを操縦する上で必要な知識や技術を学べる」場所です。

なので「時間がないからサクッと学びたい」「お金を払ってでもゼロから丁寧に学びたい」「安全にドローンを飛ばせるようになりたい」というニーズを満たしてくれます。

例えて言うのなら学習塾のようなもので、絶対的に必要はないけどあると近道出来る、そんなイメージです!




ドローンスクールに通う必要がない3つの理由

ではドローンスクールに通う必要がない理由を3つ解説していきます。

  • ドローンスクールはコスパ悪い(高い)
  • ドローンを飛ばすのに資格などがいらない
  • ドローンの飛行技術や知識は自分でも習得できる

①ドローンスクールはコスパ悪い(高い)

まず最初に挙げられるのがドローンスクールの価格です。大体相場が30万円ほどで、講義や実技のレッスンは1週間程度です。

中には30万円かかるけど、みっちり教えてくれるところもあれば、全然教えてくれない劣悪なスクールもあります。

個人的には「情弱ビジネスじゃないのか?!」と思う節がありました。

ですが実際には開講するまでの準備・宣伝費・ドローンの購入/保守/修理/買い替え・間接費・保険・飛行場所の確保など、かなり費用がかかるみたいです。

スクールというビジネス形態にするとかなりコスパが悪くなってしまうのがわかります。しっかりと知識と経験を持った方でドローンレッスンをやっている方などは半日で1万円とかですからね...

ドローンを飛ばすのに資格などがいらない

ドローンスクールは「通うことで簡単に資格(JUIDA・ドローン検定など)が取れる」というのを押しがちです。ですがじつはドローンを飛行させるのに資格はとくに必要がありません!

詳しく知りたい場合は以下の記事を合わせてお読みください。


ちなみに資格は必要がありませんが、もし様々な場所で飛ばしたい!という場合には「国土交通省の許可」を取得する必要があります。

この許可の条件は以下の通りです。

  1. 四角形や八の字飛行ができる
  2. GPSや各種センサー無しで飛行ができる
  3. 10時間以上の飛行訓練がある
  4. 航空法や気象、安全機能、安全確認の知識がある

これらは自分自身でもクリアすることができます。

しかしドローンスクールの資格を取ると、この国土交通省の許可を取りやすいと言われていますが。もし自分で申請するのが面倒だったら行政書士さんに頼めば、スクールよりもかなりお得に許可を取ることができます。

ちなみに僕はドローンスクールに通ったりすることなく、国土交通省の許可を取得できました

ドローンの飛行技術や知識は自分でも習得できる

これは「ドローンスクールで教えてくれるドローン飛行技術や知識」は自分で習得できる、ということです。

ドローンスクールのカリキュラムを見てみると、きっちりドローンの飛行技術や知識を教えてくれるところはありますが、1週間ほどで終了というスクールもかなりあります。

1週間で、しかも個別レッスンでない状況で得られる飛行技術や知識は限られてしまいます。

ゼロから勉強するのが面倒だから30万円支払う価値がある!と思えるならドローンスクールに通っても良いと思いますが、そう思えないのであれば辞めたほうが良いと言えます。

まとめ:ドローンスクールは必要なし

以上、ドローンスクールに通うことがない3つの理由でした。

正直なところ、趣味レベルならまったく必要ありません。ドローンスクールに通う予定なら、そのお金をドローン購入費などに充てたりすることをおすすめします^ ^

ですが「いや、それでもやっぱりドローンスクールに通いたい!」という場合はおすすめのスクールをまとめた記事を合わせてお読みください。

おすすめの記事