ドローンの免許・資格・飛行許可

200g以下のドローンを飛ばせる場所を徹底解説!公園は?人口密集地は?

更新日:

ドローンをどこで飛ばしたらいいのか全然わからない!

ドローンは規制や法律なども関わってきているので、「200g未満のドローンであればどこでも飛ばせる、と聞いたけど本当に大丈夫なの?」と疑問を持つ人が多くいます。

そんな疑問を解消できるように、今回200g未満のドローンの飛ばせる場所を解説します。

少し小難しい箇所もあるかと思いますが、規制や法律を犯してしまうと後々めんどうなのできっちり理解していただけたらと思います!



そもそもドローンの法律や規制や飛行許可や資格は?

ドローンは小型無人航空機に該当するのですが、その重さによって関わってくる法律や規制などが変わってきます。

その重さの境界線が200gです。

200g以上のドローンは航空法に注意!

200g以上だと「航空法」が関わってくるのですが、200g未満だと航空法は適応されません。

航空法については以下の記事で詳しく解説しています。
[getpost id="1307"]

200g以下のドローンでも注意すべき法律アリ!

そこで「ならどこでも飛ばせるー!」とはならず、200g以下のドローンでも

  • 電波法
  • 文化保護法
  • プライバシー・肖像権 / 個人情報保護法
  • 小型無人機等の飛行禁止法

など関わってくる法律があります。以下の記事で詳しく解説しています。
[getpost id="1449"]

ドローンを飛ばすのに必要な許可や資格について

ドローンについて調べると国土交通省の許可やJUIDAの資格、なんてワードが出てきます。

それらについてサラッと解説します!

様々なところで飛ばしたいなら国土交通省の飛行資格をとるべし

200g以上のドローンに適応される航空法で飛ばせない場所でも飛ばせるようになるのが、国土交通省の飛行許可申請です。ドローンの飛行の許可という言われ方をするときもあります。

10時間以上ドローンを飛ばしたことがある、一定以上のスキルがある、など条件はあるものの、申請を出せば割と通過できる状況です。

また、国土交通省の飛行許可を取っても飛ばせないところもありますが、ここでは割愛します。以下の記事で詳しく解説しています。
[getpost id="8034"]

ドローンを飛ばすのに資格はいらない

最近、ドローンスクールがかなりできてきて、資格を押し出していますが、ドローンを飛ばすこと自体には資格は一切いりません。

また、ドローンスクールは10回ほどの講習+飛行訓練で30万円ほどします。

ですが、内容自体は正直自分で体得できる飛行技術なので、趣味でやる場合は特に通わなくても大丈夫です。

僕自身もドローンスクールなどに通うことなく、国土交通省の許可や那覇空港や下地空港などに飛行許可を取ることができました。

しかし、初心者の段階ではドローンの飛行方法を学ぶこと自体は大切です。なので飛行体験イベントなどを探して行ってみることをおすすめします^ ^



200g以下のドローンを飛ばしてはいけない場所はどこ?

では200g以下のドローンをどこでなら飛ばせるのか?どこだと飛ばしてはいけないのか?というのをご説明していきます!

公園では管理者次第!東京・大阪の公園はドローン全面禁止

ドローンを飛ばす場所を探す時に、まず一番に候補に出てくる公園。

公園は管理者次第なので、ドローンを飛ばせる場所もあれば、飛ばせない場所もあるので問い合わせる必要があります!

ちなみに東京・大阪では全面禁止になっているので注意が必要です。クレームがきたり、警察に見つかってしまうと大変です。

人口密集地ではプライバシー侵害や墜落に注意!

人口密集地で飛ばす時に注意すべきことはプライバシー侵害です。

たとえばFPVドローン(カメラ付きドローン)を飛ばして空撮した場合に、洗濯物が移るだけでアウトです。

また、万が一墜落してしまい、第三者に怪我を負わせたりしまったら傷害事件になってしまい、警察にお世話になってしまうことになります。

僕自身、自分は大丈夫と思っていましたが、すでにPhantom3(1300gくらいの中級機ドローン)2回墜落させています。

墜落させてしまった時は第三者を怪我させたりすることはなかったので、ドローンを修理するだけで済みましたが、もしもぶつかっていたら…と考えると怖くなります。

200g以下のドローンを練習で飛ばすおすすめな場所

住んでいる場所によって飛ばす場所はかなり変わります。ドローンを飛ばしている人は河川敷や畑などが多い印象です。

しかし、僕自身、ドローン空撮の練習をしていたのですが意味なかったという感覚でした!というのもローケーションで飛ばすのと畑で飛ばすのは雲泥の差です。

撮影しようと思ってドローンを飛ばすのと、ただ飛ばすのでは上達具合がまるで違います!

なので基本的な操作だけ練習して、あとは本番でOKです^ ^

200g以下のおすすめドローンと選ぶときの注意点

おまけで、200g以下のおすすめドローンとドローンを選ぶときの注意点をご紹介します!

200g以下のおすすめドローン3選

ぼくのおすすめのドローンは以下の3つです!

  • Dobby
  • Eye One extream
  • HUBSAN X4 DESIRE

一つずつサクッと説明していきます。

200g以下おすすめドローン①iPhone6レベルのカメラを搭載する『Dobby』

200g未満のドローンの中で今、最も注目されているのがこのDobbyです!200gギリギリの199gで、iPhone6レベルをカメラを搭載しています。

さらに折りたためることができポケットに入るサイズで、ガチな空撮はできないまでもかなりのクオリティの空撮の静止画は確実に撮ることができます!

おすすめポイント

  • iPhone6S以上の画質で、4Kの映像が撮れる(ブレあり)
  • 気圧センサーとGPS内蔵。ホバリングが安定する
  • ポケットに入る折りたたみできる

いまいちポイント

  • ジンバルがついていないので、動画撮影はブレる
  • バッテリーの減りが速い(9分)
  • 値段が高い

[getpost id="5792"]

200g以下おすすめドローン②GoProを搭載して高画質な空撮動画が撮影できる『Eye One extream』

機体の重さは189gでGoProを搭載するドローンです!

カメラはマウントでの後付けなので、GoProを搭載すると300gを超えますが、法律的にOKとなっています。つまり、安定感があり、4Kの動画が撮れるという優れもの。

おすすめポイント

  • 本体が2万円で購入できる(カメラなし)
  • GoProを搭載できるので画質は申し分なし

いまいちポイント

  • カメラはついていないのでGoProを用意する必要がある
  • GoProを取り付ける為のマウントが5000円する
  • GoProがないと買う必要がある
  • 動画に機体の一部が映る可能性がある

200g以下おすすめドローン③とにかくコスパ良くドローン空撮ができる『HUBSAN X4 DESIRE』

何と言ってもコスパの良さが売りのドローンです。たった2万円でカメラ付きなのが驚きです!買ってすぐに空撮できるのもポイントです。

おすすめポイント

  • コスパが良い(2万円でカメラまで付いている)
  • 安定したホバリング*が可能(気圧センサーとGPSが内蔵されているので、高度維持機能が優秀)
    ホバリング=風などがあってもその場で止まる機能
  • テレメトリー機能付き(バッテリー残量や、ドローンとの距離、高度など常にモニタリングできる)

いまいちポイント

  • ジンバルがついていないので、動画撮影はブレる
  • プロペラガードが無い(安全性が低い)
ちなみによりおすすめのドローンを知りたい場合は以下の記事も参考にしてみてください。
[getpost id="4427"]
[getpost id="7868"]
[getpost id="6040"]

200g以下のドローンを選ぶときの注意点

200g以下のドローンは様々なメーカーからたくさん出ています。日本のメーカーは少なく、中国が主流だったりするので、日本の規制をクリアしていない場合があります。

それが「技適マーク」がついているかどうか、です。技適マークは以下のものです。


引用:総務省HP

海外発送のドローンとかだと結構技適マークがついていなくて、日本だと飛ばせない!とうこともあるので気をつけてください。

ちなみに技適マークがついていないドローンは安い傾向があります。メルカリやヤフオクなどのフリマアプリやオークションサイトなどでドローンを購入するときは注意してください

まとめ:ドローンを飛ばせる場所はきっちり理解しておきましょう!

以上、200g以下のドローンを飛ばせる場所まとめ+αでした!

その他、規制や法律などについて知っておきたい場合は以下の記事も参考にしてみてください。

-ドローンの免許・資格・飛行許可

Copyright© Dronehack , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.