【初心者向け】200g未満のドローンにも適用される規制まとめ

200g未満のドローンなら日本中飛ばし放題!なんて思っていたら違法になることがあります。

改正航空法以外でもドローンが引っかかりうる法規制について解説します。

ドローンは「無人航空機」とよく言われますが、正確には200g以上の機体のことを指し、200g未満の機体は「模型航空機」に分類されます。

ですので200g未満のドローンには無人航空機の飛行に関するルールは適用されず、空港周辺や一定の高度以上の飛行について国土交通大臣の許可等を必要とする規定(第 99 条の2)のみが適用されるそうです。

ということは…飛ばし放題!

とはなりません。

ぐっちー
難しいことは置いといて簡潔に説明します

200g未満のドローンにも適応される改正航空法もあります

航空法の第99条の2、なるものがあります。

第九九条の二 何人も、航空交通管制圏、航空交通情報圏、高度変更禁止空域又は航空交通管制区内の特別管制空域における航空機の飛行に影響を及ぼすおそれのあるロケットの打上げその他の行為(物件の設置及び積載を除く。)で国土交通省令で定めるものをしてはならない。ただし、国土交通大臣が、当該行為について、航空機の飛行に影響を及ぼすおそれがないものであると認め、又は公益上必要やむを得ず、かつ、一時的なものであると認めて許可をした場合は、この限りでない。

2 前項の空域以外の空域における航空機の飛行に影響を及ぼすおそれのある行為(物件の設置及び積載を除く。)で国土交通省令で定めるものをしようとする者は、国土交通省令で定めるところにより、あらかじめ、その旨を国土交通大臣に通報しなければならない。

空港や飛行機の周りでは飛ばさないようにしましょう!もし飛ばすのであれば、航空法の第99条の2をしっかりと理解した上で飛ばしてください。

200g未満のドローンに関する法規制はこれだけなのですが、実はまだ[注意事項]というものがあります。

簡単なのでこちらも理解しておいてください!

200g未満のドローンには航空法以外のルールが3つあります

改正航空法をクリアしたからOK!というわけではありません。かなり盲点であるルールが3つ存在します。

  • 電波法
  • 文化保護法
  • プライバシー・肖像権 / 個人情報保護法

この3つです。頭に入れておきましょう。

200g未満のドローンには航空法以外のルール①:電波法

日本では周波を利用する場合は用途によって使う電波が決まっています。

日本でドローンを飛ばす場合に2.4GHz 帯の電波を使うのであれば問題ありませんが、海外で普通に使用される5.8GHzの電波を日本で使うのは禁止です。

つまり並行輸入品のドローンは注意が必要になります。ドローン購入の時は技適マークがあるものを選んでくださいね。

200g未満のドローンには航空法以外のルール②:文化財保護法

国の重要文化財の近くを飛ばすのは禁止されています。もし飛ばしたい場合は国ではなく管理団体に問い合わせる必要があるみたいです。

姫路城にドローンが墜落した時は違反として、警察も動きました。

⇒参考:姫路城にドローンが墜落した時のニュース

撮りたい気持ちはすご〜くわかりますが、違反するリスクを犯してまでのドローン空撮はしない様にしましょう!

200g未満のドローンには航空法以外のルール③:プライバシー・肖像権 / 個人情報保護法

人が映り込んだ写真や映像をWeb上にアップロードしてしまうと、プライバシーの侵害として違反になってしまうことがあります。

撮られてる!と勘違いして警察を呼ぶことも頻繁にあるそうです。

あとがき:200g未満のドローンでも気をつけましょう

以上のように、改正航空法以外にもドローン空撮が引っかかりうる法規制が意外とあります。

楽しく飛ばすはずがお縄になる、なんてことがないように注意してドローン空撮しましょう!