修理費は?修理期間は?DJIのドローンの修理申し込みから手元に戻るまで全まとめ

こんにちは!Phantom3を墜落させてしまったぐっちーです。

買って2,3回目の飛行をさせていたときに墜落させてしまい、ご覧の通りジンバル部分が完全に壊れてしまいました。

6万円で買ったドローンが2,3回で墜落した時の精神的ダメージがやばかったですが、修理に出すことで無事に直って手元に戻ってきました!

実は、DJI社のドローンの修理に関して知りたいことがかなりあったものの、調べても修理に関する情報がほとんどなくかなり路頭に迷っていました。

なのでドローンを修理に出す前のぼくのように

DJI社のドローンを墜落させてしまった!修理にどう申し込むの?!
修理費用ってどのくらいかかるの?いつ手元に戻ってくるの?

という方のために記事にしました。あとは備忘録も兼ねて。

目次を用意していますので読みたい箇所から読んでいただいても構いません。

 

では早速、DJI社のドローンの修理の流れからご紹介します。

DJI社のドローンの修理の流れ

①どこで購入したのかを確認する

まずは自分がどこでDJI社のドローンを買ったか思い出してください。

DJI社のドローン1つ取っても、

  • DJIストア公式HPから購入
  • 株式会社セキドのような代理店から購入
  • 家電量販店から購入
などなど、色々なところから購入することができます。

どこから購入したかによって対応の仕方が変わってきます。

(1)DJIストア公式HPで購入しなかった場合

一度ご購入先の店舗又はカスタマーサポートに連絡をするように促されます。

○○ 様

お世話になっております。DJIストアカスタマーサポートでございます。

この度は弊社商品をご購入頂きまして誠にありがとうございます。機体が墜落したとの事心中お察し致します。

当件につきましては、アフターサービスセンター窓口にてご対応させて頂きたく存じますので、お手数ですが下記お問い合わせ窓口までご相談をお願いできますでしょうか。
<DJIストアでご購入頂いた製品の不具合や故障、修理、操作質問、技術的なご相談について>
DJIアフターサービスセンター
■メール宛先
support.jp@dji.com

なお、DJIストア公式HP以外で商品を購入されたお客様につきましては一度ご購入先の店舗又はカスタマーサポートにご連絡頂きますようお願い致します。ご不便お掛け致しますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

DJIストアカスタマーサポート
store.jp@dji.com

僕自身はDJI社公式HPにて購入しましたので家電量販店等で買った場合の修理申請の仕方は割愛されていただきます。

故障の度合いによりますが、ほぼ最終的にDJI社に修理依頼を出すことになると思うので、最後まで読み進めておくと今後の修理の流れが掴めます!

ちなみに少しの故障なら代理店等で修理できるというケースも出てくると思いますので、そこは代理店にしっかりヒアリングしてください。

(2)DJI公式HPで購入した場合

そのままアフターサービスセンター窓口に連絡をする流れとなります。
⇒メールアドレス:support.jp@dji.com

注意!JI社に故障の依頼を出す時は「カスタマーサポート」ではなく「アフターサービスセンター」です。前者に連絡を入れると、後者に連絡するように言われて二度手間になりますのでご注意ください。

僕は最初カスタマーサポートに連絡したため二度手間になりました。

DJIアフターサービス窓口に連絡

壊れた旨をアフターサービスセンターに連絡しましょう。メールを送信すると点検費や注意点等の記載があるメールの返信がきます。

有償サポートのご案内をさせていただきます。

本製品 Phantom3 Standardは点検費用¥12,960円にて有償サポートを受付しております。弊社到着後、修理費用と修理期間をお見積し、改めてご連絡させて頂きます。

◎注意点

現在修理品在庫多数のため通常より大幅に遅延が発生しております。順番に対応しており、お客様のご希望に添えない可能性がございます。

◆対応内容に関しましては弊社よりご案内されます見積もり請求書内に記載、となります

◆弊社へ製品到着後、弊社システム登録の際に到着の旨のメールが自動送信されます。順番に登録を行っておりますので、上記修理品在庫多数により、到着日を過ぎてから自動メールが送信される場合がございます

◆製品の直接の持ち込み等は一切受付しておりません。ご了承ください。

 

お客様の意向確認後、対応を進めさせて頂きます。

1)修理する場合(お支払方法:代引き(現金のみ)
【点検費用+パーツ費用+送料+代引手数料】をご請求させて頂きます。

2)修理しない場合(お支払方法:代引き(現金のみ)
【点検費用+送料+代引手数料】をご請求させて頂きます。

以上内容、ご確認頂き、問題なければ、製品を弊社にご発送ください。

有償サポートをお受けになる場合は、

・墜落等の場合
フルセット:本体+バッテリー+送信機+プロペラ(破損の場合)
※バッテリー等発火の恐れがあり危険な場合、お客様側にて廃棄ください
※廃棄したがバッテリーが新たに必要な場合などサポート依頼書に記載をお願い致します

・1部製品の故障の場合
バッテリー単体、送信機単体など
_________________________________
下記の書類を同封の上、修理品を弊社までご発送下さい。

1、 有償サポート依頼書(添付ファイル ※リンクアドレス表示となっている場合がございます)

※必ず依頼書下部に記載されている注意事項等をお読みください。
記入、発送されました時点で、同意されたものといたします。
※問題症状内容や保険適用など、できるだけ詳細な記入をお願い致します。
_________________________________
なお、弊社までの発送代金はお客様ご負担となりますので、
予めご了承くださいませ。

<発送先住所>
354-0043
埼玉県入間郡三芳町竹間沢832-6
DJI JAPAN アフターサービスセンター宛
(049-257-4568:恐れ入りますが電話対応は行っておりません)

どうぞよろしくお願い致します。

DJI JAPANアフターサポート

ご覧の通り、まずは点検してもらうのですが、その点検だけで12,960円かかります。ぼくはこの12,960円が大きくてなかなか踏ん切りがつきませんでした。

もし点検して修理の必要がなかったらもったいない
点検費+修理費で4,5万いくなら新品を買いたい

と考えていたからです。ですが今後また墜落したときの参考にもなるか、ということで決心して修理に出すことにしました。

ドローンをDJIの修理工場へ発送する

ドローンを修理に出すのに必要なことがひとつあります。有償サポート依頼書の同封です。

これはDJI社からのメールにPDFファイルとして添付されているのでプリントアウトして必要事項を記入します。内容自体はかなり簡単です!

故障したドローンやプロポなどを箱に詰め、有償サポート依頼書の同封して指定された場所に発送しましょう!

ぼくはPhantomの箱が残っていたので、それに入れて発送しました。発送するときにドローンの充電バッテリーのことについて突っ込まれる可能性がありますが、国内だと発送OKなのでご安心ください。

修理費用が提示されて修理するか決める

発送した翌日にDJIから「到着しました」という旨のメールが届き、その1日後には修理にかかる費用に関するメールが届きました。意外にもスピーディーでびっくりです!

修理費用に関する詳細はこちら。

ぼくの場合だと点検費の12,960円を含めて合計21,120円でした。思ったよりもやすかった印象です。

修理費の目安は以下のページの「製品点検費用及び主要パーツ費用」から調べることができます。ですが自分が修理が必要と思ってない部分が修理必要、ということ等もあると思うのでだいたいの目安としてお使いください。

⇒参考:アフターサービスポリシー

ちなみにぼくはDJIに直接「目安の修理費を教えて」とメールしましたが、見てみないと何とも言えないの一点張りでした。

修理費に了承できたら、その旨を伝えます。了承した段階で修理が始まります。

修理されたドローンを代引きで受け取る

18日に修理することをお願いしてから5日後(3営業日)でドローンの修理が完了して発送したよ!という旨のメールが届きました。

修理在庫がかなりあって、修理に時間がかかると聞いていたので1ヶ月くらいは覚悟していましたが、まさか3営業日で修理できるとは!と驚きました。

修理費はドローンを受け取るときに代引きで支払います。
現金のみなのでご注意ください!

DJI社の修理のあれこれ

ぼくが修理に出す前に気になっていたことです。

修理にかかった費用は¥21,120!

修理費。これは破損具合によって違いますが僕の場合は21,120円(点検費込み)でした。

修理費の目安は以下のページの「製品点検費用及び主要パーツ費用」から調べることができます。ですが自分が修理が必要と思ってない部分が修理必要、ということ等もあると思うのでだいたいの目安としてお使いください。

⇒参考:アフターサービスポリシー

修理にかかった期間はたったの10日間!

発送してから手元に来るまでたったの10日(6営業日)でした!かなり早いです!

故障状況やそのときの修理在庫の量にもよりますが、結構早く仕事してくれるみたいです。

まとめ

今回は単独の墜落で、修理費も2万円ほどで済んだので良かったです。

もし人様に怪我をさせていたら…と思うと怖いです。
たまにドローンの墜落がニュースになりますが、明日は我が身ということを身をもって感じられました。

これを機にドローンの保険にも加入しました。1年でたったの2250円ですので、趣味だとしてもドローンを飛ばすなら加入をおすすめします。
 

またドローンを墜落させて2万円払うくらいなら、トイドローンでもっと練習しといたら良かったな〜と感じました。
練習用のドローンを持っていない場合はトイドローンを買って練習しましょう。

墜落させるのも嫌ですが、第三者を怪我させたり、何か破損させてしまってからでは遅いですからね。