コミュ障でも恋愛したい!コミュ障男子が彼女を作る3ステップ

  • 「自分はコミュニケーション能力がないから彼女ができない」
  • 「女の子と対面すると、緊張でうまく話せなくなるから・・・」
  • 「そもそも女性と出会う機会がない」
  • 「コンプレックスだらけでどうしても自信を持てない」
  • 「今まで女性からアプローチを受けたことがない」

このうちの1つでも当てはまる場合は、ぜひこの記事を最後まで読み進めてください。

ぼくはこのうち全部当てはまっているコミュ障男子でしたが、この記事で紹介する3ステップを踏むことで週8で告られた経験のある女性を彼女にできました。

コミュ障が彼女をつくる3ステップはこちら

  1. 意識を変える
  2. 出会うきっかけを作る
  3. 恋愛コミュニケーション能力をつける

3ステップを一つずつ実体験も混ぜて解説していきます。

意識を変える

彼女を作ることができないコミュ障男子は「自分は彼女なんて作れない・・・」と思い込んでいることが多々あります。

まずはこの「自分には無理」というマイナス思考をポジティブなものに変えていきましょう。

一つ例として、僕自身のことを言いますと、僕はコンプレックスだらけです。

  • コミュ障(4人以上になるとしゃべれなくなる)
  • 肌が汚い(下位20%に入るほどのニキビ面)

これは結果論ですが、こんな僕でも好きになってくれる女性がいます。

 

ちなみに、その彼女は

  • 「私、清潔感ない人は無理だったのに・・・」
  • 「今まで付き合う人はイケメンだったのに・・・」

と言っています。

中には生理的に無理、と突っ撥ねる女性もいると思います。ですが、中には僕の彼女のように、受け入れてくれるようになる女性もいます。

だからこそ

  • 「自分はこんなコンプレックスがあるから・・・」
  • 「自分を好きになってくれる女性なんていないでしょ・・・」

と思わないようにしましょう。

 

そう思っていると、卑屈に見えてしまい、より女性を引き寄せなくなってしまいます!

とは言ったものの、自信はつけたいですよね。

出会うきっかけを作る

彼女を作るには、女性との出会うきっかけを作る必要があります。

女性との出会いのきっかけを作るのは難しいのも事実です。「職場(学校)で、ある女性にアプローチした噂が広まったら・・・」と考えると、尻込みしてしまいます。

そこで、コミュ障が女性と出会うのに最も手軽な方法として「出会いマッチングサイト」を活用する方法があります。

カップルを対象に「恋人とどこで出会ったのか」というアンケートを実施した結果によると、「インターネット」と答えた人が上位にランクインしています。

(引用:アニヴェルセル 総研)

インターネット(マッチングアプリ)を活用して、まずは女性と出会うきっかけを作りましょう。

メンタリストDaigo監修、恋愛婚活マッチ「with」 

コミュ障でも恋愛コミュニケーション能力をつける

女性と出会うきっかけを作れたとしても、彼女にするのには最低限の恋愛でのコミュニケーション能力が求められます。

ここでの恋愛におけるコミュニケーション能力で特に大切なのは以下の2点です。

  1. デートの断られない誘い方
  2. 相手を楽しませるヒアリング力

①デートの断られない誘い方

  1. 今後ご飯にいきませんか?
  2. 美味しいイタリアンと韓国料理屋を見つけたのですが、もしよければ一緒にどうですか?

①の場合だと、「行く」か「行かないか」の二択になってしまうため、断られる可能性が50%あります。

ですが、②の場合だと「イタリアン」か「韓国料理」なのでどちらを選択しても、デートに取り付けられます!

 

また、ここで、さらに2つの裏技を使うと、断られる可能性がかなり減ります。

  • 事前に好きなものをリサーチ
  • 相手に言い訳を作ってあげる

 

好きなものを事前にリサーチしておくことで、かなり興味を引くことができます。美味しいものにありつけるなら行く!という女子は意外に多いです(僕の彼女もそうでしたw)

そして「誘われたから仕方なく・・・」というように、相手に逃げ道を用意してあげましょう。そうすることで誘いに乗ってくれる可能性がグッと高まります!

ぼくは「○○に行きたいんだけど、一人では行けなくて!○○さん、イタリアン好きだったよね?!」と冗談っぽく、面白おかしく言っていました。

見栄を張りたがりだったため、これを言うのには抵抗がありましたが「しょうがないな〜」と言って了承してくれる率が高かったのでおすすめです。

ただ、逃げ道を作るのは少し難易度が高いわざなので状況をみて使ってください。

②相手を楽しませるヒアリング力

コミュ障男子は女子を楽しませることができないから、付き合う価値がないと思われると考えています。

というのも、自分がまさにそうだったわけですが、楽しませないと付き合えないということは一切ありません。

彼女が自分で話してる楽しかったこと(思い出)を自分で思い出して楽しくなっていても、目の前にいる僕と話してて楽しいと認識する。

 

つまり、僕自身は面白い話をすることなく、相手を楽しませることができていました。

これは裏技なので悪用しないでください!

まとめ

今回は「コミュ障男子が彼女を作る3ステップ」を紹介しました!

恋人を作りたいけど、「コミュ障で彼女ができない・・・」と悩んでいる方は、ここで紹介した彼女を作るステップや恋愛コミュニケーション術を参考にしてみてください。