サルくん
ああー!マイル貯めるのにどのクレジットカードを選べばいいかわからない!!

 

ぐっちー
クレジットカードってたくさんあるし、人によって使うべきカードが変わるからわからないよね!

この記事でいろいろなクレジットカードを比較してるから、自分にぴったりな一枚を見つけてね!

 

「自分にあったクレジットカードを見つけたいけど、たくさんありすぎてどこがいいのかわからない」こんな悩みを抱えていませんか?

 

今や世の中にどれだけの種類のクレジットカードがあるかわからないくらい、クレジットカードはたくさんありますよね!

 

ぼく自身もマイルを貯め始める前は「マイルを貯めるには、結局どのクレジットカードが良いんだろう!?」と悩みながらひたすら色んなサイトを見て周りました。

 

この記事ではそんなぼくと同じような悩みを持ったあなたに向けて、とにかくたくさんありすぎるクレジットカードを調べて比較してみました!

 

目次

そもそもマイルとは?どういうものなの?!

 

マイルとは航空各社が顧客を囲うために行っているサービスで、簡単に言うとTポイントカードなどのポイントカードのようなものです。

 

飛行機に乗ったり、クレジットカード決済することでポイント(マイル)が貯まり、ある一定のポイント(マイル)が貯まったら特典と交換するという感じです。

 

貯めたマイルは航空券にしたり、座席クラスのアップグレードにしたりなどに使うことができます!

 

1マイルあたりの価値はどのくらい?

マイルの価値ってどのくらいあるの!?という疑問を持つ方が多くいます。たとえば楽天市場だと「1楽天ポイント=1円」の価値になりますが、これがマイルだとどうなるのでしょうか?

 

じつはマイルの価値は変動します!

 

1マイルの価値|電子マネーとして使った場合

マイルは提携している電子マネーに交換することができます。たとえばANAマイルであれば「10,000マイルを10,000円分のスターバックスカード」に交換することができます。

 

交換するものによりますが、電子マネーとして使う場合は「1マイル=1円」の価値になります。スターバックスカードのポイント以外にも、マイルをさまざまなポイントにできます。

 

  • 楽天Edy
  • 楽天ポイント
  • Tポイント
  • nanacoポイント

 

などを始め、20種類以上の電子マネーにできます。

1マイルの価値|特典航空券として使った場合

マイルを何に交換するかは人それぞれですが、1番お得なマイルの使い方は「特典航空券」です。「中部国際空港〜沖縄」の往復で1マイルの価値を計算してみました。

 

  • 往路:2017年12月5日
  • 復路:2017年12月11日
  • 座席:エコノミークラス

 

普通に航空券を取ろうとすると「92,220円」かかります。ですが全く同じ便で調べると「14,000マイル」で航空券を取ることができます。

 

92,220円÷14,400マイル=6.58円/マイル

 

特典航空券にした場合の1マイルの価値は6.58円になりました。ちなみに今回は「エコノミークラス」でしたが、これが「ビジネスクラス」や「ファーストクラス」になると1マイルの価値はもっとあがります。

 

サルくん
1マイルの価値って変動するんだね!

 

ぐっちー
そうだよ!乗る飛行機によって毎回変わるよ!

 

マイルの価値は飛行機によって変わりますが、マイルを特典航空券にした場合はほとんどが1マイルあたり1円以上の価値になりますので、1番お得なマイルの使い方としては特典航空券になります!

マイルはどうやって貯めるの?

マイルを貯める方法①|飛行機に乗って貯める

飛行機に乗ることでマイルを貯められるのですが、じつは週1の頻度で飛行機に乗るような人ですら厳しいのが現実です。

 

たとえば毎週東京〜北海道を月2回で往復するような人だとしても1年間で貯まるマイルでは50,000マイルほどで、ハワイ1往復分くらいが限界です。

 

サルくん
飛行機だと全然マイル貯まらないんだ!

 

月2回も飛行機に乗る人ですらこのくらいのマイルしか貯まらないことを考えると飛行機に頻繁に乗らない一般人には飛行機でANAマイルを貯めるのが現実的ではないことが納得のはずです。

 

しかしマイルを貯められるようになって飛行機に乗る機会が増え、さらには海外にも行くようになったときには、飛行機に足しになるのでいずれは知識をつけるのをおすすめします。

 

ぐっちー
頻繁に飛行機に乗る人におすすめな、マイルが貯まりやすいクレジットカードもあるのでご紹介しています!

 

サルくん
人によってマイルが貯まりやすいクレジットカードは違うんだね!全部知ろうと思ったら本当に大変だね!

マイルを貯める方法②|クレジットカード決済で貯める

この記事で詳しく説明していくクレジットカード決済でマイルを貯める方法です。

 

サルくん
クレジットカードで決済してもマイルは貯まらないけど、どういう仕組みになってるの?

 

ぐっちー
クレジットカード決済で貯めたポイントをマイルに交換するんだよ!

 

クレジットカードで支払いをすると、そのクレジットカード会社のポイントがつきます。たとえば楽天カードなら楽天ポイントが、TカードならTポイントがつきます。

 

このようにクレジットカード支払いによって貯まったポイントをマイルに変えることで、マイルを貯めることができます。

※楽天ポイントの場合だと2楽天ポイントを1マイルに交換することができる

 

 

つまり効率よくクレジットカード会社のポイントを貯めることで、マイルをたくさん貯めることができるのです!

 

1マイルの価値は先ほど説明した通り、1マイルの価値は5円とかになるので、クレジットカード会社のポイントを電子マネーとして使うよりも、マイルとして使った方がかなりお得になります。

 

ぐっちー
普段の支払いを現金からクレジットカードに変えるだけでマイルが貯まるから超おすすめだよ!

 

クレジットカードでマイルを貯めるメリットは「普段の支払い方法を変えるだけ」でマイルが貯まる点です。

 

逆に言うと、もらえるポイントをみすみす逃しているのと同じなので、マイルをがっつり貯めようと思っていなくても、ぜひ取り組んだ方がよいと言えます。

 

サルくん
えー!そんな簡単にマイルを貯めることができるんだね!支払いを変えるのは早速実践したい!

マイルを貯める方法③|ポイントサイトを使って貯める

ぐっちー
陸マイラーって聞いたことある?

 

サルくん
う〜ん...聞いたことあるような、ないような。

 

一般的にはマイルは飛行機に乗って貯めるものという常識ですが、中には飛行機に乗らずにマイルを貯めるのが常識な人もいます。

 

飛行機に乗ることなくマイルを貯めている人のことを陸マイラーといいます。陸マイラーが主にマイルを貯める方法として使っているのがポイントサイトの活用です。

 

ポイントサイトとはお小遣い稼ぎのサイトのようなもので、クレジットカードの発行やFX口座開設&取引や無料の保険相談などの案件を取り組むことでポイントをもらい、そのポイントをマイルに変えています。

 

ちなみに数あるポイントサイトの中でも陸マイラーは主にハピタスを活用しています。

 

 

 

上の図のように、ポイントサイト(ハピタス)で得たポイントをマイルに変えることで、特典航空券を獲得してお得に旅行に行っているのです。

 

サルくん
マイルの貯め方だけでも、いろいろな方法があるんだね!

複雑だけど整理できてきたよ!

 

ぐっちー
最初は難しいから少しずつ理解していけばOKだよ!

では今からクレジットカードでマイルを貯める方法を説明していくね!

クレジットカードでマイルを貯める方法

マイルを貯める方法としては

 

  • 飛行機に乗って貯める方法
  • ポイントサイトを使って貯める方法
  • クレジットカード決済で貯める方法

 

があると説明しました。

 

そこで「クレジットカードで貯める方法」をより詳しく見ていきます。

飛行機に乗ったときに効率よくマイルが貯まるクレジットカード

飛行機に乗ると「フライトマイル」というマイルが貯まります。

 

飛行機に頻繁に乗ったり、よく長距離飛行の旅行に行く人はフライトマイルをたくさん貯められるので、結果として特典航空券を取得して無料で飛行機に乗れるようになります。

 

その「フライトマイル」ですが、ある特定のクレジットカードを保有しておくだけで、通常より25%増しでフライトマイルを貯めることができるのです(搭乗ボーナスマイル)

 

少し例をあげておきます。

 

 

ちなみにANA VISAプラチナカードは50%増しと、かなりすごいのですが、年会費が80,000円するクレジットカードなので現実的ではありません。

 

このように飛行機でマイルを貯めるのにもクレジットカードを持つことで、効率よくたくさんマイルを貯めることができます。

 

 

▼ボーナルマイルがあるおすすめのクレジットカード

 

普段の支払いをクレジットカード払いにしてマイル貯める

普段の買い物などの支払いをクレジットカード支払いにしてマイルを貯めるのが「クレジットカードでマイルを貯める方法」の一番王道です。

 

クレジットカードでマイルを貯める、というのがこの方法という認識にしておいてください。

 

クレジットカード支払いでマイルが貯まる仕組み

 

サルくん
どういう仕組みでクレジットカード支払いからマイルが貯まるの?!

 

ぐっちー
クレジットカード決済で貯めたポイントをマイルに交換するんだよ!

 

クレジットカードで支払いをすると、そのクレジットカード会社のポイントがつきます。たとえば楽天カードなら楽天ポイントが、TカードならTポイントがつきます。

 

このようにクレジットカード支払いによって貯まったポイントをマイルに変えることで、マイルを貯めることができます。

 

クレジットカードでマイルを貯めるには「還元率」に着目

クレジットカードにはそれぞれ特徴があるため、マイルがすごく貯まるカードもあれば、マイルが全然貯まらないカードがあります。

 

たとえば、楽天カードとANA・アメリカンエキスプレス・カードを比較すると、マイルの貯まりやすさには2倍の差があります。

 

そのマイルの貯まりやすさに関係するのが「還元率」です。

 

ぐっちー
クレジットカードでの100円の支払いでどのくらいマイルが貯まるか?というのが還元率だよ!

たとえば100円で1マイル貯まるなら還元率は1%となるよ!

 

一般的に05%あたりが普通で、還元率が1%だと良い、2%あるとかなり良い、というイメージです。

 

クレジットカードでマイルを貯める時には「有効期限」にも注意!

クレジットカード支払いでマイルを貯めるのは、ある程度の時間がかかります。貯めてる最中で有効期限がきてしまって消滅してしまう、というのは残念ながら頻繁に起こっているそうです。

 

なので「有効期限」には注意を払う必要があります。クレジットカードによってはマイルを有効期限気にせずに貯められるものがあります。

 

たとえばANA・アメリカンエキスプレス・カードはポイントの有効期限がなく、さらに還元率も良いので、おすすめです。

 

サルくん
マイルを貯めるクレジットカード選びはかなり大変なんだね...

 

ぐっちー
その通りだね!だからこの記事ではおすすめを紹介しているよ!

公共料金や税金の支払いをクレジットカード払いにしてマイルを貯める

サルくん
公共料金とか税金でもマイルを貯められるって聞いたけど本当?!

 

ぐっちー
うん、クレジットカードを活用することで公共料金でもマイルを貯めることができるよ!

 

マイルを貯めようと考えたときに、ぜひ見直して欲しいのが光熱費の支払いです。

 

1世帯の1ヶ月あたちの光熱費(電気・水道・ガス)を合わせると平均15,000~20,000円ほど使うのではないでしょうか?時期によっては30,000~40,000円ほど支払っていることもあるはずです。

 

年間で見てみると

 

  • 月15,000円の場合→年間180,000円
  • 月30,000円の場合→年間360,000円

 

と結構な金額になります。

 

これをもし還元率1%(100円の支払いで1マイル)のクレジットカード支払いにしたら、月30,000円の場合→年間3,600マイルを手にすることができます。

 

1マイルの価値は変動しますが、もし特典航空券として使った場合は1マイルが5円以上の価値になり得ますので、それだけでも18,000円分のマイルを貯められることになります。

 

光熱費を現金や銀行引き落としにしていても、ポイントなどは基本的につかないので、光熱費の支払いはクレジットカード支払いにしてマイルを貯めることをおすすめします!

 

サルくん
光熱費をそういう形で節約できるなんて考えてもみなかった!

 

ぐっちー
そうだよね!手続きも簡単だからサクサクと登録して楽にマイルを貯めてね

あなたの公共料金はクレジットカード払いできる?地域別での決まりを確認!

公共料金や税金のクレジットカード支払いは都道府県などによって若干制度が違います。たとえばA県はJCB・VISAを使えるけど、B県はAMEXだけ、という感じです。

 

自分自身の住んでいる場所が可能かどうか、以下の表でご確認ください。

 

まずは電力会社です。

 

電力会社 JCB VISA AMEX
北海道電力 ×
東北電力
東京電力
中部電力
北陸電力
関西電力
中国電力
四国電力 ×
九州電力
沖縄電力

 

続いてガス会社です。

 

ガス会社 JCB VISA AMEX
KITAGAS ×
仙台市ガス局 × ×
北陸ガス × ×
新日本ガス株式会社 × ×
東彩ガス
CHIBA GAS ×
京葉ガス
OTAKI GAS ×
TOKYO GAS
東方ガス
DIAWA GAS ×
河内長野ガス ×
広島ガス
山口合同 × ×
四国ガス ×
西部ガス ×
九州ガス
日本ガス ×
宮崎ガス × ×
ひまわりガス × ×
OBBLI × ×
Enelife × ×
大阪瓦斯LPG × ×
四国ガス燃料 × ×
宮崎液化ガス株式会社 × ×

 

続いて水道局です。

 

水道局 JCB VISA AMEX
札幌市水道局 ×
東京都水道局
多摩地区都営水道 ×
武蔵野市
甲府市上下水道局 × ×
浜松市 × ×
笠松町 × ×
大津市企業局 × ×
玉城町 × ×
尾鷲市 × ×
桑名市上下水道局 × ×
京都市上下水道局 × ×
大阪市水道局 × ×
神戸市水道局 ×
猪名川町 × ×
尼崎市水道局 ×
三次市 × ×
福岡市水道局 × ×
福岡市道路水道局 × ×
長崎市上下水道局 ×

 

こちらは2018年1月現在のものです。

 

ここに乗っていない電力会社・ガス会社・水道局などはクレジットカード支払いに対応していませんが、規約改定などによりクレジットカード支払い対応になっている可能性もあるので、ぜひ各社のホームページなどを見てチェックしてみてください。

 

ぐっちー
各社ホームページで「支払い方法の変更」から変更できるので、ぜひ早速やってみてね!

 

サルくん
わかった!早速やって、マイルを貯めていくね!

【一般人向け】王道かつ最強にマイルが貯まるクレジットカードはANA VISA ワイドゴールドカード

マイルを貯めるのにANA VISAワイドゴールドが良い理由

マイルを貯めるときに重要になってくるのは「マイルへの還元率」です。

 

しかし還元率の良さばかり求めると年会費が10万円を超えてきたり、逆に年会費安いとマイルへの還元率が低くなったりします。

 

そんな中、ANA VISAワイドゴールドはマイルへの還元率が高く、さらに年会費もお手頃なので、一般人がマイルを貯めるのには一番おすすめなのです。

 

ぐっちー
僕はANA VISAワイドゴールドを使ってるよ!

マイル貯まるし、VISAで使い勝手も良いのでお気に入り!

 

サルくん
なるほどー!参考になりますっ!

ANA VISA ワイドゴールドカードのメリットは?還元率は?年会費は?

より踏み込んで説明していきます。

 

ブランド VISA / Master
通常年会費 14,000円
年会費最安値 9,500円
還元率 最大1.72%

最大マイル還元率は1.72%!

一般的に1%あれば還元率が良いと言われる中、ANA VISAワイドゴールドは最大で1.72%です。ですがこの1.72%になるには以下のような条件があります。

 

  • マイ・ペイすリボを使う
  • ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)を保有する
  • 1年に300万円以上クレジットカードを使う

 

最初の2つは誰でもクリアできますが、年間300万円の決済は厳しいかもしれません。ですが、もし年間300万円の決済が出来なくても最初の2つをクリアすれば還元率1.58%になるのでご安心ください。

 

 

ちなみに年間100万円の決済をするだけで東京〜沖縄往復分の特典航空券(無料で乗れるチケット)が手に入るほどのマイルを獲得できます!

 

スマホ・水道光熱費・一部税金などもクレジットカード支払いできるので、ほぼ誰でも年間100万円の決済でしたらクリアできることでしょう!

年会費9,500円でマイル移行手数料は無料

公式ホームページには年会費が14,000円となっていますが実際は9,500円まで落とすことができます。

 

  • マイ・ペイすリボ登録+年1回以上の利用
    →3,500円割引
  • WEB明細登録
    →1,000円割引

 

また、マイルに交換するときに手数料等がかからないので、ANA VISAワイドゴールドでマイルを貯めるのにかかる費用は年間9,500円だけです。

 

ぐっちー
年会費が安くて還元率が良くても、マイル以降手数料で8,000円とか取られるカードもあるよ!

その点ANA VISAワイドゴールドは9,500円ぽっきりなのは嬉しい!

 

サルくん
年会費以外にも気にしないといけないことがあるんだね!

搭乗マイルの還元率が良く、更新時にも2000マイルもらえる

マイルが飛行機に乗ることでもらえるのですが、そのときにANA VISAワイドゴールドですともらえるマイルが通常よりも10%多く、さらにゴールドカード特典で15%増しで、合計25%も通常よりもマイルが貯まります。

 

さらに毎年のカード更新時にもらえるマイルもゴールドカードは2,000マイルあるのも嬉しいポイントです。1マイルの価値は5円以上が相場なので、これだけでも年会費の9,500円をペイできてしまうのがすごいですよね!

ANA VISAワイドゴールドのデメリットは?

強いて言うなら年会費が9,500円かかるところです。

 

マイルを有効活用できれば、毎年自動でもらえる2,000マイルで年会費をペイできるのですが、なかなか飛行機に乗れないなら仕方ないです...!

 

ぐっちー
VISAで使い勝手は良くて、ANAゴールドだから十分ステータス性もあるし、個人的にはデメリットは感じてないよ!

【重要】ANA VISA ワイドゴールドカードをお得に手に入れる方法

クレジットカードは公式サイトなのか、ひとからの紹介なのか、など入会の仕方で入会特典がかなり変わってきます!

 

せっかくだったらお得に入会したほうが良いので、申し込む場合は「ANA VISAワイドゴールドカードのお得な入会方法!新規入会キャンペーンも実施中」を参考にしてみてください!

 

【高所得者向け】限られた人のみが持てる爆発的にマイルが貯まるクレジットカードはANA ダイナースプレミアムカード

ANAダイナースプレミアムおすすめポイントは?

  • ダントツの還元率を誇り、その還元率は2%!
  • ホテル予約や買い物でスペシャルポイントがつき、還元率が9%になることも!

ANAダイナースプレミアムの還元率や料金や付帯サービスは?

  • 還元率:100円=2.0マイル
  • 年会費:130,000円+税
  • マイル移行手数料:無料

 

マイルの移行手数料がかからないものの年会費は13万円+税とかなりお高いです。しかし、還元率2%の状態ですから、1マイル=2円と考えると年間350万円決済すれば年会費もペイできてしまいます

 

還元率2%とダイナースモールという会員限定のショッピングサイトでは還元率9%を叩きだすことから、異常なほどにANAマイルを貯められます!

 

発行するのには条件が厳しいですがそれなりのステータスとお金がある場合はぜひ手にしたい1枚です。

 

 

ぐっちー
これはいつか絶対に持ちたいクレジットカードだよ!

うまく使えば一生飛行機にお金をかけずに旅行に行くこともできるよ!

 

サルくん
そんなマイルが貯められるクレジットカードもあるんだ!
ほしい・・・

【リスクなし】マイルが貯まりやすく、年会費がかからないクレジットカードはエポスカード

エポスカードのおすすめポイントは?

  • 一切お金をかけずにマイルを貯めることができる
  • 海外保険付帯やマルイでの買い物を考えると年会費無料のクレジットカードで1番おすすめ

エポスカードの還元率や料金や付帯サービスなどは?

  • 還元率:100円=0.5マイル
  • 年会費:無料
  • マイル移行手数料:無料

 

入会費・年会費・マイルの移行手数料がかからないので無料でマイルを貯めることができるカードです!

 

タイプ別|マイルが貯まるおすすめのクレジットカード

マイルの貯まりやすさは還元率(100円の支払いあたり何マイル貯まるか?)がものを言います。

 

しかしどのクレジットカードも還元率は一定ではありません。たとえば楽天カードだと「楽天市場」での買い物と「コンビニ」での買い物は還元率が変わります。

 

このように人によって、マイルが貯まりやすいおすすめのクレジットカードは変わってきます。なので自分がどのタイプか見分けて、自分にあったクレジットカードを持ちましょう!

【※重要】サラリーマン・主婦問わず万人におすすめのマイルが貯まるクレジットカード

ここでは紹介する2つのクレジットカードはサラリーマン・主婦など問わず、マイルが貯まりやすいクレジットカードです。

 

  • ANA VISA ワイドゴールド
  • ANAアメリカン・エキスプレス・カード

 

もしもクレジットカード選びで迷ったら、このうちの2枚のうちのどちらかを所有するのがおすすめです。

 

ぐっちー
クレジットカードでマイルを貯めるのには、この2枚のどちらかを持っておけば間違いないよ!

 

2枚のうち、どちらを選ぶかの基準はクレジットカードの使用量によります。

 

  • 年間300万円以上のクレジットカード支払いをする
    →ANA VISA ワイドゴールド
  • 年間300万円未満のクレジットカード支払いをする
    →ANAアメリカン・エキスプレス・カード

 

サルくん
なるほどー!どれを所有したらいいかわかりやすい!

年間で300万円以上決済するならANA VISA ワイドゴールドカードで決まり!

 

  • ブランド
    VISA / Master
  • 通常年会費
    14,000円
  • 年会費最安値
    9,500円
  • 還元率最大
    1.72%

 

その理由は何と言っても「還元率の高さ」にあります!100円の支払いで1.72マイル貯まるので、月30万円の支払いで年間60,000マイルほど貯めることができます。

※年間300万円以内の決済だと還元率1.52%

 

ぐっちー
60,000マイルあればハワイも余裕でいけるよ!

 

サルくん
還元率1.72%の威力ってすごいね!!年イチで無料ハワイは羨ましすぎるね!

 

 

※4月までならお得に入会することができるので、申し込む場合は「ANA VISAワイドゴールドカードのお得な入会方法!新規入会キャンペーンも実施中」を参考にしてみてください!

 

年間で300万円未満の決済ならANAアメリカン・エキスプレス・カードで決まり!

  • ブランド
    AMEX
  • 通常年会費
    7,000円
  • 還元率
    1.00%

 

ANA VISAワイドゴールドカードより還元率が低いですが、一般的に1.00%と還元率はよくて、さらに以下のような特典があります。

 

  • ANAマイルが無期限で貯められる
  • ゴールドカードでないにも関わらず国内28空港のラウンジを利用できて同伴1名まで無料
  • 海外旅行保険が3000万円とかなり充実しており家族特典もあり

 

年間300万円以内の決済だと、正直爆発的にマイルを貯めることができません。

 

そうなるとマイル自体の有効期限で航空券を獲得する前にマイルが消滅してしまうこともあるので「ANAマイルが無期限で貯められる」という特典はかなりアドバンテージになります。

 

さらにマイルが貯まりやすいクレジットカードの中で、かなりクレジットカード特典が充実しているので、年間300万円以内の決済でしたらANAアメリカン・エキスプレス・カードでマイルを貯めましょう。

 

※4月2日までの申し込みで最大30,000マイル相当のポイントを獲得できます

出張族・飛行機に頻繁に乗る人向けのマイルが貯まるクレジットカード

出張を頻繁にしたり、飛行機によく乗る場合は「搭乗ボーナスマイル」をもらうことで、かなりマイルを貯めることが可能となります。

 

搭乗ボーナスマイルをもらえるカードは10枚ほどあります。その中でも、搭乗ボーナスマイルの還元率が良く、さらに他の特典だったり、コスパだったりを考慮しておすすめのクレジットカードを2枚説明します。

 

最大還元率3%で搭乗ボーナスマイル25%のANAアメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

  • ブランド
    AMEX
  • 通常年会費
    31,000円
  • 還元率
    最大3%(通常1%)
  • 搭乗ボーナス
    25%

 

1番おすすめなのはANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードです。

 

還元率は通常時が1%と一般的に良く、さらにANAの航空券を購入するときに還元率を3%にすることができます。

 

ANAグループの航空券を購入するとポイントが通常の2倍の「100円=2ポイント」になり、さらに「ANAカードマイルプラス」対象商品であるため100円につき1マイルが自動的にANAマイレージクラブの口座に積算されるために、ANAグループの航空券を購入するときの還元率が3%になるのです。

 

よく飛行機に乗る場合で、最大限にマイルを貯めたい場合は、ぜひANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードでマイルを貯めてみてください。

 

 

年会費を抑えてボーナルマイルを貯めたいならANAアメリカン・エキスプレス・カード

  • ブランド
    AMEX
  • 通常年会費
    7,000円
  • 還元率
    最大2.5%(通常1%)
  • 搭乗ボーナス
    10%

 

ANAアメリカン・エキスプレス・カードはANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのノーマル版です。

 

このカードでANAグループの航空券を購入した場合、ポイントが通常の1.5倍である「100円=1.5ポイント」になり、さらに、「ANAカードマイルプラス」の対象商品であるため、100円につき1マイルが自動的にANAマイレージクラブの口座に積算されるために、ANAグループの航空券を購入するときの還元率が2.5%になるのです。

 

クレジットカードの年会費を抑えつつ効率的に飛行機搭乗でのマイルを貯めたいなら、ANAアメリカン・エキスプレス・カードがおすすめです。

学生向けのマイルが貯まるクレジットカード

学生さんにおすすめのマイルが貯まるクレジットカードは2種類ご紹介します。

 

一切お金をかけたくないならエポスカード、投資的にお金を出して良いならANA・アメリカンエキスプレス・カードがおすすめです。

 

ちなみにこの2枚よりもマイルが貯まりやすいクレジットカードはあります。ですが年会費の問題などを考えて選びました。

お金をかけずにマイルを貯めたいならエポスカード一択!

 

  • ブランド
    VISA
  • 通常年会費
    無料
  • 還元率
    0.5%(1.0%にすることが可能)

 

エポスカードの魅力な点は年会費無料で持てる点です。なので学生でも安心して保有することができます。

 

さらに空港ラウンジが使用できたり海外旅行保険がついているのも魅力的です。還元率は0.5%と低いですが、年間50万円以上クレジットカード決済をしたらゴールドカードへ招待され、年会費永年無料でゴールドカードが持てます。

 

エポスゴールドカードなら最大で還元率を2%にできるので、年会費が無料のクレジットカードの中では最強にマイルを貯めやすいカードです。

 

 

ぐっちー
学生の方で無料でマイルを貯めたいなら迷わずエポスカードでもOKだよ!

 

サルくん
なるほどね!がっつり貯めたいからANAアメリカン・エキスプレス・カードのことも知りたい!

少し年会費がかかっても今後マイルをしっかり貯めたいならANAアメリカン・エキスプレス・カード!

  • ブランド
    AMEX
  • 通常年会費
    7,000円
  • 還元率
    1.00%

 

エポスカードと比べて年会費は7,000円かかってくるものの、還元率が1.00%とエポスカードの2倍マイルが貯まりやすくなっています。

 

さらに学生はあまりお金を使えないために、マイルの有効期限の問題でマイルを消滅させてしまうことがありますが、ANAアメリカン・エキスプレス・カードならANAの有効期限がないので、安心してマイルを貯めることができます。

 

還元率が1%という点とマイルの有効期限がないという点の他にも

 

  • ANAマイルが無期限で貯められる
  • ゴールドカードでないにも関わらず国内28空港のラウンジを利用できて同伴1名まで無料
  • 海外旅行保険が3000万円とかなり充実しており家族特典もあり

 

など特典が充実しているので、旅行もより楽しくすることができます。さらにこれらの特典で年会費の7,000円以上の価値があるので、使いようによっては無料になります。

 

ぐっちー
年会費がかかるけど、特典でそれ以上の得ができるから、投資的な意味でいえばかなりおすすめだよ!

 

※4月2日までの申し込みで最大30,000マイル相当のポイントを獲得できます

 

まとめ:クレジットカードでマイルを貯めてお得に!

以上、タイプ別のマイルが貯まりやすいおすすめクレジットカードの説明でした!

 

自分にあったクレジットカードを見つけるのは大変です。ですがそれでマイルを得られる機会を損失してしまうのはもったいないことです。

 

マイルを貯めるためのクレジットカード選びで迷っている場合も、ぜひこれを機に作ってみてはいかがでしょうか?

 

 

おすすめの記事