【毎年タダでハワイへ】マイルを貯める5つステップ

アメックスゴールドを徹底分析!お得な申し込み方法やメリット・デメリットまで総まとめ

万人の憧れのクレジットカードであるアメリカン・エキスプレス・ゴールドカード(以下、アメックスゴールド)

とてもトクすることができる特典がついており、さらに社会的ステータスまでも手に入れることができるのがアメックスゴールドの最大の魅力です。

そんなアメックスゴールドの特徴・魅力的な特典・メリットとデメリット・お得な申し込み方法まで説明します!

詳細はこちら(公式サイトへ)




そもそもアメックスゴールドカードって?

まずはアメックスゴールドカードの概要などを説明していきます。

その前にアメックスって何のこと?

アメックスは「アメリカン・エキスプレス」の略で、トラベラーズチェックとクレジットカードの発行元であるアメリカ合衆国の企業です

アメックスは日本人にあまり馴染みがないと思います。簡単に言うとVISAやJCBと同じような国際ブランドの企業です。そのアメックスが発行しているクレジットカードが「アメリカン・エキスプレス・カード」です。

国際ブランドとは24時間世界中どこでも利用可能な決済システムを提供している会社のこと。

上記で述べた5大国際ブランド(VISA・ MasterCard・JCB・AmericanExpress・Diners Club)の他、中国銀聯(ちゅうごくぎんれん)、Discoverの2社を加えて全部で7社ある。

引用:大人のクレジットカード

アメックスが独自に発行しているカードは4種類

アメリカン・エキスプレス・カードには4種類あります。

  • アメリカン・エキスプレス・カード(通称アメックス・グリーン)
  • アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード(通称アメックス・ゴールド)
  • アメリカン・エキスプレス・プラチナカード(通称アメックスプラチナ)
  • アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード(通称アメックスブラック)

これ以外にも「セゾンアメックスゴールドカード」とか聞いたことがあるかと思います。そういうカードはアメックスとセゾンが提携して発行しているクレジットカードです

アメックスやJCBやVISAのようなクレジットカードの国際ブランドが独自で発行しているクレジットカードをプロパーカードと呼び、それ以外のカードを提携カードと呼びます。

つまり、アメックスゴールドカードはプロパーカードで、セゾンアメックスゴールドカードは提携カードです。

※この記事ではプロパーカードであるアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードの説明です

アメックスゴールドのメリット・デメリット

では気になるアメックスのメリット・デメリットを説明します。

クレジットカードを選ぶ基準は自分のライフスタイル

クレジットカードにはそれぞれ特徴があります。お得に買い物ができるカード、旅行に向いているカード、マイルが貯まりやすいカードなど千差万別です。

なのでクレジットカードを選ぶときは自分自身のライフスタイルが基準になります。ぜひ自分自身のライフスタイルを思い浮かべつつ、アメックスゴールドのメリット・デメリットに目を通してみてください。

アメックスゴールドカードのメリットは豪華すぎる7大特典

クレジットカードには様々な特典があります。アメックスゴールドにも魅力的な特典がありますが、その中から7つ厳選してご紹介します。

▼アメックスゴールドの7大特典

  1. お食事代が一人無料「ゴールドダイニング by招待日和」
  2. 空港ラウンジでくつろげる「プライオリティパス」
  3. 海外に行くときも安心できる「旅行損害保険」
  4. 飛行機が遅れても安心な「航空遅延費用補償」
  5. ホテル予約が常に8%オフ「Expediaの会員特典」
  6. 手厚いサービスが家族も受けられる「家族カード無料制度」

ざっくり言うと

  • 年イチで飛行機を使った旅行に行く人
  • 海外旅行が好きな人
  • 出張などホテルに泊まる機会が多い人
  • ちょっといいお店でディナーをする人

にはおすすめな特典となっています。

アメックスゴールドの魅力①お食事代が一人無料「ゴールドダイニング by招待日和」

ゴールドダイニングはアメックスが提携している国内外約200店舗のレストランにて、所定のコースメニューを1名様以上で利用すると1名分のコース料理代が無料となるサービスです。

なので、いわば、5割引で美味しいお食事ができてしまうわけです。中には『ゴチ』でも取り上げられたレストランがあるそうです。

しかも提携しているレストランが200店舗なので、主要都市にはかなり行くお店があります。ただし、地方には提携しているレストランが少ない可能性があるので注意が必要です。

アメックスゴールドの魅力②空港ラウンジでくつろげる「プライオリティパス」

プライオリティパスとは世界1,000以上の空港ラウンジを使えるようになるカードです。

本来だと最低でも年間で10,000円以上かかるプライオリティパスですが、アメックスゴールドを所有することで無料でスタンダード会員になることができます。

正規でプライオリティ・パス(スタンダード会員)を作ろうとすると、年会費99ドル+1 回毎に利用料27ドルかかります。がアメックスゴールドカード保有者は年会費無料、そして利用料2回まで無料になります。

つまり153ドル分(約17,000円分)がトクをすることができるようになるわけです。

僕は空港のラウンジをよく使っているので、飛行機に乗る前、乗り換えのときにのんびりと、無料で、ビールを飲みながらご飯を食べています。

アメックスゴールドの魅力③海外に行くときも安心できる「旅行損害保険」

ご覧の通り、補償がかなり充実しています。僕はタイで緊急入院したのですが、アメックスゴールドに電話するだけで、病院を紹介してくれてお金を1円も払うことなく入院できました。

ちなみに病院側も入院費がアメックス負担とわかったのか、シャワー付きの個室で、1泊15万円でした。これを負担してもらえたのはラッキーすぎました!

アメックスゴールドの保険は自動付帯といって、アメックスゴールドカードを保有しているだけで勝手に適応される保険なので安心です。

アメックスゴールドの魅力⑤飛行機が遅れても安心「航空遅延費用補償」

簡潔に言うと、飛行機が4時間以上遅延するとご飯代として2万円支給してくれる補償です。

飛行機が遅れたとしても、アメックスゴールドカードの特典のプライオリティパスを使って空港ラウンジでのんびりできますし、もし夜遅かったら、その2万円で空港近くのホテルに滞在すればOKなので、遅延しても安心できます。
※実際はそのときにアメックスゴールドカードのサポートデスクに電話し、状況を伝えた上で支給額等は決まるのでご注意ください

アメックスゴールドの魅力⑥ホテル予約が常に8%オフ「Expediaの会員特典」

アメックスゴールドの会員になると常にホテルが8%オフになるのはかなり大きいです。エクスペディアは通常時でも楽天トラベルとかに比べてかなり安いので、かなりお得にホテルに宿泊できることになります。

あくまでうわさ話ですが、アメックスゴールドカードだとホテルの部屋のグレードアップがあるそうです。

僕は実際に受けたことがないので何とも言えませんが、8%オフになってさらにグレードアップしたとしたら半端ないですね!

アメックスゴールドの魅力⑦手厚いサービスが家族も受けられる「家族カード無料制度」

ここまで挙げたアメックスゴールドカードの特典を家族もう一人が享受できます。

通常、クレジットカードは家族カードを持とうとすると少なからず年会費がかかりますが、アメックスゴールドカードは無料と、超太っ腹です。

アメックスゴールドカードのデメリット

ここまで良いこと尽くしのアメックスゴールドですが、デメリットもあるのでに説明していきます。

▼アメックスゴールドのデメリット

  1. 年会費が高い
  2. 使い勝手がよくない

アメックスゴールドのデメリット①年会費が高い

アメックスゴールドの年会費は29,000円+税で約31,000円です。

僕の場合は今ではアメックスゴールドのおかげで年間30万円以上の得をしているのでたった3万円くらいOK!という感じではありますが、やはり最初は大きな壁に感じました。

空港ラウンジを使う、ゴールドダイニングを使う、ホテルによく泊まる、という場合は3万円以上の恩恵があるので投資的に保有することをおすすめします。

ちなみにアメックスゴールドの初年度年会費を無料にする方法があるので、まずはお試しで持ってみるのもありです

>>アメックスゴールドの初年度年会費を無料にする方法

※当記事内で移動

普通に公式サイト等から申し込むと必ず初年度から年会費がかかってきます。もしも初年度の年会費を無料にしたい場合は確認してみてください。

アメックスゴールドのデメリット②使い勝手が悪い

たまにお店自体がクレジットカード決済でアメックスが対応しておらずカードを使えないということがあります。

やはりVISAやMASTERにはどうしても劣る部分です。



アメックスゴールドカードの審査は厳しい?年収は?勤続年数は?

アメックスゴールドがほしい!となっても気になるのは「審査に通るかどうか」ですよね。

アメックスゴールドの審査基準は以下の通りに定められています。

アメリカン・エキスプレスカードの審査基準はグリーンが「20歳以上、勤続3年以上、年収300万円以上」ゴールド・カードが「25歳以上、勤続5年以上、年収400~500万円程度」

これがアメックスの公表している基準です。ですが、僕は「23歳、勤続年数1年、年収300万」で審査を通過できました。

これはJCBに勤めている方に聞いたのですが、今アメックスはユーザーを増やすために一時的に審査をゆるくしているみたいです。

もしいずれアメックスゴールドを保有しようと思っている場合は、審査が厳しくなる前の今のうちに申し込んだほうが良さそうです。

また、審査についての補足ですが、アメックス・カードの場合、収入に関する基準が世界共通になっているので、日本の大企業で働いている人であれば比較的手に入れやすいという理屈です。

兎にも角にも、あくまで基準なので、審査を重く受け止めずにとりあえず申請してみるくらいのスタンスが良いですね!

アメックスゴールドカードの申し込み方は4通り

アメックスゴールドの申し込み方として以下の4つがあります。

  • そのまま公式サイトで申し込む
  • ポイントサイトを経由して申し込む
  • Amazonを経由して申し込む
  • 保有者からの紹介で申し込む

それぞれメリット・デメリットがあるので細かく説明します。

①そのまま公式サイトでアメックスカードに申し込む場合

そのままアメックスゴールドの公式サイトで申し込む場合だと最大で30,000ポイント獲得できます!

  • 入会後1ヶ月以内に、初めての利用で 3,000ポイント
  • 入会後3ヶ月以内に、合計30万円の利用で 10,000ポイント
  • 入会後6ヶ月以内に、合計60万円の利用で 11,000ポイント
  • 60万円の利用時に、通常ポイントが6,000ポイント

ちなみにマイルに換算すると30,000マイルなので約東京〜沖縄2往復分に相当します。ですが公式サイトより直接の申し込みだと初年度から年会費31,000円がかかるのがネックです。

②ポイントサイトを経由してアメックスカードに申し込む場合

続いてハピタスのようなポイントサイトを経由する場合です。2018年1月現在、ハピタスにアメックスゴールドの紹介案件がなかったので、ちょびリッチというサイトの場合をご紹介します。

ちょびリッチを通じてアメックスゴールドカードの申し込みをすると、4,000ポイント(2,000円相当)のポイントがつきます。

これにプラスして、先ほど説明した公式サイトでの登録の特典が加わるので、普通に公式サイトで申し込むよりかはお得なのがわかりますよね。

③Amazonを経由してアメックスカードに申し込む場合

Amazonを経由すると、公式サイトで直接申し込む場合と違う部分が多々出てきます。

まず特典は以下の2つです。

  • 初年度年会費が無料
  • Amazonギフト券15,000円分
    ※入会後3ヶ月以内に30万円決済

ここで公式サイト申し込んだ場合を復習します。

  • 初年度年会費が29,000円
  • 最大30,000円相当のポイント
    ※入会後6ヶ月以内に60万円決済
    ※入会後3ヶ月以内に30万円決済

ここまででは、人によってどちらがお得か?というのは変わってきます。最後の「紹介でアメックスゴールドに申し込んだ場合」を説明してから比較していきます。

④既存ユーザーからの紹介でアメックスカードに申し込んだ場合

では最後に紹介でアメックスゴールドカードに申し込んだ場合です!

特典は以下の4つです。

  • 初年度年会費無料
  • 入会後3ヶ月以内に、合計10万円の利用で 10,000ポイント
  • 入会後3ヶ月以内に、合計30万円の利用で 20,000ポイント
  • 30万円決済で、通常ポイント3,000ポイント

アメックスゴールドの申し込みで一番お得なのは…?!

4つの申し込み方法をまとめます。

初年度年会費 最大でもらえるポイント
公式サイト 29,000円 30,000ポイント
ポイントサイト 29,000円 30,000ポイント
+4,000ポイント(ちょびリッチ)
Amazon なし Amazonギフト券1.5万円分
紹介 なし 23,000ポイント

では、どんな方にどの申し込みがお得か分けていきます。

できる限り安くアメックスゴールドを発行したい場合

できる限り安く済ませるには「Amazon」と「紹介」が候補に上がります。

Amazonの1.5万円とAMEXポイント20,000ポイントですが、マイルとしてポイントを使えるのであれば断然「紹介」がお得です。

AMEXポイント23,000ポイントは23,000ANAマイルに変えられるので、東京〜那覇の航空券(最低で14,000マイル)になります。

ANAで正規の航空券を取ろうとすると安くても40,000円は超えるので、航空券にしたい場合は紹介がおすすめです!

直近で電子マネーが欲しい場合は、使い道が制限されるものの、Amazonがおすすめです。

もし知り合いでアメックスゴールドを持っている人がいない場合は僕が紹介することも可能です。アメックスゴールドの規約上、ブログで直接の紹介ができないので、問い合わせをしていただけたら、紹介用の登録リンクをお送りします。

とにかくアメックスのポイントが欲しい場合

この場合はちょびリッチやハピタスなどのポイントサイトを通じての申し込みが一番おすすめです。時期によって案件があるかわからないので、実際に見てみてください。

2,000円分だけなら、登録とか面倒だしいいや〜という場合は直接お申し込みでも良いと思います。

>>詳細はこちら(公式サイトへ)

まとめ:アメックスゴールドカードはやっぱりおすすめ

僕はアメックスゴールドのおかげでかなり心も生活も豊かになりました。

特にディナーと旅行の面です。

僕のようにアメックスゴールドを持つことでかなりお得になりそうという場合はぜひ所有してみてはいかがでしょうか?

追記:アメックスゴールドを2年間使ってみた感想

この記事で年間30万円ほど得をしているとお伝えしていますが、2年連続で30万円ほど得をしました。

この2年間で特に大きかったのが以下の4点です。

▼アメックスゴールドの恩恵

  • 通常$157のプライオリティパスを手に入れた(2万円)
  • タイで診療費がタダになった(15万円)
  • ゴールドダイニングで半額でディナーを食べた(4万円)
  • 貯まったマイルで沖縄旅行に行った(9万円)

※カッコ内は浮いたお金

軽く挙げただけでもこれだけあります。アメックスゴールドカードは作っておいても損はないですし、下手すると作らないことこそ損とも言えます。

ぜひアメックスゴールドカードを手に入れてみてください。