【毎年タダでハワイへ】マイルを貯める5つステップ

【2018年最新版】ハピタスで貯めたポイントをANAマイルに交換する方法

ハピタスで貯めたポイントをマイルにするまでの流れがよくわからない…!

ハピタスポイントは直接ANAマイルに交換することができず、色々なポイントに交換しつつANAマイルに交換します。

その交換のルートがわかりづらいため、当記事ではその流れを解説します!交換に必要なサイトやクレジットカードなどもまとめましたのでご活用ください^ ^





【結論】ハピタスポイントをもっとも効率よくANAマイルに交換するルート

早速ですがハピタスのポイントをANAマイルにするためのもっとも効率の良い交換ルートをご紹介します!

ハピタスについては以下の記事をご覧ください。

ハピタスで大量のマイルを貯める裏技【目指せ毎年タダでハワイ旅行】

ちなみに以下の交換ルートを使うと、ハピタスで獲得したポイントの81%がANAマイルになります。

  • SETP1
    ハピタス

    ハピタスのポイントをPeXのポイントに交換します。ハピタスのポイント20,000ポイントにつき、PeXのポイント200,000ポイントになります。

  • STEP2
    PeXポイント

    PeXのポイントをワールドプレゼントポイントに交換します。PeXのポイント200,000ポイントにつき、ワールドプレゼントポイント4,000ポイントになります。

  • STEP3
    ワールドプレゼントポイント(※)
     

    ワールドプレゼントポイントをGポイントに交換します。ワールドプレゼント4,000ポイントにつき、Gポイント20,000ポイントになります。

  • STEP4
    Gポイント

    GポイントをLINEポイントに交換します。Gポイント20,000ポイントにつき、LINEポイント20,000ポイントになります。 

  • STEP5
    LINEポイント

    LINEポイントをメトロポイントに交換します。LINEポイント20,000ポイントにつき、メトロポイント18,000ポイントになります。

  • STEP6
    メトロポイント(※)

    メトロポイントをANAマイルに交換します。メトロポイント18,000ポイントにつき、ANAマイル16,200マイルになります。

  • STEP7
    ANAマイル

    ハピタスポイント20,000ポイントがANAマイルで16,200マイルになりました。ハピタスからANAマイルへの交換レートは81%です。

ハピタスポイントをANAマイルに交換するときに用意するもの

ハピタスポイントをANAマイルにするまでの過程で必要なポイントサイトやクレジットカードは以下の通りです。

ちなみに「ワールドプレゼント」と「メトロポイント」は注意が必要です。他の部分はだいたいでOKなので、この2つに関してはしっかり理解しましょう。

ワールドプレゼントの加入には特定のクレジットカードが必要

ワールドプレゼントは三井住友ポイントプログラムのことで、楽天で言うと楽天Point Clubです。

このワールドプレゼントに参加してワールドプレゼントポイントを貯めるためには、対応する三井住友のクレジットカードを保有していなければいけません。

その対応クレジットカードは以下の19種類です。

三井住友公式HPはこちら

  • 三井住友VISAクラシックカード
  • 三井住友VISAクラシックカードA
  • 三井住友VISAアミティエカード
  • 三井住友VISAエグゼクティブカード
  • 三井住友VISAプライムゴールドカード
  • 三井住友VISAゴールドカード
  • 三井住友VISAクラシックカード(学生)
  • 三井住友VISAクラシックカードA(学生)
  • 三井住友VISAアミティエカード(学生)
  • 三井住友VISAカード エブリプラス
  • 三井住友ビジネスカード クラシック
  • 三井住友ビジネスカード ゴールド
  • 三井住友ビジネスカード プラチナ
  • ANAカード(一般) VISA/Master
  • ANA VISA Suicaカード
  • ANA ワイドカード VISA/Master
  • ANA ワイドゴールドカード VISA/Master
  • ANAカード(学生用)VISA/Master
  • ANA VISA nimocaカード

これらのクレジットカードを保有していなかったら1枚発行しましょう!保有していないとハピタスポイントをANAマイルに交換できません。

ちなみに僕自身はANAマイルを貯める陸マイラーに大人気の「ANA ワイドゴールドカード」を保有しています。

ANAマイルを貯めるなら【ANA VISA ワイドゴールドカード】が最強におすすめ

還元率が最大で1.648%とかなり高還元率でオススメですが、年会費が9,500円かかるので、安く済ませたい場合には推奨できません。

もしも、とりあえず安く済ませるなら三井住友VISAクラシックカードがオススメです。

三井住友VISAクラシックカードは1番ベーシックなカードであり、年会費も初年度無料で、次年度以降もマイ・ペイすリボの登録+年1回以上のカード利用で年会費無料です!

三井住友VISAクラシックカードの発行はこちら

メトロポイントをANAマイルに交換するにはソラチカカードが必要

そして、ポイント交換の最後の部分であるメトロポイント→マイルの過程で、ソラチカカードと言うクレジットカードが必要になります。

僕ももちろん保有しています。

このメトロポイントを保有できるソラチカカードがあるからこそ、ハピタスで獲得したポイントを81%の還元率で移行することができます。

注意

もしもソラチカカードなしでハピタスポイントをマイルに交換しようとすると、還元率が60~70%に減ってしまい10%の損をしてしまうのでソラチカカードは必携です。

ソラチカカードのお得な発行方法は以下の記事でまとめています!時期によってはキャンペーンでたくさんマイルをもらえることもありますので、確認してみてください。

【マイル貯めるなら必携】ソラチカカードの超お得な申し込み方法〜使い方まで

また、すぐに申し込みたい場合は公式サイトからどうぞ。

ソラチカカードの公式サイト

ハピタスのポイントがANAマイルになるまでの期間やスケジュール

ハピタスで貯めたポイントをANAマイルに交換するには、ポイント交換日のスケジュール管理が大切です。

ハピタス→PeXのポイント移行

申請後、3営業日でPeXに移行ができます。土日を挟んでしまうと時間がかかってしまいますのでご注意ください。

PeX→ワールドプレゼントのポイント移行

PeXポイントは月末締め、翌月25日前後にワールドプレゼントにポイントが反映されます。

かなり時間がかかるのので交換申請が遅れると1ヶ月以上遅れをとることになります。注意しましょう!

ワールドプレゼントをGポイントにポイント移行

ワールドプレゼントからGポイント移行はかなりスムーズですぐに反映されます。いつ申し込んでもOKなので、その点も便利です!

GポイントをLINEポイントにポイント移行

GポイントからLINEポイントも2~3日後と比較的スムーズにポイント移行ができます。

LINEポイントをメトロポイントにポイント移行

LINEポイントをメトロポイントにするのも3日以内と比較的スムーズにポイント移行ができます。

メトロポイントをANAマイルにポイント移行

メトロポイントは月末までに申請した分が毎月3~10日ごろにANAマイルに交換されます。またメトロポイントからANAマイルへの移行申請は月1回だけなので注意しましょう!

まとめ:ポイントを最大限ANAマイルにしよう

ハピタスで貯めたポイントをANAマイルに交換するまでは手間がかかります。ですがこの交換ルートこそ、1番マイルを効率よく貯めることができます!ぜひ最大限マイルを貯めて航空券をゲットしましょう。