【毎年タダでハワイへ】マイルを貯める5つステップ

ハピタスで大量のマイルを貯める裏技【目指せ毎年タダでハワイ旅行】

僕はこの1年で16万マイル(ハワイ4往復分)ほど貯めましたが、その鍵こそ、今回説明する「ハピタス」の有効活用です!

6万マイルほどは大好きな宮古島に3回ほど行って使いました!

ANAマイルで8万円節約!沖縄旅行での特典航空券の威力のすごさと予約手順まとめ

マイルは基本的にコツコツと貯めるものですが、マイルを爆発的に、大量に貯める方法があるとすれば「ハピタスの活用」に他なりません。そこで今回はハピタスを使った大量にマイルを貯める方法を解説します!

ハピタスの登録がまだの方はまずハピタスの無料登録をサクッと済ませましょう(2~3分)

ハピタスの公式サイトはこちら

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ポイントサイト(ハピタス)は爆発的にマイルを貯められる

マイルを貯めるには飛行機に乗ったり、クレジットカード支払いをするのが王道ではありますが、大量のマイルを貯める方法は「ポイントサイトの活用」なのです。

ちなみに陸マイラーはこのハピタスで毎年20万マイル相当のポイントを獲得していたりします。毎年ハワイ旅行にとどまらないのでぜひハピタスの知識を身につけましょう!

参考までに年間で20万マイルあると…

  • ビジネスクラスで優雅に世界一周できる
  • ファーストクラスで毎年2回もパリやNYに行ける
  • 夫婦2人で毎年2回もビジネスクラスでハワイに行ける
  • エコノミークラスだと夫婦2人で4回もハワイに行ける

「いや〜さすがに大変でしょ?」と思うかもしれませんがポイントサイトだとこれが可能なのです。

そもそもハピタスとは?

ハピタスはネットショッピングの前にサイトに寄るだけで、いつもの買い物のポイントにハピタスポイントがついてWでポイントが貯まるおトクなポイントサイト(お小遣いサイト)です。

ハピタスに立ち寄るだけでハピタスポイントをもらうことができるのは、広告主(楽天カード)がハピタスに広告費を払っていて、その一部をハピタスが僕らに分けてくれているからです。

ハピタスには楽天カードだけではなく、「GU」「ユニクロ」「ヤフオク」などはじめ、人気ショップやサービス3,000件以上と提携しています。

ハピタスの仕組み

ハピタスは「広告の掲示板」的な役割をしており、広告主からお金をもらって「ハピタス(広告の掲示板)」に広告を載せます。

そこでハピタスは人をたくさん集めるために、利用してくれたユーザー(僕ら)にお金を還元しています。それがハピタスポイントです。

MEMO

実際、この追加のポイント欲しさにハピタスを使う人がかなりたくさん集まっており、ユーザーは180万人を突破!

つまり仕組みをまとめると「広告主がハピタスに広告費を払う→ハピタスはその一部をユーザーに還元する→ユーザーが集まる→広告主が増えていく」という感じです。

ハピタスがマイルにつながる理由

ハピタスで獲得したハピタスポイントは、現金をはじめ、さまざまなポイントに交換できます。その中にマイルがあるのです。

ですが、実はハピタスポイントをダイレクトでマイルに変えることはできません。ハピタスポイントをXポイントに、XポイントをYポイントに、Yポイントをマイルに、という感じでマイルに交換します。

この記事の後半で詳しく解説します。

ハピタスの使い方

ハピタスでのポイントの貯め方は基本的に3つです。3つ紹介しますが結論を言うと「サービスで貯める」だけ知っていればOKです。

  1. ショッピングで貯める
  2. サービスで貯める
  3. アンケートで貯める

ショッピングで貯める

まずは「ショッピングで貯める」です。ハピタスで買い物をするわけではなくハピタスを経由してAmazonや楽天やyahooショッピングで買い物をするというイメージです。

またハピタスにはハピタス堂書店というものがあり、ここ経由で本や漫画を購入すると買い物金額の7%のポイントがつきます。

普通にものや本を買うだけだともらえないポイントなのでハピタスを通すだけで得できるというわけです。ハピタスを知ったあなたはぜひハピタスを通してポイントを獲得してください!

サービスで貯める

先ほどの「ショッピングで貯める」はハピタスの基本ではありますが、毎年ハワイに行く分のマイルを貯めるにはあまり有効ではありません。

例えば本の7%ポイントバックでは1万円買っても700ポイントなので、ANAマイルに交換したら630マイルにしかなりません。

ハピタスで、大量にポイントを貯めるには「サービスで貯める」を利用します。オススメのなのはクレジットカードの発行で、1枚発行するだけで10,000マイル相当のポイントが貯まることもあります。

そのようなクレジットカードを4枚発行すればハワイ行きのマイルが手に入ってしまいます…。今まで現金でハワイに行ったのはなんだったのか…という感じでよね。

アンケートで貯める

最後に「アンケートで貯める」ですが、数分かけてアンケートに答えても数ポイントほどしかもらえません。

これは「ショッピングで貯める」以上にチマチマしていて大量のANAマイルゲットにはつながらないのでこういうことに時間をかけるのはやめましょう。

ハピタスでマイルを貯めるためのおすすめの案件

ハピタスでポイントを獲得するには、ショッピングで貯める・サービスで貯める・アンケートで貯めるの3つがありますが、中でも「サービスで貯める」がオススメです。

一口にサービスで貯めるがおすすめと言っても、たくさんの案件があります。

なのでその中でもポイントを貯めやすい案件である「クレジットカード の発行」と「FX口座開設」の2つを紹介します!

クレジットカードの発行

クレジットカードの発行は最もお手軽にポイントを稼げる案件です。

クレジットカードの発行は年会費・入会金無料のクレジットカードであれば一切お金がかかならないのと、手間がそれほどないので特におすすめしています。

たくさん申し込むのは不安と思うかもしれませんが世の中にはクレジットカードマニアもいて30枚以上保有している人もいるみたいなのでご安心ください!

クレジットカード案件の例

※獲得できるポイント数は変化します。月曜日と木曜日から3~4日の期間限定でポイントがアップします。基本的にこのタイミングで利用するのがベストです!

クレジットカードを発行するときの注意点

クレジットカード発行の案件に取り組むときは注意点があります。

注意
  • クレジットカードの発行は1ヶ月に2~3枚の発行まで
  • ポイント対象条件をしっかりと確認する

3枚以上申し込みをしてしまうと「この人ポイントほしさに申し込んでる!?」と怪しまれて審査を落とされてしまいます。

以前、僕自身は1ヶ月に3枚の申し込みをしましたが問題なく全て審査に通りました。ちなみに1ヶ月3枚を3ヶ月続けましたが、こちらも問題ありませんでした。

また「ポイント対象条件」もしっかり確認するようにしましょう。

  • キャッシング枠
    有無と枠の下限
  • ブランド指定
    VISA・MASTERなど
  • 発行後の使用条件
    発行後5,000円分決済が必要

せっかく申し込んで、クレジットカードが手元まできたのにポイントがもらえない、なんて悲しすぎます。

クレジットカード発行後の注意点

クレジットカードの発行後について説明します。

注意
  1. クレジットカードは月1くらいで使用する
  2. 解約するタイミングに気をつける

これらは信用情報を下げないための対策です。

クレジットカードの使用についてですが発行したカードは月1くらいで使用をおすすめします。僕は月額アプリの支払いに設定をして、勝手に使っている状態にしたりしています。

次に解約するタイミングですが、2つのタイミングに注意が必要です。ポイント付与された後、年会費がかかる前です。

ハピタスからポイント付与をされていないのに解約してしまうと、そのポイントはなくなってしまう可能性があります。また、年会費がかかるカードに申し込んだ場合で、そのカードが必要ない場合は11ヶ月目などを目安に解約するようにしましょう!

クレジットカード案件の難易度について

このクレジットカード難易度表を参考に案件を取り組んでみてください。

  • 難易度①
    楽天カード・ファミマTカード・Yahoo!Japanカード・エポスカード
    もっとも審査がゆるい部類のクレジットカードです。とくに楽天カードは審査がザルだと聞きます。
  • 難易度②
    ライフカード・PARCOカード・PONTAカード・セディナカード・VIASOカード
     
  • 難易度③
    ヤマダLABIカード・ビッカメラsuica
     
  • 難易度④
    三井住友VISAカード・JALカード・ANAカード・MUFGカード・Viewカード
    このあたりでもまだまだ審査は通りやすいと言えます。
  • 難易度⑤
    セゾンゴールドアメックスカード・アメリカンエキスプレスカード(グリーン)
    3年以上の勤務年数があり、過去に別のクレジットカードを保有していて信用情報に傷がないような一般的な社会人なら難易度5〜6は問題なく発行できるかと思います。
  • 難易度⑥
    航空やホテル提携アメックスカード・アメックスゴールド
  • 手順2
    ダイナース提携カード・ダイナースプロパー
     一気に難易度が上がります。発行条件として、27歳以上(絶対条件)・年収500万円以上がだいたいの目安とされています。

FXの口座開設

続いては「FXの口座開設」です。FXと聞くと少し怖い、と思いがちですがFXはかなりおすすめの案件です。

10,000〜20,000ポイントが相場なので1回口座開設するだけでも相当のマイルが貯まることになるからです。

ちなみに、この口座開設とは銀行の口座開設に似ています。

  • 三菱UFJの場合であれば、まずは窓口などで口座を開設し、お金を入れておいて必要なときに引き出す
  • FX口座の場合は、ネットで口座を開設し、お金(日本円)を入れてそれを外貨(米ドルなど)に変えてお金を所有する

この日本円を入れて米ドルにすることを「取引」と呼び、これを数回(日本円→米ドル→日本円→・・・→日本円)することでハピタスポイントがもらえます。

一見面倒くさかったり、手をつけづらそうに思うかもしれません。ですが、2つ口座開設して少し取引したらハワイに行けるレベルでポイントが貯まるのでかなりおすすめです!僕もなんどもお世話になりました。

FX口座開設のおすすめ案件

FXは目安としてハピタスで10,000ポイント以上獲得できるときにやるのをおすすめします。定期的にポイントアップするので、そのときを狙いましょう。

※獲得できるポイント数は変化します。月曜日と木曜日から3~4日の期間限定でポイントがアップします。基本的にこのタイミングで利用するのがベストです!

FX口座開設をするときの注意点など

FXの案件を申し込み後1週間ほどでログイン情報記載した封書が届きます。実際に作業できるのはそれからになります。

また、おすすめの案件の見分け方は基本的に以下の2点です。

  1. 必要取引数が少ない
  2. 報酬が高い

FXの場合だと申し込んだだけではポイントは獲得できず少しだけ取引(lot)をする必要があります。目安として30lot(取引数のこと)くらいまでであればすぐ終わるのでオススメです!

またFXの口座を開設するだけだと1円もかからないので損することは絶対にありません。

【重要】ハピタスで獲得したポイントをマイルに交換する交換ルート

ハピタスで獲得するポイントはANAマイルではなくあくまでハピタスポイントです。

ハピタスポイントをANAマイルに交換するのは簡単にできるので、大まかな流れだけでも理解しておきましょう!

ANAマイルに交換する場合と、JALマイルに交換する場合の2パターンです。

ハピタスポイントをANAマイルに交換する方法

まずはハピタスで貯めたポイントをANAマイルに交換するパターンです(ハピタスポイントを20,000ポイント分、ANAマイルに交換するとします。)

  • SETP1
    ハピタス
    ハピタスのポイントをPeXのポイントに交換します。ハピタスのポイント20,000ポイントにつき、PeXのポイント200,000ポイントになります。
  • STEP2
    PeXポイント
    PeXのポイントをワールドプレゼントポイントに交換します。PeXのポイント200,000ポイントにつき、ワールドプレゼントポイント4,000ポイントになります。
  • STEP3
    ワールドプレゼントポイント(※)
     ワールドプレゼントポイントをGポイントに交換します。ワールドプレゼント4,000ポイントにつき、Gポイント20,000ポイントになります。
  • STEP4
    Gポイント
    GポイントをLINEポイントに交換します。Gポイント20,000ポイントにつき、LINEポイント20,000ポイントになります。 
  • STEP5
    LINEポイント
    LINEポイントをメトロポイントに交換します。LINEポイント20,000ポイントにつき、メトロポイント18,000ポイントになります。
  • STEP6
    メトロポイント(※)
    メトロポイントをANAマイルに交換します。Gポイント18,000ポイントにつき、ANAマイル16,200マイルになります。
  • STEP7
    ANAマイル
    ハピタスポイント20,000ポイントがANAマイルで16,200マイルになりました。ハピタスからANAマイルへの交換レートは81%です。
注意
  • ワールドプレゼントポイントを保有するには三井住友VISAカードが必要です。
  • メトロポイントを保有するにはソラチカカードが必要です。

注意点が上記の通り2点あります。

まず、三井住友VISAカードの対応カードは以下の通りです。

まとめ中です

ちなみにANAマイルを貯めるのに必携であるANA VISAワイドゴールドカードはワールドプレゼントポイントに対応しています。

ANAマイルを貯めるなら【ANA VISA ワイドゴールドカード】が最強におすすめ

次にメトロポイントについてです。メトロポイントを貯めるのにはANA To Me CARD PASMO JCB(通称、ソラチカカード)が必要です。

今回のハピタスポイントをANAマイルに交換するときの中継ポイントのように、ANAマイルを貯める時に何かと絡んできます。例えば、ANA VISAワイドゴールドカードのポイントをANAマイルに交換するときも絡みます。

なので、ANAマイルを貯めるならソラチカカードは必ず発行しておきましょう。

登録すべき中継ポイントサイト

ハピタスポイントをJALマイルに交換する方法

続いて、ハピタスポイントをJALマイルに交換する場合です。(ハピタスポイントを20,000ポイント分、JALマイルに交換するとします。)

  • STEP1
    ハピタスポイント
    ハピタスポイントをドットマネーのポイントに交換します。ハピタスポイント20,000ポイントにつき、ドットマネーのポイント20,000ポイントになります。
  • STEP2
    ドットマネー
    ドットマネーのポイントをJALマイルに交換します。ドットマネーのポイント20,000ポイントにつき、JALマイルで10,400マイルになります。
  • STEP3
    JALマイル
     ハピタスポイント20,000ポイントがJALマイルで10,400マイルになりました。ハピタスからANAマイルへの交換レートは51%です。

ANAマイルの場合と比較すると、JALマイルの方がかなり簡易的ではありますが、交換レートにかなりの差が出ます。

なのでハピタスポイントはもちろん、ほとんどのポイントサイトのポイントはANAマイルに交換することをオススメします。

登録すべき中継ポイントサイト

まとめ:ハピタスを使って毎年タダでハワイへ!

マイルを貯めるときに「飛行機に乗って貯める方法」や「クレジットカード決済で貯める方法」という方法もありますが、それらとは比じゃないほどポイントサイトでは大量のマイルを貯められます。

ですがハピタスでのマイル獲得は正直誰にでもできます。だからこそ「飛行機にタダで乗っている人」がたくさんいるのです!

紛れもなく僕もその一人です。ぜひハピタスを活用して、僕のように毎年タダでハワイにとどまらず、たくさん旅行できるようになるきっかけにしてください^ ^

ハピタスの公式サイトはこちら