【3分で完了!】Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法

こんにちは!ドローン空撮メディア【Dronehack】運営者のタクマです。
今回はGoogleアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法をご紹介します。

Googleアナリティクスは無料であるにも関わらず非常に高度な分析ができる優れたツールですが、正確な分析を行っていくためには諸々の設定が必要です。

そこで、Googleアナリティクスを使う上で、必ずやっておきたいことがあります。

タクマ
それは「自分のアクセス数の除外」です。

サイト運営者ともなれば、コンテンツやデザインの確認などで自分のサイトをたびたび訪問される方も多いでしょう。 サイト関係者は、サイトへの訪問者の中で最も訪問回数が多いユーザーともなり得ます。

あなたのアクセスも他の人のアクセスと同じくカウントされてしまって、正確なデータが得られません。

この記事では、より正確なサイト分析をするために、Googleアナリティクスで自分のアクセスを分析の対象から除外する方法を解説します!

タクマ
この記事を読みながらやれば、初心者の方でも設定できるはずです。

初心者でも簡単にWEBサイトへの内部アクセスを除外する方法

Google公式のプラグインを使って除外する

今回ご紹介するのは「Google Analytics オプトアウト アドオン」というGoogle公式のプラグインを利用する方法です。

まずは「Google Analytics オプトアウト アドオン」にアクセスします。

 

右上のCHROMEを「クリック」すると以下のように「CHROME」に追加済みとなります。

 

以下のページのように拡張機能を追加でひとまず完了です!

 

ただし…一応チェックしおきましょう。
以下の図のように「その他のツール」→「拡張機能」をクリック。

 

拡張機能の中で以下のように「有効」になっていたらOKです!

タクマ
めちゃくちゃ簡単です!が・・・

ただ、こういう設定を自分1人でやってると「実際に機能してるのかな?」と不安になると思います。

そこで、初心者の方は専門家のサポートを受けるのがおすすめです!
特に 「AIアナリスト」というツールが、無料プランでも基本設定の確認などを専門家からしてもらえるのでオススメです!