【開封からフライトまで】初心者向けトイドローンの開封の儀

SPONSORED LINK







こんにちは!
ドローン空撮メディア【Dronehack】運営者のタクマです^^

今回は僕が実際に購入したトイドローン【Holy Stone社のX300C】の開封からフライトまでをご紹介します!

また、なぜPhantom3を持っていながらトイドローンを購入したのか?についてもお伝えできたらと思います。





僕はいざ「ドローン空撮をしよう!」と意気込んでPhantom3を買ったものの、法的な規制初心者で扱うリスクを考慮し、まずはドローン初心者らしくトイドローンを買って練習する運びとなりました。

「これからドローン空撮をするためにドローンを買う!」という方は、ぜひこちらの記事をしっかり読んでから購入されることをオススメします。

僕は知識ない状態でドローンを購入して後悔する羽目になった一人なわけですが、同じ轍を踏んでほしくない、というところからです(笑)

【ドローン購入予定者必読】Phantom3を買って後悔した3つのこと

なぜトイドローン(X300C)を買うことにしたのか?

・200g以下で規制対象外
・Phantom3を飛ばす前の練習用(操作仕様が同じ)
・スマホと連携でき、空撮もできる
・1万円前後で購入可能

トイドローンは他にもありますが、多くのサイトを見てみてHoly Stone社の製品レビューが特に良かったことと、1万円前後でここまで性能の良いドローンはないと多くの方が言っていたためこちらに決めました。

購入から開封まで

少しでも安く手に入れようと、メルカリで中古品を7,000円で買いました。
相場が10,000円くらいなのでいい買い物かな、と。

 

 

 

そんなわけで、無事届きました!
箱は結構大きめで、デザインはトイドローンだけあって本当にオモチャっぽい(笑)

ですが、これで練習してPhantomを飛ばせたら最高のドローン空撮の映像が撮れる!と思うとひたすらワクワクしていました!

開封!

 

 

そして中を出してみると、まずポストカードが!

Holy stone社は顧客満足度を高めるために、ユーザーひとりひとりの期待に必ず答えるという姿勢を持った会社だそうです。

「中国の企業なのに、そんなことあるの?笑」と思ってしまいましたが、本当に顧客満足度がすごいみたいです。

開けた時の印象としては・・・

タクマ
ダサい(特にコントローラー)

これを公園で飛ばす25歳の男を想像したらちょっと恥ずかしくなりました(笑)

【注意ポイントあり】飛ばすまでの準備

実はX300Cを買っただけでは、飛ばすことができません!
というのもコントローラー用の単三電池が3本必要だからです。

 

そしてドローン用の電池も充電する必要があります。
ちなみに充電完了まで70分かかかります!

もどかしさが半端なかったです。

 

 

パソコンにつけなくてもコンセントに接続してもちゃんと充電できます。

接続しても(どこか光るとかなくて)何も起こらないのでちゃんと充電されているか心配に思うかもしれませんが、ちゃんと充電できるとパソコンとの接続部分が赤く点灯します。

電池は2つありますが70分充電して9分しか飛行できないので一気に充電することをオススメします!

ようやくドローン本体へ

ここまで来るのに、かれこれ1時間以上かかりました…

 

 

コントローラーほどのダサさがなくて一安心。

プロペラガードや、着陸する際の衝撃緩和の部品がしっかりしているので安全性が高いのと、壊れづらそうという印象です。

 

そしてバッテリーをつけます。

 

 

 

 

最初は「ここまで電池無理やり入れていいの?!」と思って、入れ方を調べるほどでした!この上の画像を参考にして電池を入れてみてください。

というわけで、無事セッティング完了!

最終確認!

ドローンとコントローラーの電源を入れて飛ばすだけ、ではなく、最初に操作モードの設定があります!

卓球のシェイクハンドとペンハンドみたいな感じで人それぞれ好みにはなるのですが、あくまでphantomを飛ばすための練習用なので、同じ操作仕様の「STICK MODE2」にしました。

そしてコントローラーと機体をリンクさせますが、機体は必ず置いてから電源を入れるようにしてください!もし手に持ったまま起動してプロペラが周り出したら大変危険ですので。。。

機体を置き、まずドローンの電源を、次にコントローラーの電源を入れます。
そして右ステッィクを上にそして下に降ろすと「ピッ!」っと電子音がなります。

これでドローンとコントローラーのリンクができました。

いざ、飛行!

この状態で左ステッィクを上にあげるとドローンは勢い良く回転して空に飛び立ちます!

ここまでくればあとは飛ばすだけなんですが、このドローンかなり勢い良く飛びますので、室内で飛ばすことはほぼ無理です。

僕は室内で飛ばして見事天井に激突させました(笑)

また、うまく操縦できずに変な方向に行っても大丈夫なように、練習するときはかなり広めの公園で、人があまりいない時間を狙って飛ばしてみましょう^^

 

 

操作には30分くらいで慣れて、割とすぐ思い通りに飛ばせるようになりました^^

あとがき

ドローン初心者にとっては入門としてはとてもいい機体だと思います。この機体でドローンの操作に慣れたらPhantomにすぐ移行できます。

また、Phantomもスムーズに飛ばせるようになり、墜落などのリスクをかなり軽減できるので、ドローン空撮ができるようになりたい場合はぜひトイドローンでクッションを入れてみてください^^

トイドローンの操作に慣れてるのとドローンの知識と技術の基礎を学び、早くPhantom3に挑戦したいと思います!

タクマ
早く空撮しまくりたい…!

 







ABOUTこの記事をかいた人

コミュ障から1年で社内MVP(月収100万円超)達成するも自由に魅力を感じて自ら会社を辞めて無収入に転落。ドローン空撮好きだけど実は高所恐怖症。現在はドローンを飛ばしながらブログで記事書いてネットに飛ばしてます。