口下手営業マンから社内MVPになった超具体的な方法

SPONSORED LINK







トップセールスマンや社内MVPというと「口がうまく、周りを明るくでき、勢いがある」というイメージが僕はありました。多くの営業マンの方々がこのようなイメージを持っていることでしょう。

もちろん契約をとれる営業マンは饒舌な人が多いかもしれませんが、口下手な人で取れる人も多くいます。
実際に口下手な僕が社内MVPを取るために取り組んだ2つのことをご紹介します!

タクマ
口下手のまま社内MVPを取ったタクマです。

口下手よりもコミュニケーション能力があるに越したことはありません。

ですが、口下手を改善するのは、そう簡単にはできませんよね。

 

僕自身も今まで23年間のも期間、口下手だったのですぐに改善するのは難しいと実感しました。

なので別の要素を改善することで社内MVPを取るに至りました!

 

と言っても、契約が増えるうちに成功体験が自信につながり、口下手も少しずつ改善します。

タクマ
急がば回れ、みたいなイメージです!

 

では、僕が実践した『口下手カバー策』を2つご紹介します。

 

口下手営業マンのカバー策はこちら

  • 外見を変える
  • 聞き上手になる

 

僕が口下手から社内MVPを取れた要素のうちの7〜8割をこの2つで占める。

と言っても過言でないほど、営業成績に影響しました!

 

タクマ
早速詳しく解説していきます!

 

口下手カバー策①:外見を変える

外見を変えることで、自分自身のイメージを変えられるのはもちろんのこと、自分の自信にもつながります。

たとえば、パジャマとスーツだとスーツを着ている方が気合いが入る、というイメージです!

 

では具体的に何に気を使えばいいのか、ご紹介します。

  1. 髪型
  2. スーツ
  3. クツ

特に大切なのが、この3点です。

髪型

清潔感があればOKです!

また、できるならおでこを出しましょう。

 

おでこを出している=隠し事はない

 

という認識をするらしいので、自然と信頼されやすいのです。

 

スーツ

スーツは何も高いのを着ろ、というわけではありません。

スーツを選ぶ際のポイントはシンプルに『サイズ感と色』です!

 

一番かっこよく見える状態は 自分にフィットしたスーツを着ている時 です。

 

タクマ
その点、オーダーメイドのスーツをオススメします!

オーダーメイドのスーツは高いイメージがあると思いますが、実は2〜3万円で作れるものもあります。

 

ちなみに僕もオーダースーツ佐田で3万円ほどのスーツを作りました!

>>オーダースーツ佐田のホームページはこちら

着潰してもいいな、と思える値段ですし、自分にぴったりなのでお気に入りのスーツです。

 

オーダースーツは 下手したら既製品のスーツを買うよりも安い です。

手元にくるまで1ヶ月ほどかかりますが、自分に完全フィットしたスーツを手に入れて外見を磨きましょう!

>>オーダースーツ佐田のホームページはこちら

 

そして色はネイビー(濃紺がオススメ)が無難かつ、かっこよく見えます!ストライプとかではなく、できる限り無地に近い柄にしましょう。

 

ちなみにオーダースーツ(ネイビー)は女性陣にも好評みたいです!

 

クツ

クツは綺麗に磨きましょう!

クツ(他には小物系)が汚いと、ずぼらな印象を与えてしまいます。

 

逆にクツがピカピカだと『細部まで気を使っている』と認識してもらいます。

日本の諺で『美は細部に宿る』と言われる通り、クツまでピカピカにしましょう!

 

口下手カバー策②:聞き上手になる

口下手でしゃべられなくても、聞くことはできます!

僕自身はほぼ相手が喋っている、という状態がほとんどでした。

 

相手:自分=8:2

割合としてはこのくらいです!

ほぼ相手ですよね。

 

このくらい話してもらうことで、相手のニーズや疑問点などを引き出すことができます。

そこに対して適切な提案(これはほぼテンプレ)をしたらいいわけです!

 

タクマ
なので、口下手の場合は、しゃべり上手にならずに聞き上手になりましょう。

ここで聞き上手になるポイントをご紹介します!

  • 相槌上手になる
  • 質問することを恐れない

相槌の仕方で「この人は話を聞いてくれている」というのを判断します。

話すことなくできるわけなので、口下手でも簡単にできます!

 

そして、純粋に疑問に思ったこと、より深く聞きたいことは聞いてみましょう。

 

もし聞いちゃまずいことを聞いてしまったらそれはその時です!

誰しも失敗はしてしまうものなので、臆せず質問によって相手のことを引き出しましょう。

 

僕は「知らなくて質問してくる人」よりも「知ったかぶりで何も質問しない人」だったら前者の方が好感度が高いし、信頼できます。

なので、無知を恐れずに、質問して相手のことを知る努力をしましょう。

 

 

まとめ

口下手でも、営業で成果をあげることはできます!

タクマ
外見と聞き上手の2つだけなので、ぜひ取り入れて営業成果をあげましょう。

 

▼外見に関するより詳しく書いてある記事

営業職は見た目が勝負!元トップセールスマンが実践した7つのこととは?

2017.07.23

▼営業マンが読むべき本に関する記事

売れる営業マンになりたきゃコレを読め!オススメの書籍を厳選して3冊紹介

2017.07.24






ABOUTこの記事をかいた人

コミュ障から1年で社内MVP(月収100万円超)達成するも自由に魅力を感じて自ら会社を辞めて無収入に転落。ドローン空撮好きだけど実は高所恐怖症。現在はドローンを飛ばしながらブログで記事書いてネットに飛ばしてます。