夢リストを馬鹿にしてた僕が夢リストを書いて人生変わった話

SPONSORED LINK







夢リストを書く人?意識高くてあんま仲良くしたくない!

と思ってた僕がひょんなことから夢リストを書いて人生が変わりました。

タクマ(@takuma_drone)です。

 

タクマ
夢リストとか、マジできもい

そう思っていたのですが不覚にも、夢リストを書いて、人生が変わりました。

 

そもそも夢リストって何?

自分の夢をただひたすら書いていくリストのことです。

僕は100個書き出してみました。

 

どうして夢リストを書くことに?

営業マンだったころ、自分の未来のキャリアにかなり悩んでいました。

その時に彼女に夢書き出してみたら?と言われたことがきっかけです。

藁にもすがる思いで書くことになりました。

関連記事:月収150万円超えた後に収入がゼロになった時に感じた5つのこと

 

夢リストを書いてみたら・・・

夢をどんどんノートに書いていったのですが、そこで気づくことが3つありました。

  1. 全然夢(やりたいこと)が浮かんでこない!
  2. 書き出せた夢(やりたいこと)はちょっと頑張れば叶えられる!
  3. これ叶えた自分は次は何がしたくなるんだろう?

夢(やりたいこと)なんて無限にあるでしょ!

と思っていたのですが、20個くらいになると全然ペンが進まなくなりました。

夢リストのルール

カナダに行きたい、アメリカに行きたい、などはなし
→フランスのシャンゼリゼ通りのあのカフェでお茶する

お金を増やすことはなし(お金を得た後にやりたいことなので)
→さらに投資をしてお金を増やす

旅行好きな僕は行きたいところはたくさんありました。

なので「ハワイに行く」「ローマに行く」とかを書けば100個くらいすぐいきます。

 

ですが、それを封印したことにより、やりたいことが全然ないことに気づきました。

せいぜい「あの車ほしい」「あのマンションに住みたい」「あの時計ほしい」とかそんな具合です。

 

そしてもう一つ感じたことは書き出した夢がちょっと頑張れば叶えられるということでした。

書き出した夢をやりきるのに、せいぜい2,3年頑張れば叶えられそうー!

という印象です(僕だけかもしれませんが)

 

ここで気づいたのは【自分の想像通りにしかならない】ということでした。

つまり、今頭の中でやりたい!と思うことはやれる可能性があるからこそ、思うわけです。

解説

Macbook Pro(15万円)がほしい!
→実際に頑張れば手がとどくからこそやりたい

大統領になりたい!
→(僕の場合)現実的に無理なので、そもそもやりたいと思わない

 

やれないことはやりたいと思いません。

ですがやりたいことは実現できそうだからやりたいわけです。

 

今やりたい、と思ってることはいずれはできる!

それらができた頃の自分は次は何がやりたいんだろう?と思ってワクワクしていたのを思い出します。

今自分が想像できる範囲のことの外にあるやりたいことはどんなことなんだろう?って。

 

夢リストに夢の予算と期限を加えてみた

夢を書くだけでは叶えられない、と思い予算と期限を決めました(営業時代の癖)

 

期限と予算を決めることで必要な年収とやるべきことががわかります。

これはすごいことです。

 

【期限】と【予算】の大切さ

(A)ハワイに移住する

(B)3年以内にハワイに移住する

(C)3年以内に300万円貯めて移住する

(A)のパターンだと曖昧すぎてなかなか叶うことはないでしょう。

(B)では期限が決まっているので、期限から逆算したらやるべきことの大枠は見えてきます。

(C)は実際の数字まで出ているので、期限から逆算することで細かく数字化できて今日のやるべきことまで見えてきます。

 

実際に3年後300万円貯めて海外に行くには毎日これをしたらいい!と未来が決まるわけです。

あとはコツコツやるべきことをやれば到達するというわけです。

 

夢リストを書いてから1年間経って思うこと

夢は大きいものから小さいものまでたくさんあったので、実際に書き出したことをやっていきました。

例えばこの2つ。

  • バックパッカーの聖地、バンコクはカオサンに行く
  • ハワイのワイキキビーチが見えるホテルに3泊してのんびりする

 

1つ目の夢のバンコクでは食あたりをしたり、東南アジア独特の街の汚い感じが24歳の僕には無理になっていました。

(20歳くらいまでは大好きだった。いつかバックパッカーで世界中回りたいと思っていた)

 

この時、僕はもうバックパッカーはそれほどしたくない、と正直思いました

つまり、自分の夢(やりたいこと)からその類の夢は消えたわけです。

 

 

2つ目のハワイに関してです。

僕は今まで全然リゾート地に興味がなかったのですが、蓋を開けたら超楽しくてハワイに移住するという新たな夢ができました

 

バンコクに行ったことで
→夢リストにあったバックパッカー系の夢は一旦消えた

ハワイに行ったことで
→新たな夢が追加された

僕は夢リストをどんどん実際にやっていくことで、自分のやりたいことがどんどん洗練されていったわけです。

 

まとめ

タイミングもあり、僕の場合は夢を書いたことでその瞬間に人生が変わったとは断言できません。

ですが人生のベクトルは確実に変わりました。(つまり人生は変わっていくのですが)

 

今の時代、やりたいことが見つからないという方が多いと言われています。

ですが、夢を叶えるのは難しいと思っているか、楽しいことをまだ発見できていないだけだと思います。

 

僕のように何かは「変わる」はずです。







ABOUTこの記事をかいた人

コミュ障から1年で社内MVP(月収100万円超)達成するも自由に魅力を感じて自ら会社を辞めて無収入に転落。ドローン空撮好きだけど実は高所恐怖症。現在はドローンを飛ばしながらブログで記事書いてネットに飛ばしてます。