25歳の僕が空撮カメラマンになるために子供用ドローンを買った3つの理由

SPONSORED LINK







こんにちは!ドローン空撮メディア【Dronehack】運営者のタクマです。

ドローン空撮したいから、子供用ドローン?と矛盾に感じるかもしれませが、実はかなり近道になるのでご紹介します。





ドローン初心者が空撮する際に知っておいて欲しいこと

まずドローン初心者に知っておいてもらいたいポイントが3つあります。

200g以上のドローンには法規制がかかる

1つ目は法規制です。詳しく言うと200g未満のドローンにも適応される法規制(改正航空法以外でも)がありますが、200g以上のドローンだとかなり制限があります。

もし「知らない」という場合はまず以下の記事をご確認ください。法に触れて罰金50万円とかになったらシャレにならないので。

ドローン初心者には墜落確率が超高い

2つ目は墜落のリスクに関してです。ドローンは一見簡単に操作できそうに見えそうですが(少なくとも僕は簡単だと思っていた)実際は慣れるまではなかなか難しいです。

せっかく10万円以上出したのに、飛ばし始めて10分で墜落、なんて悲しすぎることが起こらないように、自分も墜落させる可能性があると、きっちり心に刻んでおきましょう。

ちなみに僕はPhantom3を墜落させて10万円をドブに捨てる手前までいきました

ドローン初心者には練習が必要不可欠

3つ目は練習の必要性に関してです。2つ目と一部かぶるのですが、墜落させてしまわないために練習が必要です。しかし200g以上のドローンだと(法規制・墜落リスクが理由で)練習したくてもできないのが現実です。

そこで一役買ってくれるのが【子供用ドローン】という訳です!子供用ドローンは1万円前後で購入でき、さらに法規制がかなり少ないので飛ばし放題です。

そして、子供用ドローンも10万円以上するドローンも操作はほぼ同じです。そして飛行させるのは子供用ドローンの方が実は難しいのです。

一応説明しておくと、10万円以上のクラスのドローンになるとGPS機能が優れているため、多少風に煽られてもその場に留まってくれたりします。ですが、子供用ドローンにはそう言った機能が付いていないのがほとんどなので、一箇所に留めるのすら、難しいのです。

GPS機能に関してはこちらの記事をご覧ください

それらを踏まえて、僕が購入したドローンはこちらです

タクマが購入した空撮用ドローン

 

 

ドローン業界のトップであるDJI社のPhantom3というドローンです。有名なのでご存知かと思いますが、より詳しく知っておきたい場合は以下の記事をお読みください。

タクマが購入した子供用ドローン

Holy Stone社のX300Cというドローンです。こちらはドローンの操作を2種類選べ、その片方がPhantomと同じ操作だったため購入しました。

 

まとめ

僕が空撮したいからこそ、子供用ドローンを購入した理由は、まさに以下の3つの問題を解決してくれるからです。

・200g以上のドローンには法規制がかかる
・ドローン初心者には墜落確率が超高い
・ドローン初心者には練習が必要不可欠

200gのドローンを自分の思った通りに飛ばせるようになる頃には、10万円クラスのドローンは楽々飛ばせるようになります(ただし最初の頃は「墜落したらどうしよう…」といったような不安はつきまといます)

ドローンの飛行時間が10時間を超えてくると国土交通省にドローン飛行の申請が出せます。その申請が通ると日本中のどこを飛ばしてもよくなり(法律等の範囲内)結果として空撮が楽しめる、となる訳です!

合わせて読みたい
[作成中]【ドローン中級者向け】包括申請するまでの流れ

ドローン初心者だけどドローン空撮をしたい!と言う場合はまずは子供用ドローンからスタートさせましょう。







ABOUTこの記事をかいた人

コミュ障から1年で社内MVP(月収100万円超)達成するも自由に魅力を感じて自ら会社を辞めて無収入に転落。ドローン空撮好きだけど実は高所恐怖症。現在はドローンを飛ばしながらブログで記事書いてネットに飛ばしてます。